2015年 全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~順天堂大学~

続いては、順天堂大学の戦力分析&区間配置予想をしていきます。全日本予選では20位以下を3人だすなど苦しい選手もいましたが、最終組に控えるダブルエースである松枝、花澤の活躍もあって6位で全日本出場権を獲得しました。箱根予選ではエースの花澤を欠いたことで苦しい戦いも予想されましたが、スーパールーキーの塩尻が8位の快走、他の3大駅伝経験者がいずれも100位以内に入る安定した走りで見事に4位通過、箱根予選は苦手という意識も払拭出来たのではないでしょうか?エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:松枝 博輝田中 孝貴稲田 翔威

3年:森 湧暉聞谷 賢人西澤 卓弥

2年:栃木 渡中村 陵介

1年:塩尻 和也馬場 スタン恵金原 弘直吉岡 幸輝江口 智耶

 

 

箱根予選を欠場した花澤は全日本からも外れてしまいました。大きな戦力ダウンとなってしまいますね。。。何とか箱根にはきっちりと合わせてきて欲しいところです。また、1年生が最多の5人エントリーというのにもびっくりしました。塩尻のエントリーは当然、金原、江口と箱根予選を走った二人も順当かと思いますが、馬場、吉岡までエントリーされてきました。ただ、箱根予選でチーム8位以内に入った選手は全員エントリーされており、花澤以外に大きなエントリー漏れは無さそうです。

 

 

4年生からは、昨年度の箱根以降から一段と成長を遂げ、全日本予選4組3位、箱根予選は故障明けにも関わらず18位と好走したエースの松枝、昨年度は全日本1区、箱根2区などエース区間を任されたものの、今年度は故障で苦しむことに・・・それでも、箱根予選では67位と何とか合わせてきた田中、ロードに強く、箱根予選では2年連続でチーム3番手、順位も35位前後、箱根でも4区6位と好走を見せた稲田の3人。

 

3年生からは、今年度10000mで29分10秒をマーク、箱根でも6区11位、箱根予選も85位で走っている森、1年時から箱根で10区を2連続任されるなど長い距離で強さを発揮、箱根予選でも49位と好走している聞谷、今年度5000mで14分14秒をマーク、箱根では7区4位と快走を見せ、箱根予選も82位でまとめた西澤の3人。

 

2年生からは、1年時から予選会、本戦ともに出場できるレースは全て出場し、今年度も全日本予選で2組14位、箱根予選でも55位と安定感抜群の栃木、今年度の箱根予選で3大駅伝・予選会通じて初出場を果たすも、220位とチーム最下位になってしまった中村の二人。

 

1年生からは、全日本予選で1組3位、箱根予選では日本人トップ集団に最後まで付いて行く素晴らしい走りで8位とチームトップをマークした塩尻、高校時代に10000mで29分39秒をマーク、ロードでも結果を残している馬場、全日本予選では1組28位、箱根予選では190位とちょっとまだ予選会では力を発揮できていないものの、5000m,10000mともにベストを更新している金原、5000mで14分39秒、10000mで30分27秒をマークしている吉岡、5000mで14分15秒を高校時代にマーク、ロードでも結果を残していたものの、箱根予選では140位ともう一歩だった江口の5人。

 

 

そんな順大の区間配置予想は以下のとおりです。

 

塩尻(1)-松枝(4)-森(3)-稲田(4)

栃木(2)-田中(4)-西澤(3)-聞谷(3)

 

 

過去の実績及び全日本予選、箱根予選での走りを見る限り、花澤が居ない以上、箱根予選でチーム上位8人がそのまま起用されるのではないかと予想しました。1区は塩尻、箱根予選での爆走を見てしまうと、昨年度エースが揃った1区で見てみたいと思ってしまいますね。箱根予選以上にハイレベルな選手が揃うであろう1区であれば、引っ張りがちな塩尻が引っ張る展開にもならないでしょうし、箱根予選の再現を期待したいところです。2区は松枝、前々回も2区を走っていますし、塩尻と松枝のスタートダッシュを見たいところですよねー。残りの主要区間ですが、箱根予選を見てもまだ万全では無かった田中は一旦6区としました。もちろん、万全であれば8区あたりを走って欲しい選手なんですけどねー。

 

 

代わりの最終区に聞谷を予想しました。箱根では2度ともアンカーを任されていますし、長い距離での安定感に定評がありますからねー。全日本の最長区間でもしっかりと走ってくれるのでは?残る4区は前回も走っている稲田が良さそうかなあ?箱根予選でも好走していますし、主要区間もある程度計算できそう。残る繫ぎ区間ですが、栃木は前回走った5区で良さそうかなあ?前回は14位に終わっていますが、この1年での成長を考えれば安心して任せられそう。3区は前回同様の西澤でも良いのですが・・・あんまりスピードタイプという感じでは無いんですよね―。なので、今年度10000mで好タイムをマークした森を3区、西澤は7区にしてみました。

 

 

主要区間、繫ぎ区間ともに穴の無い布陣は組めそうですが、やはり箱根予選の疲労が気になるところですね―。ただ、どの区間を走るかは分かりませんが、やはり塩尻と松枝のコンビは楽しみですねー。ここに花澤もいれば、さらに期待出来そうなのですが・・・最後にシード権を獲得したのは今井正人が4年時にアンカーを走って4位に入った時ですからねー。もちろん箱根予選でのシード復帰も見たいところですが、まずは全日本でも見せ場を作って欲しいです!!

 

 

全日本大学駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!正確な統計のためにも、1人、1度の投票でお願いします~


PAGE TOP