2015年 全日本予選戦力分析 城西大学 ~チームの勢いそのままに2年連続突破は?~

本日は城西大学の全日本予選における考察を行っていきます。選手一覧はリンク先ご覧ください。前回は正直通過は厳しいと思っていたのですが、2組で寺田・菅が揃って組1桁の快走、そして厳しいと思っていた3組で菊地、松村陣がともに20位以内で走る粘りの走りで、6位通過を果たしました。前回4人走った卒業生の穴は大きいものの、現有戦力の底上げは着々と進んでいます。そんな城西大の1万m上位10人は下記のようになっています。

 

 

 

 

1万mの上位8人の平均持ちタイムは私が把握している予選会出場校18校14位とタイム上は通過が厳しくなっています。30分きりを10人揃えられていないだけでなく、28分台を持つ選手が1人もいないというのはちょっと寂しいですね。ただ、全体的に5000mやハーフの持ちタイムに比べて、1万mの持ちタイムが悪い選手が多いだけに、タイムだけで測れない部分も多そうです。

 

 

最終組は前回3組を走った松村陣、菊地がそのままスライドする可能性が高そうかな?ともにハーフで62分台をマークしている選手であり、今シーズンはダブルエースとして活躍が期待される2人です。松村陣は関東インカレはやや奮いませんでしたが、今シーズン走るたびにベストを連発していますし、菊地はチーム内で最も安定感のある選手の1人ですからね。さすがに紘太のような最終組で日本人トップのような走りは難しくとも、揃って上位に来る可能性は十分にありそうです。

 

 

3組を任されそうな選手となると・・・前回の走りやその後の主要区間の任され方を考えると、菅が候補に挙がってきそうかな?全日本8区、箱根9区を任されており、主力としての期待の高さが伺えます。箱根以降の勢いでは西岡、酒井が良いですね。ともに3部門で自己ベストを更新しており、5000mも14分1桁に載せてくるなど、好調です。3組でなかったとしても、ともに全日本予選に起用されることが濃厚ですし、ある程度の結果は残してくれるのではないでしょうか?

 

 

他に全日本予選に起用されそうな選手としては・・・箱根7区6位の室井や4区を走った山本の4年生も出番はあるかなあ?ただ、まだ全日本予選ではともに結果を出していないことが気になるかなあ・・・全日本予選では1つのミスが命取りになりますし、実際にそれで全日本出場を逃したこともありあすからねえ。最上級生となって、安定感が増していればよいのですが。

 

 

ルーキーでは、14分8秒を持つ長沼と14分13秒を持つ中島が抜けており、1人は起用されそうかなあ?前回の菅の起用にはびっくりしましたが、二人とも高校時代の実績は豊富な選手なだけに、大学でも即戦力として活躍を期待したいところです。持ちタイムでいえば、チーム2番手となる29分17秒を持つ高橋にももちろん期待したいのですが、故障しがちでまだ3大駅伝出場は無いですからね。高校時代の実績を考えれば松村陣、菊地に間を空けられているのは悔しいでしょうし、そろそろその力を見せて欲しいのですが。。。

 

 

前回よりは予選通過の可能性は高そうかなあと思います。エース力は落ちていますが、今シーズンベストを出す選手も多く、総合力では上回っていると思うので・・・ただ、前回は多くの選手がその力を発揮できていましたからね。ピーキングが上手くいったということなのかな?今回も同じように全日本予選に合わせてくることができれば、2年連続の通過も十分にありえると思います。紘太世代が抜けても、城西はまだまだ強いというところを、全日本予選で見せてくれればと思います!

 


PAGE TOP