2014年度4年生特集 ~明治大学~

4年生特集、続いては明治大学を見ていきます。全部で8人登録されています。高校時代に実績のある選手が揃い、最強世代とまで呼ばれた現4年生、その名に恥じぬ活躍を見せてくれました。持ちタイムを見れば5000mで13分台が6人、1万mで28分台が5人と揃っています。3大駅伝を見れば出雲・全日本が6人、箱根に至っては7人が経験しているわけですからねー。3大駅伝で優勝出来なかったのが唯一残念ではありますが、4年間明治を支えてくれました。

 

 

 

 

山田 速人・・・高校時代から14分11秒と持ちタイムは優秀ですが、13分台が二人いた上に駅伝で実績豊富な選手も多かったので、明治のルーキーではそこまで目立った選手では無かったですね。それでも、2年時には出雲に出場し4区9位、全日本で7区5位と結果を残しています。しかし、箱根は故障もあって出場することは出来ず・・・3年時、5000mは13分57秒、ハーフも63分21秒まで伸ばしてきました。しかし、3大駅伝は1度も出場することが出来ず、4年間で最も苦しい1年だったかもしれません。4年時、1万mで28分35秒とチームトップタイムをマーク、これにはちょっとびっくりしました。駅伝シーズンでも、全日本で6区6位、箱根でも山下りの6区を任されて区間7位で走っています。決して悪い成績では無いですし、4度走って全て区間1桁なのも安定していると思います。ただ、区間4位以内も一度もなく、優勝を狙うチームとしてはちょっと物足りなかったかなあという印象ですね。

 

 

文元 慧・・・チーム随一の安定感を誇り、主にスターターとして明治の上位進出に貢献した選手ですね。1年で5000m13分台をマーク、出雲でも1区8位とまずまずのデビューを飾ります。しかし、残念ながら故障もあり、全日本・箱根は出場できませんでした。。。2年時、1万mで28分台をマーク、出雲では3区5位、全日本で1区5位、箱根で1区2位と高いレベルで安定した成績を残しました。1区を苦手としていた明治にとって、文元の1区での安定感は欠かせない戦力となりましたね。ハーフでも63分台をマークしています。

 

3年時は、出雲で6区6位、全日本・箱根ともに1区4位とこれまた見事というほどの安定した成績を残しました。2年時の全日本・箱根1区はともにスローペース、3年時の全日本・箱根は一転してハイペースと全く違ったレース展開となりましたが、そのどちらにも対応してきたのが素晴らしいですね!4年時、5000mで13分50秒、1万mで28分39秒とさらにベストを更新し、関東インカレ1部1万mでも4位に入るなど4年間で最も充実したトラックシーズンを送りました。しかし、夏以降は故障に苦しみ出雲を回避、全日本では1区を任されますが、万全ではなかったのかまさかの区間17位・・・チームは最終的に2位に入っただけにこの出遅れはもったいなかったですね。。。箱根では本人が志願したという5区で区間6位と結果を残しました。9度3大駅伝を走ってうち7回が区間6位以内、それもほとんどが主要区間ですから、その凄さが際立ちます。

 

 

大六野 秀畝・・・特集ブログにて個別で記載済

 

 

有村 優樹・・・高校時代に13分台をマークし、都大路でも優勝するなど実績は抜群でした。1年時から当然のように3大駅伝に出場しますが、出雲は5区11位、全日本は3区7位といずれも繫ぎ区間で微妙な結果に・・・それでも、箱根では8区3位の好走、ハーフでも63分18秒の好タイムをマークしました。結果としてこれが大学ベストとなることに・・・2年時、出雲で1区を任されますがここでまさかまさかの区間21位・・・トップと2分差をつけられ、関東だけではなく全大学中最下位という屈辱を味わいます。本人も陸上人生で最も悔しかった走りだと語っていました。。。しかし、その後の全日本では5区で区間賞をマーク、区間記録に1秒と迫る快走でした。わずか数週間で見事に立て直してきました!箱根でも7区3位と2年連続で好走を見せました。

 

3年時には5000mで13分41秒、1万mで28分41秒といずれも大学ベストとなる好タイムをマークしました。しかし、駅伝シーズンは故障の影響で出遅れ、出雲は欠場、全日本では4区6位とイマイチな結果に・・・それでも、箱根では8区2位と3年連続で好走しています。キャプテンを任された4年時は出雲は2区予定、全日本も3区と最短区間ではありますが見事に区間賞を獲得、箱根ではついに往路の主要区間である3区を任されました。結果は区間賞に1秒及ばずに区間2位でしたが4年連続3位以内の快走で箱根では決して外すことはありませんでしたねー。区間賞を獲得出来なかったのが唯一残念ではありますが、貴重な戦力として活躍してくれました。

 

 

前野 貴行・・・2年時に5000mで13分59秒をマークすると、出雲で3大駅伝デビューしましたが、結果は区間11位とほろ苦いものになりました。1区最下位スタートでしたから、しょうがない気もしますが・・・どちらかと言えばスピードランナーだったこともあり、全日本・箱根は出番がありませんでした。。。しかし、3年時になると1万mで28分56秒をマーク、ハーフでも62分台を出して一気にタイムを伸ばしてきいました。すると、箱根でも復路のエース区間である9区を任されました。ただ、結果は区間14位と微妙だったんですよねー。持ちタイムは大きく伸ばしてきましたが、なかなか勝負レースでは結果を残せなかったかなあ。。。4年時には、関東インカレ1部1500mで4位入賞と結果を残したものの、夏以降は故障に苦しみ続け、結局3大駅伝はいずれもエントリーさえされぬまま、4年間を終えることとなってしまいました。力のある選手だとは思うのですが、同世代が強かったこともあり、3大駅伝への出場は2回に留まっています。

 

 

松井 智靖・・・スピードランナーが多い明治のおいて長い距離に強い選手でハーフでの好走が目立ちましたね。トラックでも2年時に5000mで14分5秒、1万mでは29分18秒をマークし、これが大学ベストとなっています。全日本でも6区4位と好走、箱根でも9区を任されますがここで悲劇が・・・途中でフラフラになってしまい、何とかタスキを繋げたものの区間最下位と非常に悔しい走りになってしまいました。その後、ハーフで63分34秒までベストを伸ばし、3年時には全日本で5区2位の好走、箱根でも7区8位でまとめました。4年時には、出雲に4区で初出場・・・の予定でしたが台風で中止となり、結局出雲は1度も走ることが出来ませんでした。。。箱根ではチームが往路重視だったこともあり最短区間の4区に起用され、区間3位と3年間で一番良い走りを見せてくれました。2年の箱根こそ体調に異変が起きてしまいましたが、それ以外はずっと安定した結果を残してくれました。

 

 

後藤 雅晴・・・高校時代は14分23秒とまずまずのタイムを持っていましたが、同学年に有力選手が揃っていた+ロードでの実績に乏しかったこともあって大学ではどうだろう?と思っていましたが、ちょっと苦戦することに・・・箱根では16人のメンバーに入ってきたり、3年時に1万mでは29分37秒、ハーフでは64分11秒をマークしていますしタイムは伸ばしてきました。しかし、同学年だけではなく上にも下にも強い選手が揃っていましたからねー。残念ながら3大駅伝への出場は叶いませんでした。。。

 

 

八木沢 元樹・・・高校時代、有村同様に13分台をマークし、都道府県対抗では圧倒的なラストスパートで区間賞を獲得するなど、世代トップランナーの1人として大きな期待を集めていました。しかし、故障に苦しむことも多かったですね。。。1万mは1年時に故障明けで走った1度だけだったため、30分57秒となっています。スピードランナーという印象だったため、1年時で箱根を任された時はどうかな?と心配したのですか区間2位の快走、長い距離でも強さを見せてくれました。2年時も結局箱根しか走れずに4区7位という結果でした。むしろ八木沢が活きるのは出雲や全日本だと思っていたのですが、2年終了時で3大駅伝は箱根×2回ということに・・・

 

3年時、5000mで13分28秒というとんでもないタイムをマークしました。現時点で留学生も含めた大学トップのタイムを誇っています。ずっと高校ベストを更新出来ていませんでしたが、ここで一気に縮めてきました。また、3大駅伝にもフル出場を果たし、出雲では2区区間賞を獲得、全日本では2区11位と失敗レースとなるも、箱根では3区2位の好走と出入りの激しい結果となりました。。。4年時、関東インカレ1部1500mで2位、5000mで4位と充実したトラックシーズンを送り、駅伝シーズンも明治の3大駅伝優勝に向けて欠かせない戦力となるはず・・・だったのですが、またしても故障に苦しむことに・・・3大駅伝全てを故障で棒に振ることになってしまいました。八木沢がいてくれれば、全日本も箱根もまた違った結果になっていたかもしれませんねー。自身が4年時に、優勝を狙える勝負の年に走れなかったのは本当に残念でした。。。

 

 

各選手の実績が豊富過ぎてコメントもついつい長くなってしまいますね。素晴らしいスカウトだったということは当時から感じていましたが、ここまで揃いも揃って伸びてくるとは正直思いませんでした。振り返れば振り返るほど、その輝かしい実績が、この世代の偉大さが感じられます。。。それだけに、卒業の穴は全大学中トップクラスに大きいんですよねー。大学トップクラスへと成長を遂げた横手、木村はいますが3番手以降は少し落ちてしまいそうかなあ・・・それでも、新入生は13分台の坂口、駅伝実績豊富な田中など楽しみな選手が揃って入ります。1,2年生もようやく3大駅伝デビューを果たしましたし、新入生に負けずにどんどんメンバー争いに加わり、強い明治であり続けて欲しいです!!

 


PAGE TOP