2014年度4年生特集 ~東京農業大学~

4年生特集、続いては東京農業大学を見ていきます。全部で8人います。箱根経験者は6人もおり、高校時代13分台だった浅岡、14分1桁の島田、14分13秒の竹内など、持ちタイムの良い選手が揃った学年でした。箱根経験者は4人、箱根予選の経験者は6人と何人もの選手が活躍をしましたが、最終学年で箱根に出場できないという憂き目にあってしまいました。前年度、箱根予選をトップ通過していただけに、予選落ちは衝撃的かつショックでしたね。。。

 

 

 

 

浅岡 満憲・・・高校時代から実績が豊富だったこともあり、1年時から全日本予選3組3位、箱根予選29位、箱根3区8位とルーキーらしからぬ素晴らしい活躍をしました。早くもチームのエースとして活躍が期待されましたが、2,3年時は故障などもあり苦しみ続けることに・・・特に2年時は全日本予選4組35位、箱根3区19位と散々な結果に終わってしまいました。復活は3年時の箱根で8区8位で走ってからかなあ・・・4年時は全日本予選4組6位、箱根予選4位、5000m13分48秒、1万mでも28分29秒の自己ベストをマークするなど、1年時の活躍を上回る大活躍を見せました。しかし、チームとしては奮わずに箱根出場を逃してしまうのですから皮肉なものです。。。

 

竹内 竜真・・・全日本予選・箱根予選に4年連続で出場し、箱根にも3度出場とこの4年間、東農大が出場した3大駅伝・予選会全てに出場を果たしました。これは浅岡でも出来ていないことです。不調に陥った時期もありましたが、箱根予選では1年時こそ71位でしたが、2年以降はいずれも60分ちょっと、20位以内で走っており、安定した結果を残してくれました。箱根でも3年時に9区6位と見事な走りを披露してくれました。浅岡とともにダブルエースとしてチームを支えた選手でした。

 

岩渕 慎矢・・・箱根予選には1年時から出場し、いずれも二桁順位、3年時には31位で走り、箱根でも7区8位と好走しました。1万mの持ちタイムも29分16秒まで伸ばし、浅岡、竹内に次ぐ選手として4年時も活躍が期待されましたが、箱根予選に出場することが出来ませんでした。勝負にタラレバは禁句ですが、岩渕が走れていたら10位通過した創価とのタイム差を考えると、予選落ちすることも無かったかもしれませんね。。。

 

田中 優・・・2年時に1万mで29分42秒をマーク、チームトップ10にも入ってきました。しかし、このタイムが大学ベストになってしまうことに・・・5000mのベストである14分33秒も2年時のタイムですし、ちょっと上級生になってからは目立った走りが出来ませんでしたねー。3大駅伝・予選会ともに出場することはありませんでした。

 

土井 久理夫・・・箱根予選に出場したのは3年時の1度だけですが、ここで28位と素晴らしい走りを見せました。それまで目立った実績が無かっただけに、この走りは驚きでした。箱根では6区15位とまずまずですが、箱根予選の走りからすれば物足りない結果に・・・4年時も箱根予選の快走の再現が期待されましたが、岩渕同様に箱根予選会を走れなかったんですよね。そもそも、14人にさえエントリーされず・・・チームにとって非常に痛い離脱でした。

 

藤井 拓也・・・5000m,1万mのベストは3年時にマーク、1万mでは29分台、ハーフも2年時にギリギリ65分台で走っています。なかなか予選会さえ出場のチャンスは巡ってきませんでしたが、4年時に箱根予選会に出場することに・・・しかし、ここで331位と大撃沈してしまいました。。。4年生は出場出来なかった選手も含め、浅岡、竹内以外は苦戦する結果となってしまいました。

 

佐藤 一・・・2年時に学生ハーフで64分29秒をマークし、その後も楽しみになってきた選手です。藤井同様、なかなか3大駅伝・予選会への出番が回ってきませんでしたが、最後の箱根予選会に出場を果たしました。結果はチーム8番手でしたが、全体では158位、タイムも62分台ですからもう一息といったところですかね。

 

島田 直輝・・・高校時代、14分9秒のベストを持つ選手ですが、大学に入ってからはなかなか結果を出すことは出来ず・・・5000mのベストは高校ベストを更新することは出来ず、1万mのベストも1年時にマークした30分20秒に留まっています。しかし、2年時にハーフでは65分18秒をマークしていますし、個人的には期待していたのですが、3大駅伝・予選会ともに走ることは出来ませんでした・・・

 

チームとして全てが噛み合った3年時の箱根予選トップ通過、そして逆に全く噛み合わなかった4年時とこの学年の成績がそのままチームの成績に直結してしまいました。逆に言えば、それだけ鍵になる学年だったとも言えます。浅岡、竹内のダブルエースがおり、他の選手も二人に負けじと力をつけてきた学年でした。最終学年で箱根出場出来なかったのは残念ですが、スカウトが微妙だったと言われる現1,2年生からも着実に戦力となる選手が出てきましたし、新入生も都道府県対抗4区区間賞の小山を始め楽しみな選手が入りますからね。1年での復活、期待したいです!

 


PAGE TOP