2014年 箱根駅伝予選会エントリー雑感

本日、箱根駅伝予選会のエントリーが締め切られ、そして発表されました!!相変わらず、なかなか公式発表しない出雲よりも先に予選会のエントリーが分かるんですよね。公式エントリーはこちらになります。昨年度は増枠があったため、正直出場争いはあまり魅力がありませんでしたが、今年度は3枠減ったため、熾烈な争いが繰り広げられることが予想されます。箱根予選順位予想の投票サイトも作りましたので、是非ともみなさんの予想する順位を教えていただければと思います。それでは、各大学のエントリーの感想を簡単に述べたいと思います。

 

法政大学

なんと!エースである西池がエントリーから外れてしまいました。最も稼げる見込みのある選手がエントリー漏れというのは厳しいですね。全大学中最も痛いエントリー漏れではないでしょうか?西池の穴は大きいですが、みんなで少しずつ埋めていきたいところです。ただ、姿をあまり見せずにいた佐野がエントリーされたのはプラス材料ですし、他に目立ったエントリー漏れは見当たりません。西池世代の最終学年に3大駅伝未出場なんてわけにはいきませんし、まずはきっちりと予選を突破し、箱根につなげて欲しいです。

 

中央学院大学

及川、潰滝、塩谷といったエース格は順当にエントリーされていますが、4年生では箱根経験者の芝山、山田が外れてしまいました。ハーフの距離に実績のある二人のエントリー漏れは気になるところです。また、3年生でも今シーズン勢いのある小川が外れていますね。2年生では、全日本予選で3組を走った蘆田が外れていますが、まだハーフの実績がないだけに、実力で外れた可能性もありそうです。2年生が大量7人というちょっといびつな形のエントリーとなり、そこまで2年生の実績がずば抜けているわけではないので、やや不安も残るところですね。

 

東海大学

中川がエントリーされているのが嬉しいです!!ただ、その一方で今度は吉川がエントリー漏れしてしまい、全員28分台の3本川トリオはまたしても1人欠けることとなってしまいました。石橋も無事にエントリーされるまでに戻ってきたのは朗報ですね。その一方で、ハーフで高い安定感を持つ土屋がエントリー漏れしてしまいました。前回は転倒して順位を下げており、そのリベンジを期待したかったのですが・・・他は期待のルーキーである川端、春日や急成長している髙木もエントリーされていており、問題無いですね。予選会トップ通過候補の1つであることは間違い無さそうです。

 

東京農業大学

前回全体28位、チーム4位の土井がエントリー漏れしてしまいましたね。。。昨年度のような走りを期待したかったのですが、残念です。その一方で、姿を見せていなかった佐野がエントリーされたのは朗報ですね。他は、3本柱の浅岡、竹内、戸田もきっちりメンバー入りしており、目立ったエントリー漏れは見当たりません。強いていえば、2年生の畠山、折居あたりは入るかな?と思ったのですが・・・前回は予選をトップ通過していますし、今年度もきっちりと予選会に合わせて欲しいです。

 

中央大学

昨年度に続いて主将の永井がエントリー漏れしてしまいました。夏合宿に合流したということでひょっとしたらと思ったのですが・・・もう在学中に姿を見ることはないのかなあ。。。同じく、故障明けで心配された多田はエントリーされていて一安心です。3年生では、故障が心配された三宅がエントリー漏れですね。スピードはチームトップクラスで、長い距離にも対応してきただけに、この離脱は非常に痛いです。また、藤井もエントリー漏れしており、決して層の厚くない中央にとっては響いてきそうです。2年生では、これまた故障と雑誌に書かれていた町澤が外れました。各学年で核になってほしい選手が外れているのが非常に心配ですね。今年度の町澤はトラックシーズンも順調にきていただけに。。。正直、予選突破は五分五分かなあ?

 

順天堂大学

西郷がエントリーを外れてしまいました!今年度はずっと怪我に悩まされていますね。結局、大学では一度も20km,ハーフを走らないことになりそうです。この離脱は痛いです。ただ、姿を見せていなかった和樹、回復具合が心配だった的野は無事に戻ってきてホッとしました。他も目立ったエントリー漏れは無いですね。2年生の山下、作田がエントリーされたのはやや意外でしたが、各学年に核となる選手もいますし、いくら苦手としている箱根予選会でも通過は問題無いでしょうし、上位通過を果たして欲しいです!

 

國學院大学

期待の1年生が誰もエントリー されなかったのにはびっくりしましたが、目立ったエントリー漏れは無いですね。持ちタイム上位がしっかりと入っていますし、強いていえば3年の池沢、中瀬、2年の中嶋が外れたくらいでしょうか?ただ、3人とも3大駅伝は走っていない選手ですし、調子次第では漏れることもあると思っていたので驚きは無いです。ずば抜けた選手はいませんが、10~12番手のレベルは高いですし、きっちりと通過してくることでしょう。

 

神奈川大学

またしても赤松がエントリー漏れしてしまいました。全日本予選で好走しており、安定感のある選手なだけに、残念です。3年生が我那覇、西山の二人だけなのは寂しいですが、2年生以上がいずれも箱根予選経験者というのが心強いですね。期待のルーキー4人衆からは、夏に故障があった浅利が外れてしまいましたが、他3人はきっちりとエントリーされており、どんな走りを見せるのか楽しみです!予選通過はもちろん、箱根を見据えれば3位以内の通過を目指して欲しいなあ。。。

 

城西大学

4年生が9人という凄いエントリーですね。それだけ、今回の予選会にかける思いが伝わってきます。3年からはともに箱根出場経験のある山本、河名が外れてしまいました。経験者なだけに、チームに与える影響も少なくは無さそうです。2年生では、松村陣が外れていますね。箱根4区を走り、全日本予選も3組を任せられるなど、主力の一人となってきていただけに、残念です。ただ、4年生の主力はきっちりとエントリーされていますし、通過自体は問題無い戦力だと思います。直近の日体大記録会でタイムが悪かった選手が多いのが心配ではありますが。。。

 

上武大学

主将の佐々木、箱根経験者の東が漏れてしまいましたが、トラックシーズンから姿を見せていませんでしたし、しょうがないかと思います。全日本予選を走った8人は全員エントリーされていますし、先月の記録会で好走した2年生の森田、上田、志塚も入ってきており、実績と勢いのある選手が選ばれたのではないでしょうか?昨年度は増枠に頼っての通過でしたが、期待のルーキーや伸びてきた2,3年生もおり、集団走で予選会が得意ということを考えても、十分に上位通過も期待出来そうです。

 

専修大学

4年生は順当にエントリーされていますが、3年生では森と上手がいませんね!!特に上手は全日本予選で最終組を任されるほどに成長している期待の選手だったのですが・・・残念です。それ以上に心配なのが2年生、濱田、丸山、坂本といった箱根予選経験者がいずれもエントリー漏れ。。。特に濱野はルーキーながら50位以内に入る快走を見せていただけに、影響は大きそうです。ルーキーでは、風岡がまさかのエントリー漏れの一方、宮尾、岩田、山本と3人も入ってきました。実力はまだ未知数ですが果たして・・・2,3年生のエントリー漏れで正直通過が一気に厳しくなった気がします。。。

 

国士舘大学

4年生では、阿部、菊池、小田部、飯野といった箱根予選経験者の4年生がそろってエントリー漏れですね。特に前回予選チーム4番手だった飯野が外れたのは痛いです。3年生では、ハーフチームトップの中村大が外れていますね。これまたチームに与える影響は大きそう・・・箱根6区経験者で5000m14分6秒まで伸ばしてきた石井も外れていますね。中堅どころがちょろちょろ外れている印象です。万全でも厳しいと思っていましたが、さすがに予選突破は難しいでしょう。。。

 

山梨学院大学

まさか、都大路の優勝メンバーである1年生5人が誰一人としてエントリーされないとは・・・正直びっくりしました。じっくりと育てていく作戦なのか、故障or距離対応が上手くいっていないのか、上級生の調子がそれだけいいのか。。。期待していただけに残念です。4年生は順当、3年生は田代が外れてしまいましたが、今年度はあまり走れていなかっただけにしょうがないかな?他は順当なエントリーで通過はもちろん問題無いでしょうし、気になるのはトップ通過出来るかですかね?エース力は予選会校でもずば抜けていますし、箱根に向けて楽しみが増えるような結果を期待したいです!!

 

 

各大学についての詳細な分析は明日以降、私がDB管理している13大学について行っていきます。今のところ、専修、国士舘が厳しそうな印象ですね。。。


PAGE TOP