日体大記録会5000m(+埼玉実業団) 結果雑感(2014/09/28) 

本日、日体大記録会(5000m)が行われました。自己ベストを出した選手を中心に振り返ってみたいと思います。記録会結果はこちらをご覧ください。すでに全40組の結果が記載されています。また、埼玉実業団記録会も行われており、その結果も早くも出ているので雑感を述べていきます。

駒澤大学

大谷が実に3年10ヶ月ぶりに13分56秒でベストを更新しました。高校ベストをずっと更新できずに苦労し続けてきましたが、ついにベストを更新しましたねー。正直、更新するのは厳しいと思っていただけに、この更新は嬉しかったです。ルーキーの高本も14分4秒とセカンドベストをマークし、順調にきているようです。一番のサプライズはルーキーの工藤、14分7秒と一気にベストを20秒も更新してきました。監督も注目ルーキーとして名前を挙げていましたが、これは一気に楽しみな選手になってきました。同じくルーキーの中西も14分19秒と既に今年度2度目のベスト更新です。順調に結果を残していますね。他のルーキーはほぼ撃沈しており、明暗が分かれた結果となりました。他、3年の宮下も14分21秒で、ベストを11秒更新しています。

 

 

拓殖大学

3年の金森が14分1秒とベストを更新、チームトップタイムをさらに8秒更新しました。今年度も主要区間を任されることになりそうです。エースの佐護も14分10秒でベストを6秒更新しており、ダブルエースが今年度2度目のベスト更新と順調にきていますね。2年生コンビの宇田、新井がそれぞれ14分26秒、14分29秒を出しており、宇田はセカンドベスト、新井はベストを19秒も更新しています。一方、尾上、栩山、櫻井など出雲エントリーメンバーが14分40秒オーバーと物足りない結果になりました。他、蛯沢が14分48秒ですがベストを更新しています。

 

 

大東文化大学

埼玉実業団記録会に大挙出場し、1万mでベスト更新ラッシュとなった大東大、平塚が29分25秒でベストを28秒更新、北村も29分28秒でベストを25秒更新しています。平塚はまだ3大駅伝未経験ですが、今年はフル出場もあり得そうですね。北村も完全復調どころからさらに成長したところを見せてくれました。大事な戦力となってくれそうです。期待のルーキー原も29分41秒でベストを17秒更新、池田も1秒ですが、29分41秒でベストを出しています。また、ずっと結果を出せていなかった3年の石田が1万mで30分18秒までに復調、3年は大隅に次ぐ選手がなかなか出てこずに、苦しんでいる学年ですが、森橋とともに期待したい選手です。5000mで14分18秒とスピードはある選手ですからね。

 

 

中央大学

エース格の1人である徳永が13分58秒でベストを7秒更新し、チーム2人目の13分台ランナーとなりました。新庄とともに予選会にてチームをけん引する選手となって欲しいです。他には、松原が14分24秒で1秒ですがベストを更新していますね。渥美、市田といった2年生が惜しくもベストはならずもセカンドベストをマークしています。ただ、故障明けらしい多田が14分44秒というのが気になりますね。。。後3週間でどこまで状態をあげてこられるか・・・

 

 

帝京大学

エースの柳原が13分50秒とさすがの走りでベストを3秒更新し、チームトップタイムとなっています。熊崎と切磋琢磨するかのようにタイムをお互いに出し合っており、良い刺激となっていそうです。他にも、箱根5区を走った竹本が14分27秒でベストを7秒更新、嶺井も14分33秒ですが、4秒ベストを更新しています。ルーキーの渡辺が14分24秒でセカンドベストをマーク、今年度期待のルーキーですね。

 

 

東洋大学

埼玉実業団記録会に5000mで大挙して出場しました。出雲エントリーされている渡邊一磨が14分1秒とチーム4番手となるタイムをマークし、好調をアピールすると、今井も14分2秒で走るなど出雲エントリーこそ漏れたものの、しっかり走れるところを見せてくれました。他にも、4年の名倉が14分9秒でベストを10秒更新、3年の高橋が14分19秒とベストを5秒更新しました。出雲エントリー組では、セカンドベストが大量に出ています。齋藤が14分4秒とほぼベストに近いタイムをマーク、口町も14分9秒はベストに2秒及ばないだけ、山本の14分18秒、小早川の14分19秒もベストに1秒及ばないだけと、出雲メンバーに選ばれるだけの力を示してくれました!!

 

 

日本大学

主力の1人である大門が14分27秒とベストを1秒更新してきました。全日本予選は出られませんでしたが、駅伝シーズンは問題無さそうですね。2年の清水目が14分25秒でチーム9番手となるタイムを出してきました。2年生は石川がダントツで、2番手がなかなか出て来ていませんでしたが、清水目は1万mも30分12秒を持っていますし、今年度戦力となってきてくれると嬉しいですね。その石川も14分1秒と好調をアピール、全日本予選に続いての好走で安定感が増してきましたね。また、ルーキーの金森が14分28秒とベストを一気に17秒も更新する走りを魅せました。即戦力がいないと言われる今年の日大ですが、新関とともに楽しみな選手ではないでしょうか?その新関も14分33秒と惜しくもベストに届かないセカンドベストを出しています。

 


PAGE TOP