2014年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~順天堂大学~

2014年8月9日

続いては順天堂大学についての上半期振り返りと、現時点での全日本のオーダー予想、箱根予選出走者について予想してみたいと思います。前年度は3大駅伝全てに出場し、出雲は9位、全日本10位、箱根は16位となっております。結局、昨年度は3大駅伝全てに出場したにも関わらず、一度もベストメンバーが組めていないんですよねー。特に箱根5区における西郷の欠場は致命的でした。ただ、最後まで噛み合わなかった昨年度とは違い、今年度は全日本予選を2位で突破し、期待のルーキーが即戦力となり、中堅どころもベストを更新するなど、チームとして良い流れで来ていると思います。ちなみに、選手一覧はこのようになっております。

 

 

全大学において、2014年の持ちタイムトップ10の更新割合をポイント化していきます。順天堂の場合、以下のようになります。(1,2位更新・・・5pt、、、9,10位・・・1pt)

 

 

5000m・・・12pt(2位、4位、8位、9位)

 1万m・・・10pt(2位、7~9位)

ハーフ・・・14pt(2位、5~7位、10位)

 

 

どの部門も平均的に自己ベストを更新していることが分かりますねー。チームの底上げという点から見れば、良い傾向ではないでしょうか?5000mでは、やはり安斎の13分56秒を出しての2位が光ります。1500m,5000mを主体に走っており、日本選手権も1500mで出場していますからねー。今後、駅伝重視にシフトしていくのか、それとも短い距離で勝負していくのかは非常に気になるところです。現状のままでも、全日本までは十分に出番がありそうですが、箱根となるとさすがに厳しいでしょうからね・・・エースの松村優が4位ですが、まだまだタイムは伸ばせるでしょう。それよりも、8,9位に入った聞谷、森の2年生コンビが、今年に入ってまた一段と成長しており、個人的に楽しみです♪

 

 

1万mは大きくベストを更新したの箱根4区を走った西澤くらいで、そこまで目立った更新は無かったですねー。28分台は1人、30分切りは10人ギリギリという状況です。それでも、全日本予選ではトップと微差の2位通過を果たしてしまうのですから、やはり持ちタイム以上に力があるということなのでしょう。なかなかに戦力分析がしにくいチームではありますが、今年は期待出来そうです!!

 

ハーフは14ptとはいえ、未だに64分きりが3人、65分きりも6人しかいないのが、やはり不安ですねー。もちろん、好条件のハーフにはあまり出場しないですし、西郷がハーフを走っていないなど様々な事情はがあるのは承知ですが・・・そんな中、聞谷の63分台突入はやはり光ります。聞谷は3部門全てでベストを出しており、そういう選手は勢があるというのはもちろん、連続して結果を出す安定感もあるということになります。そういう選手では駅伝でも大崩れせずにきっちりと走ってくれることが多いですし、期待したいですね。

 

全日本大学駅伝オーダー予想(仮)

松村優(4)-松枝(3)-花澤(1)-西郷(4)-森(2)-聞谷(2)-稲田(3)-田中(3)

 

1,2、8区は前回と同じ、4区は西郷にしましたが、万全の状態で戻ってきてくれることが前提ですね。箱根予選会に出場するであろうルーキーの花澤に、その2週間後にある全日本で主要区間はさすがに厳しいと思い、最短区間の3区としてみました。5~7区は全日本予選をしっかりと走った森、聞谷、稲田の3人かなあと思い、区間に差をつけるのであれば、6区>5区>7区の重要度だと思うので、今シーズン残している結果などを加味して、5区森、6区聞谷、7区稲田としてみました。やはり、全日本も前半から主力をつぎ込んでいかないと厳しいと思いますし、それでいて後半はロードで粘れる選手ばかりなだけに、案外面白いのでは?と思いました。万全であれば、松村和も入れたいところですけどねー。。。

 

 

箱根予選出場12人予想(仮)

4年:松村優、松村和、西郷

3年:田中、松枝、稲田、相浦

2年:聞谷、森、西澤

1年:花澤、栃木

 

4年生は選んだ3人は当然として、的野がどうなのかというところが難しいですね。怪我に苦しんだ4年間であり、是非とも走って欲しい選手ですが、やはりまだ今シーズン5000mもまともに走った記録会が無いことを考慮すると、厳しいのではと思い、外しています。3年生は田中、松枝、稲田は当然として、12人目を迷った末、相浦にしてみました。来年以降も見据えて3年生以下かつハーフで65分台で走っている相浦あたりが候補になるのではないかと・・・2年生は、3大駅伝経験者の聞谷、森、西澤で無難に、1年生も全日本予選経験者の花澤、栃木が妥当かなあと・・・スピードタイプの安斎や村島は外してあります。二人がハーフも走れるようになると、チームとしてもグッと厚みが増すのですが、あれだけ短い距離で活躍しているのであれば、そのままトラックで勝負し続けるのも面白いと思います!

 


PAGE TOP