2014年全日本予選戦力分析 ~上武大学~

本日は、上武大学の全日本予選における戦力分析をしていきます。選手一覧はこちらをご覧ください。1万mの平均持ちタイムは29分37秒、16大学中13位と数値上はやはり厳しいですね。それでも、今シーズンは中堅どころや期待のルーキーがベストを連発しており、新戦力は期待が大きいですね。その一方、倉田・佐藤に次ぐ選手がレース自体にあまり出て来ておらず、なかなか足並みが揃わないかなあ・・・3年前には初めて予選を突破すると、そのまま初出場初シードを獲得するなど見せ場を作ったんですけどね。では、1組から見ていきます。

 

 

1組 三好(3) 田林(3)

2組 山岸(3) 井上(1)

3組 大西(4) 佐藤(4)

4組 岡添(2) 坂本(1)

補欠 倉田(4) 松元(4)

 

 

 

1組の三好は前回箱根6区を17位で走っている選手です。さらに、1万mのベストも今シーズン29分40秒を出しており、このタイムはチーム3番手となります。箱根経験者であり、今シーズン1万mのベストを出しているというのは期待しちゃいますね。全日本予選は未経験ですが、きっちりと走ってくれるのでは?一方の田林は高校時代に1万m29分台で走っている選手であり、期待されて入学したのですが、その後はなかなか結果を出せず・・・ハーフもまだ66分40秒ではありますが、エントリーされたということは期待していいのかなあ?来年度以降を考えても、ここで戦力になってくれると嬉しいですね!!

 

 

2組の山岸も今シーズン1万mでベストを更新している選手、30分5秒ではありますが、一気に40秒もベストを更新しています。上武で山岸と言えばOB1年でユニバ代表になるなど急成長を遂げた山岸 宏貴がいますが、山岸 塁も伸びていって欲しいですね。一方の井上は都道府県対抗で5区3位と好走している選手で上武期待のルーキーです。初の1万mは30分24秒に終わりましたが、5000mは既に10秒以上ベストを更新していますし、1万mもまだまだ伸ばせるでしょう。何より、勝負レースで実績があるのは非常に頼もしいです。昨年度、2組は青学の一色、東海の廣田と1年生が1,2フィニッシュを果たしていますが、井上も臆すること無く上位を狙って行って欲しいです。

 

 

3組の大西は、2年時から箱根に出場するなどチームの主力の一人として活躍している選手ですが、1万mの持ちタイムはまだ30分台なんですよねー。前回の全日本予選は2組32位でしたし、2組でも30位台なのに3組はさすがに厳しいのでは?中堅どころがエントリー漏れしている影響がここら辺に出て来てしまいますね。。。佐藤はまさかの3組ですねー。倉田とともにダブルエースとして君臨し、過去2度走った全日本はいずれも4組でしたから・・・そこまで調子が上がっていないのか?それとも4組に配置された坂本が絶好調なのか?好不調の波は相変わらず激しいですが、選手層の薄い上武にとって佐藤はしっかりと走ってくれないと困る選手ですからね。3組ならば組トップを狙って欲しいです!!

 

 

4組の岡添は今季ベストを出していますが、1万m30分34秒の選手であり、全日本予選は前回1組38位と散々な結果だった選手・・・どう考えても4組は無謀ですよね。。。申し訳ないですが、補欠である倉田との当日変更はもう確定的でしょう。。。そうでなければ、またしても最下位付近を走ることになりそうです。。。一方の坂本は井上とともに期待のルーキー、まさか最終組にエントリーされるとはびっくりしました。先日、1万m29分46秒とチーム4番手のタイムをマークし、力のあるところを見せつけました。さすがにまだ4組は厳しいでしょうが、1つでも上の順位を狙って欲しいですね。いい経験となりそうです。

 

 

補欠の倉田は佐藤と並ぶエースであり、安定感はチームNo.1と言えます。当然最終組でエントリーされると思っていましたが、補欠とはどうしたのかなあ・・・?何も無ければ当日4組への変更がほぼ確定的です。倉田が出場出来なければ、元々厳しい予選突破の可能性はほぼ0になるでしょう・・・一方の松元も箱根予選ではチーム3番手に入り、箱根でも5区を任されるなど主軸として活躍している選手であり、当日変更の可能性が高いですね。ただ、組はちょっと予想しにくいかなあ・・・何組に入ってもおかしくなさそうです。

 

 

うーん、先日の1万mでの自己ベストラッシュはありましたが、やっと1万m30分きりが7人になったところですし、エントリーを見ても予選突破は厳しいだろうというのが正直な感想です。ただ、前回は17位とあまりにも散々な結果だっただけに、そこからどこまで順位をあげられるかには注目したいと思います。ここでまた15位以下など下位に沈むようであれば、箱根予選を突破したとしても、本戦でまた苦しい戦いになってしまうでしょうからねえ。。。1年と4年に期待が集まりますが、2,3年生の奮起にも期待したいです!!

 


PAGE TOP