トラックシーズン開幕!! ~2014年4月を振り返る(前半)~

新年度が始まって1ヶ月が経過し、早くも結果を出している大学もあれば、やや出遅れた感のある大学も・・・この1ヶ月、自己ベストを出した選手を中心に、振り返ってみたいと思います。選手持ちタイムはこのようになっており、太字が2014年1月1日以降にベストを更新したタイムになります。(PB更新日にチェックを入れることで、更新日も一覧に表示されます。)あいうえお順の前半、まずは青山学院~大東大までを見ていきます。

 

青山学院大学

いきなり、日体大記録会で川崎、小椋、一色がそろって28分台に突入、チームとしても28分台が5人になるなど、優勝を狙うチームに相応しい持ちタイムになってきました。中堅どころでは三木が5000m,1万mともにベストを更新しており、初の3大駅伝出場の期待が高まります。また、個人的に気になるのは2年の秋山、昨年度は怪我に泣きましたが、5000mで高校ベストを更新し、今シーズンは主力となってきそうな選手です。1年生も中村、田村、大越といった持ちタイム上位がしっかりと走れており、楽しみです。

 

神奈川大学

最も勢いがあるのは西山ですね。5000m13分台突入、1万mも29分台一桁、レース展開も良かったようで条件次第ではまだまだタイムを伸ばせそうですし、完全にエース格の選手となりました。満を持して箱根5区に登場でしょうか?柏部も5000m,1万mともにベストを更新し、1万mでは29分18秒までタイムを伸ばすなど好調を維持、箱根に出場出来なかった借りを返して欲しいですね。期待のルーキーでは鈴木健、浅利が早くもベストを更新するなど順調な出だしを切っています。全日本予選から楽しみです。

 

國學院大学

ずば抜けたタイムを出した選手はいませんが、主力では沖守が14分14秒のベストを更新、廣川も14分27秒ですがベストを出しています。1万m29分後半でベストを出した選手が池沢、稲毛、湯川、川本と4人も出てくるなど底上げは順調に進んでいるようですね。やはり求められるのは再三言われているエースでしょうか?期待の1年生はまだ目立った活躍は無いですが、國學院史上でもトップクラスのスカウトだっただけに楽しみです♪

国士舘大学

残念ながら私が登録している20人の中でベストを更新した選手はいませんでした。それでも、浪岡、武藤といったエースはしっかりと走れていましたし、期待のルーキーである三田も無難に大学デビューを飾っていました。1枠増えたとはいえ、箱根への道はまだまだ険しそうですし、どんどんベストを更新する選手が出て来て欲しいです。

 

駒澤大学

全大学中、最も好調だったのが駒澤でしょう。村山の27分49秒という現役学生トップタイムを筆頭に、新たに28分台に突入した、西澤、西山、トップ10でベストを更新した中谷、馬場、其田、二岡とタイムを出すべき選手が出したという印象ですね。 1万mの平均持ちタイムはトップに立っています。その一方で不安なのが新入生ですかねー。優勝を狙うであろう大学の中では、最も低調な出だしですね・・・現3年生も似たような出だしですが、今は欠かせない世代となっていますし、今後の成長に期待したいところ。

 

順天堂大学

5000mで13分台を出した安斎の走りが最大の収穫でしたかね?まだ箱根は分かりませんが、トラックシーズンは楽しみです。松村優、西郷、田中といた主力どころも5000mでベストを更新、1万mでも松枝、聞谷、稲田がベストを更新と、箱根でメンバーに入ってくるであろう選手が揃って結果を出しているのが素晴らしいです。苦手の箱根予選が心配ですが、本戦に出場出来れば楽しみです。ルーキーも13分台ランナーの花澤がセカンドベストを出すなどなかなかな出だし、故障明けの的野も1500mながら結果を出すなど、ようやく選手が揃ってきました。

 

 

城西大学

トップ10に入るような選手でベスト更新はなく、西岡が5000mでベストを更新したくらいですかねー。なかなかベストを更新する選手が出てこないですねー。城西が良かったのは昨年11月の記録会でベストラッシュだった時くらいかなあ・・・?記録会に出てこないわけではないのですが、ちょっと結果が出ていない状況で、本気で箱根予選が心配になってしまいます。1万m持ちタイムトップ5が4年生というチーム戦力を考えても、何が何でも予選会を突破し、本戦でも結果を残したいところなのですが。。。

 

 

上武大学

1万mでは根岸がベストを更新し、チーム9番手となっています。しかし、まだ9番手で30分17秒という状況なんですよねー。やはり層の薄さが気になるところです。エース格は倉田、佐藤ともにしっかりと走れていて心配は無さそうですし、後は底上げに尽きますね。中堅どころがどんどん上がってきて欲しいところです。一方、期待のルーキーでは井上が早速5000mでベストを更新し、トップ10に入ってくるなど好調です。井上、坂本の二人は即戦力候補ですし、佐藤、倉田のルーキー時代のように活躍して欲しいですね!

 

 

専修大学

1万mでチーム6位のタイムとなる29分35秒を丸山が出した他、5000mでも丸山がベストを出して好調ですね。予選会から楽しみな選手です。 期待したいのはまだ3大駅伝未出場の3年生である森、上手ですね。ともに5000mでベストを更新しており、今シーズンは箱根予選会から戦力となってくれないと困ります。上級生となり、どんどん伸びてきて欲しいです。

 

拓殖大学

5000mで佐護、金森といった主力格がベストを更新しており、2年生の宇田もすでにベストを2度更新するなど結果を残しています。今シーズンは拓殖にしては珍しく、4月から積極的に記録会に参加していますねー。また、一番の注目だった復学したマイナは5000m,1万mともに走り、14分1桁、29分前半と復帰戦としてはまずまずといったところでしょうか?ここからどれだけタイムを伸ばしていけるかですね。1年時の走力が戻れば、これ以上ない戦力になるとお思うのですが。。。

大東文化大学

トップ10に入るような選手でベストを更新した選手はいなかったようですね。。。(5月に入って5000mでベストを出した選手は出て来ています。)市田兄弟がいて1万mの持ちタイムが22位というのがびっくりなのですが、30分きりが10人いますが、5人が29分50秒台という状況ではしょうがないかな・・・鈴木が30分13秒でベストを更新するなど、3年生に元気がない分、4年生に次ぐ戦力となる2年生が頑張りどころかな?もちろん、3年生も特に来年度のことを考えるともっと選手が出て来て欲しいところなのですが。。。

 


PAGE TOP