中央学院大学 ~2014年度戦力分析~ 潰滝、及川、塩谷の28分台トリオが鍵!

2014年4月28日

続いては、中央学院大学の2~4年生について見ていきます。2013年度は3大駅伝にフル出場し、特に出雲では一時3位になるなど見せ場を作りました。箱根ではシードも狙える戦力だったと思うのですが、イマイチ噛み合わなかった印象ですね。。。特に主要区間が奮わず、連続シードは叶いませんでした。今年度も核となる選手はいますので、得意の育成力でまたシード返り咲き&さらなるチーム力アップを目指してほしいと思います。そんな中央学院大学の持ちタイムは以下のようになっています。

 

 

 

 

4年生・・・まず中心となるのは5000m13分50秒とチーム最速のタイムを持ち、1万mも先日28分台に突入、ハーフも63分24秒、箱根5区を任された及川ということになるでしょう。昨年度大きく成長し、チームの主力となってきました。箱根予選はもちろん、トラックシーズンでもそのスピードを見せつけてほしいと思います。続くのは箱根で2年連続10区を走り、6位、7位と安定した結果を残している山田ですかね。昨年度は怪我に苦しみ、何とか箱根に合わせてきた状態でしたがそれでも区間一桁で走るのは力がありますね。他には、箱根は2年連続7区を任されている木部、全日本に出場している松下、怪我から復活出来れば、ハーフ63分31秒を持つ芝山といった選手がいます。芝山は2年目から元気に走っている姿を見せられていないだけに、復活は厳しいかもしれませんが期待したいですね。。。5人とも3大駅伝を経験しているというのは強みですし、最終学年でもしっかりと走って欲しいです。

 

 

3年生・・・すでにチームのダブルエースと呼んでもいい潰滝と塩谷がこの学年を、チームを引っ張っていきます。潰滝は1万m28分38秒のスピードを持ち、箱根も2年連続1区をまずまずの走りを見せています。スターターとして結果を残してはいますが、今の中央学院の戦力を考えると、さらなる主要区間を担っていって欲しい選手ですね。塩谷は1年時は駅伝で奮わなかったものの、2年生になると1万m28分台、ハーフ62分台のスピード・スタミナをきっちりと発揮出来るようになり、全日本、箱根ともに3区4位と好走を見せています。塩谷に安定感が出て来たのはチームにとっても大きいですね。この二人が抜けている分、3番手以降が出て来ていないのが心配です。3大駅伝はおろか予選会経験者もいませんからねえ。ハーフ64分台や1万m29分50秒以内もいないというちょっと差をつけられている状態です。強いて言えば、李や小川あたりが中堅どころの戦力となって来て欲しいところかなあ。。。ちょっと選手層が薄い中央学院なだけに、ダブルエース以外の3年生の成長が大事になってきそうです。

 

 

2年生・・・全日本、箱根ともにルーキーながら出場した村上がこの学年の中心ですね。しかし、いずれも15位以下と苦しい走りとなっています。ハーフ66分台というタイムを見ても、まだスタミナ不足のように感じますので、これからしっかりとスタミナをつけていって駅伝でもしっかりと走れる選手になっていって欲しいです。また、楽しみなのが箱絵6区12位で走った海老澤 剛、1万m30分43秒の選手ですが、高校時代から駅伝を堅実に走っている印象です。箱根6区以外でも戦力となってきて欲しいですね。他には、1万mの持ちタイムだと蘆田が29分21秒でこの学年トップですが、まだまだ安定感に欠けており、ちょっと戦力に成りきれていない印象かなあ。むしろ、ハーフ64分台に載せてきた久保田あたりの方が長い距離では楽しみかも。。。記録会に積極的に出て来ている学年ではあるのですが、まだなかなか結果を残せていないのが現状ですねえ。3大駅伝にエントリーされている2年生はかなりいるので、ただエントリーされるだけではなく、駅伝メンバーとしてチームに貢献していってほしいと思います。

 

 

3大駅伝の出場権は確保しておらず、まずは全日本予選ということになりますね。潰滝、塩谷、及川の3人は3組以降でも上位で走ってくれそうなので、1,2組をきっちり走るのはもちろん、3組を走る3本柱以外の選手が予選突破の鍵を握ってきそうですねえ。昨年度はブレーキがあったりもして、意外と苦戦しての予選突破でしたからね。今年度は1組からいい位置をキープして予選突破を果たしたいところです。箱根予選は突破自体は問題無いでしょう。稼ぐ選手はいますし、堅実に走ってくれる選手もいます。後は、やや選手層が薄い分、10番手前後の選手がどんな走りをしてくれるかが大事になってきますね。卒業生の影響は比較的大きいとは思いますが、また新しい選手が主力として出て来て欲しいです。

 


PAGE TOP