明治大学 ~2013年度4年生特集~

続いては、明治大学の4年生を取り上げます。北、石間、北野、廣瀬、高城の5人となります。下級生の頃から活躍していたのは北ですが、上級生になるに連れて存在感を失っていったような・・・その一方で廣瀬は箱根6区で存在感を出すように。。。一学年下にエース級がごっそりといましたからね。ちょっとやりにくかったかもしれません。それでは、1人ずつ見ていきたいと思います。

 

大学名 順位 名前 学年 出身高校 5千ベスト 1万ベスト ハーフベスト
明治大学 明治大学 1位 北 魁道 4年 世羅 13:59.64 28:42.92 01:03:51
明治大学 明治大学 2位 石間 涼 4年 浜松日体 14:05.25 29:11.51 01:03:36
明治大学 明治大学 3位 北野 大裕 4年 須磨学園 14:12.56 29:21.26 01:08:08
明治大学 明治大学 4位 廣瀨 大貴 4年 洛南 13:50.00 29:54.45 01:03:44
明治大学 明治大学 5位 高城 孔 4年 大牟田 14:18.63 29:56.60 01:04:19

 

北 魁道・・・世羅高校時代は1区を上位で走り、チームの優勝に貢献しました。大学に入っても、1年生で5000m13分59秒、1万m28分42秒、ハーフ63分51秒とルーキーらしからぬ好タイムを連発しました。しかし、まさかこのタイムがいずれも大学ベストになってしまうとは思いませんでしたね。。。3大駅伝全てに出場し、出雲5区6位、全日本3区6位、箱根4区11位という結果を残していますが、いずれもちょっと物足りない印象だったかなあ・・・2年生では、箱根のみの出場でしたが、7区4位で走りましたが、大学駅伝で好走と言えるのはこれだけだったかなあ・・・3年生では全日本を3区8位、箱根は10区17位と1,2年と比べても順位を落としてしまう結果に・・・特に箱根は大ブレーキとなってしまっただけに、そのリベンジを最終学年に期待したいところでしたが、結局3大駅伝を走ることは出来いませんでした・・・下級生に比べて、上級生で活躍出来なかったのが残念でしたね。。。

 

石間 涼・・・どちらかといえば目立った存在ではなかったですが、1年生で1万m29分23秒という好タイムを出し、全日本を走って、6区10位という結果を残しています。2年生では、5000mで14分5秒と大学ベストを記録、箱根は急遽3区を任されて区間15位で走っています。しかし、その後はエントリーはされても、なかなかあ走る機会に恵まれず、最後の箱根でようやくそのチャンスが巡ってきました。しかし、結果はまさかの10区22位に沈み、順位も5→6位に落としてしまうという、苦い結果となってしまいました。3年生でハーフも63分36秒、4年生で1万m29分11秒と着実にベストは更新してきたのですが、ちょっと駅伝では力を発揮出来なかったですねえ。。。

 

北野 大裕・・・1年生で5000m14分12秒という好タイムを出したものの、3大駅伝の出番は回ってこず・・・それでも、4年生で1万m29分21秒の大学ベスト、29分24秒のセカンドベストを出しています。ここで、ハーフで結果を出せば箱根もわずかながら可能性が残るのかと思いましたが、68分オーバーで万事休すでした。。。それでも、4年生で1万mベストを大きく更新し、チームトップ10にまで食い込んできたのは素晴らしかったと思います。

 

廣瀨 大貴・・・1年生から箱根で6区を任されますが、区間17位とブレーキとなってしまいました。しかし、2年生では3大駅伝フル出場を果たし、出雲4区8位、全日本6区7位とまずまずの結果を残すと、箱根では2年連続6区を任され区間8位と一気に山下りのスペシャリストとしての期待が高まることに・・・学生ハーフでも63分44秒と好タイムを出し、3年生では5000m13分53秒の好タイムを出し、1万m29分54秒は大学ベストとなります。3年生では箱根のみの出場となりましたが、6区2位、タイムも区間記録に8秒と迫る好タイムをマークしました。4年生では、5000mで13分50秒の大学ベストを記録し、出雲でも1区を任されますが、結果は12位と明治の出雲1区で出遅れる負の連鎖を断ち切ることは出来ませんでした。それでも、全日本で6区4位と好走すると、最後かつ4年連続となった箱根6区では、区間記録に5秒と迫る素晴らしい走りで初の区間賞を獲得、有終の美を飾りました。箱根6区を4年連続で走り、4年連続でタイム、順位を更新したというのが素晴らしいですよね。貴重な戦力として、明治の山を支えてくれました。

 

 

高城 孔・・・1年生で5000m14分18秒を記録し、それが大学ベストとなりました。2年生では、ハーフ64分19秒を記録し、チームトップ10にも入っていたのですが、1万mのベストも3年生で記録した29分56秒止まり、ハーフベストも更新することが出来ず、スピードのある選手が揃う明治の中で、3大駅伝出場を果たすことは出来ませんでした。

 

うーん、やはり現3年生が大六野、有村、八木沢、文元、松井などなど選手が揃っていた分、やや出番が少なかった印象ですねえ。最後の箱根も走ったのは廣瀬、石間だけですからねえ。。。来年度は即戦力ルーキーは期待できなそうですが、現2,3年生だけで出雲が戦えるほど選手は揃っていますし、優勝を狙うのであれば来年度しか無いでしょう!!箱根となると5,6区で実績のある選手がいないのが気になるところですが、勝負の年で3大駅伝久しぶりの優勝を見せて欲しいです!

 


PAGE TOP