國學院大学 ~2013年度4年生特集~

続いては國學院の4年生を取り上げます。寺田、柿沼、小原、牛山の4人と意外と少ないですね。1人ずつ見ていきたいと思います。

 

寺田 夏生・・・言わずと知れた國學院のエースであり、1年生の時に10区の最後で道を間違えたエピソードはあまりにも有名です。自分もTVで見ていて呆然としてしまいました。シード圏内に戻れたから良かったものの、あれでシード落ちしていたら一体どうなっていたことやら・・・10区11位という走りでしたが、タイム以上に価値のあるシード獲得でした。2年生になると、箱根は5区を任され、区間5位と好走、チームの2年連続のシード権獲得に大きく貢献しました。すでに2年時からエース格となっていましたよねー。3年生では、1万m28分台、ハーフも62分台を出すなど確実に成長を遂げる一方、寺田に次ぐ選手がやや奮わずにちょっとチームバランスとしてはよく無かったかなあ・・・また、箱根では2区を任されて15位、1区で出遅れたとはいえ寺田にとって唯一といっていい3大駅伝での凡走でした。4年生では、下級生の頃に比べるとやや不安定になってきたようにも思えたのですが、箱根予選会ではチームトップ、総合でも13位の走りを見せると、箱根では2年連続で2区を任されて区間7位と、大事な2レースではきっちりと結果を出すところがさすがですね。ひょんなことから有名になった選手ですが、就職先であるJR東日本ではその走りで名を轟かせてほしいと思います。

 

柿沼 昂太・・・下級生の頃は目立った成績はありませんが、3年生で大きくブレイクした選手です。1万mで29分30秒きり、ハーフでも64分半切りを果たすと、箱根でも重用区間である3区を任されて14位という成績を残しています。4年生になるとさらに成長し、1万mで29分13秒までタイムを伸ばし、箱根予選会でも寺田に次ぐチーム2位、全体で26位という好走を見せました。しかし、満を持して任された箱根1区では、ハイペースについていけずに区間18位に沈んでしまったのは残念でしたねえ。それでも、寺田以外目立たなかった学年で、学年が上がるに連れて大きく成長してくれた選手だと思います。

 

小原 大輔・・・残念ながら3大駅伝、箱根予選会への出場はありませんでしたが、1万m29分48秒のタイムを4年生でマークしています。4年時に複数回30分きりを果たしており、予選会出場もあるかなあと思っていたのですが・・・ハーフは65分52秒とちょっと伸びなかったですねえ。20kmも62分49秒ですし、長い距離でもう少し結果を出せていればといったところでしょうか。

 

牛山 雄平・・・3年生の時に出雲で3大駅伝デビューを果たし、5区11位という結果を残しています。その後箱根を走れなかったことを考えると、まだ距離に不安があったというところでしょうか?それでも、4年生では箱根予選で全体68位、チームでも5番目で走る好走を見せ、1万mも30分をきって自己ベストを更新するなど着実な成長を見せ、箱根が近づいてきました。最初で最後の箱根では4区を任され、区間17位という結果を残しています。箱根予選の結果を見れば、箱根ももう少し走れても良かった気がしますが、チームも下位に沈んでいた状況ではやはり厳しかったですかねえ。

 

下級生の頃は寺田以外の選手がなかなか出てきませんでしたが、最後の箱根には4年生が3人出場しており、特に柿沼の成長が光りますね。寺田もエース格として順調に成長していったのが頼もしかったです。寺田に5区を任せられるようなエースが出てきてくれれば、もっとチーム力も上がっていたとは思うのですが・・・下級生にも力のある選手は残りますが、やはり箱根予選チーム1,2位、箱根1,2区が抜ける穴は大きいですね。チーム力の底上げとともに、寺田の後を継ぐエースの誕生が待たれるところです!

 


PAGE TOP