2013年出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~東洋大学~

2014年3月8日

東洋大学も出雲のエントリーが発表されましたので、戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。エントリーメンバーについてですが、1万mではチーム6番手の今井、7番手の高久がエントリー漏れしております。特に前年度5区で区間新・区間賞を出した高久が漏れたのは痛かったのでは?5000mでは今井がチーム3番手に入っております。まずまず、ベストメンバーに近い形でエントリー出来たのではないでしょうか?

 

ともに27分台を持つ最強双子の設楽兄弟、昨年の全日本3区で2位と好走し、今年の全カレでも入賞した延藤、28分台、ハーフ2分台を持ち、昨年度はアンカーを任された大津、1500mを得意としながらも、5000mで14分4秒まで最近伸ばしてきた齋藤、駅伝を3回走って3回区間賞、3大駅伝でまだ負けたことのない田口、箱根では急遽4区を任され、区間二桁の走りとなってしまったものの、今年に入って5000m、1万mでともにベストを更新している淀川、28分22秒までタイムを伸ばし、昨年は3大駅伝全てでルーキーながら主要区間を任された服部勇馬、昨年度の都大路では1区2位と好走し、優勝の立役者となった服部弾馬、今年に入って走るたびに自己ベストを更新し、勢いのある口町の10人となります。そんな東洋の区間配置予想は以下のとおりです。

 

田口-弾馬-勇馬-悠太-延藤-啓太

 

区間配置予想を説明する前に、東洋の2003~2012年の出雲の区間ごとの平均順位を見てください。

 

1区 2区 3区 4区 5区 6区
6.7 6.7 5.8 5.0 5.6 8.3

 

東洋は6区アンカーを苦手としています。どの大学もエース級をもってくる区間であり、絶対的なエースがあまりおらず、いたとしても1区を走らせることが多い(柏原は3回とも1区)東洋は、6区の平均順位がダントツで悪いです。過去10年で6区の最高順位は5位、4位以内に入ったことは一度もありません。となると、今の東洋には他大のエースに全く引けをとらないダブルエースがおり、やはり設楽兄弟のどちらかを6区に配置したい。怪我の影響もあり、ここ数ヶ月いい走りを見せていない悠太よりは、全カレで好走している啓太を6区が妥当かなと思います。

 

1区は全日本・箱根と1区で区間賞の田口で・・・本人は1区は乗り気ではないという話もありますが、やはり信頼度は設楽兄弟につぐでしょう。4連続区間賞の走りを期待したいところです。3区は、悠太がどこまで万全かわからないため、それならば昨年も3区を走り2位と好走した勇馬に任せたいかなと。去年よりも今年は成長していますし、去年以上の走りが期待出来そうです。期待のルーキー弾馬を最短区間の2区にしてみました。兄弟のタスキリレーを見てみたいというのもありますし、監督が意図的にすることもあるかと思いまして・・・先日も14分前後で5000mを走っていますし、このくらいの距離ならば強いでしょう。

 

4区は昨年も走っている悠太を・・・万全であれば1,3,6区の起用が濃厚だと思いますが、昨年も4区を走っているのも考慮しております。ここで他大と一気に差をつけたいなあと・・・5区は全カレで好走した延藤にしました。あの走りを見せられては、出雲から使わないわけにはいかないのではないかなあと。昨年の高久に負けない走りを見せてくれたらと思います。

 

うーん、見れば見るほど穴のない布陣ですね。去年は1区で出遅れたのが痛かったですが、今年は1区さえ無難に凌げれば、2度目の優勝が十分に見えてくると思います。今年は3冠を狙うと各選手・監督も言っていますし、狙えるだけの戦力が揃っていると思います。しかし、それでも何が起きるか分からないのが出雲です。柏原がいないチームでも、3大駅伝で優勝出来るというのを見せて欲しいです!

 


PAGE TOP