2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~山梨学院大学~

2014年3月8日

惜しくも箱根駅伝ではシードを逃したものの、その後は自己ベストを更新する選手も多く、全日本予選も1位で通過を決めた山梨学院大学について・・・選手一覧はこのようになっております。トラックシーズンで結果を出す選手が多く、徐々に戦力が整ってきた山梨学院大学ですが、エースのオムワンバはやはり別格でした。1万mも28分15秒まで伸ばしてくると、関東インカレでは1500m,5000m,1万mの三冠を達成、全日本予選でも最終組でトップになるなど、まさに留学生を含めても敵なしの状態になっています。3大駅伝では、順調であれば出雲6区、全日本8区、箱根2区を任されることでしょう。全日本インカレに欠場したのはやや気がかりですが、今年は去年以上の活躍が期待されます。

 

日本人エースの井上は、なかなか届かなかった5000m13分台、1万m28分台をそろって達成、持ちタイムを伸ばしてきました。関東インカレハーフでも5位入賞を果たすなど、長い距離、ロードだとその強さがまた際立ちます。全日本予選でも最終組で3位に入りましたし、他大のエースにも引けをとらない成績を残しています。全日本インカレでは安定感が売りの井上にしては珍しく奮いませんでしたが、3大駅伝ではオムワンバとともにチームを引っ張っていって欲しいです。

 

上記2人の活躍は想定されていましたが、想像以上の活躍をしたのがルーキーの佐藤孝哉、日体大記録会で1万m29分9秒を出してその力を見せつけると、全日本予選でも3組を走って10位と結果を出し、全日本インカレでも29分5秒と自己ベストを更新する素晴らしい走りで10位となりました。この成績を見ると、オムワンバ、井上につぐ3番手と言ってもいいのではないでしょうか?駅伝でもこの力が発揮できるようですと、エースが強い山梨学院大学に頼もしい選手が加わります。

 

全日本では、上にあげた3人で1,2,8区を任せられると安心ですね。佐藤と井上で1or2区、オムワンバ8区が基本線かなあ?また、留年してまで箱根にこだわった森井も万全ならば4区を任せたいところかなあ?他にも、全日本予選で好走した阿部、上村、前田がいますし、短い距離なら田代もスピードがありますし、復活していれば小櫃も面白い存在です。エースと選手が揃っているだけに、案外上位に食い込んでくるかも・・・6位以内のシード権を狙いたいところですね。

 

箱根予選は通過はもちろん、トップ通過も狙える戦力が揃っています。オムワンバは全体トップの最有力ですし、井上も日本人トップも狙える選手です。ハーフでは、先ほどあげた選手以外にも、箱根10区を好走した福沢がいますし、3000m障害が得意な兼子も63分台を持っています。まずはいい形で予選を突破し、本戦ではシードも十分に狙えるでしょう。後は怪我だけに気をつけたいですねー。。。そうすれば、必然的に結果もついてくると思います。

 


PAGE TOP