2013年世界陸上~男子5000m,女子1万m、女子マラソン~

2014年3月8日

相変わらず、世界陸上では長距離の扱いはひどいですが、男子1万m以外の感想についても・・・

 

女子マラソンでは、福士が3位で見事銅メダルを獲得しました。序盤から先頭集団におり、途中で遅れてしまった時にはメダルは厳しいかなと思いましたが、過去に何度も失敗している30km以降も、厳しいコンディションの中大きく落ち込むことなく走りきり、逆に落ちてきたエチオピアの選手を抜き去っての銅メダルでした。実況が他国の選手の棄権を喜ぶような発言をしていたのは正直不快でしたが、福士のトラックに入ってきたからの笑顔は、それまでの苦労が報われた気がして、見ている方も笑顔になってしまいました。

 

体調不良などもあり、一時は出場さえ危ぶまれたそうですが、よくぞここまで戻してきましたねー。トラックでは長らく第一人者でしたが、これでマラソンでも日本女子トップクラスといっていいのではないでしょうか?今後も長く活躍して欲しいと思います。銅メダル獲得、本当におめでとうございます!!!

 

福士についで4位となったのは木崎、爆発力やスピードは福士ほどありませんが、ここ最近は高レベルで安定したレースをしています。今回も序盤でやや遅れたものの、集団に追いつくなどしぶといレースを見せ、どんどん順位をあげて最終的には4位まで上がって来ました。最後まで諦めない木崎のレースに臨む姿も素晴らしかったと思います。

 

野口みずきは残念ながら途中棄権となってしまいました。アテネ五輪で金メダルをとって以降、怪我で北京五輪を欠場するなど、ずっと怪我との戦いを続けてきてようやく掴んだ世界の舞台だっただけに非常に残念です。しかし、3人に1人が棄権するという非常に過酷な条件でしたからね。。。軽い熱中症にかかってしまったということで、仕方のないことだと思います。年齢的にも進退が気になる所ではありますが、まだまだ野口の走りを見ていたいですねえ。。。

 

福士がマラソンに本格参戦したことで、トラックの第一人者は新谷で間違いないでしょう。日本選手権では1万mで全員周回遅れという離れ業をやってのけました。世界陸上でも世界の強豪に臆することなく先頭を引っ張り、ハイペースを演出しました。その結果、力の無い選手はどんどん振り落とされ、ケニア×2、エチオピア×2、新谷というすごいメンバーに・・・

 

ラスト1000mからのアフリカン勢のラストスパートはものすごいですね。アフリカンのラスト1000mvs1000m勝負だったとしても、日本人女子で太刀打ちできたのか?と思わせるほどのペースアップでした。それでも、世界陸上という大舞台でずっと先頭を引っ張って自己ベストで5位入賞を果たしてしまうのですが、すごいの一言に尽きます。本人は全く納得いっていないようですが・・・アフリカンの壁は非常に高いですが、是非とも挑んでいって欲しいと思います。

 

男子5000mでは1万mで棄権した佐藤悠基が出場してきました。本人も語っていたとおり、1万mを棄権して5000m出場することはまずあり得ないのですが・・・足首に痛みを抱えており、1万mは痛み止めを打っての出場ということでギリギリの戦いだったようですね。それでも、5000mで13分37秒で走ってしまうのですから、その高い能力が伺えます。万全な状態での悠基の走りを見たかっただけに残念です。。。日本トップの選手であることは間違いないでしょうし、日本記録の更新とともに世界での快走も見てみたいです。

 


PAGE TOP