関東インカレ2013展望 ~2部前半~

2014年3月15日

続いては2部の前半に行われる種目である1500m、1万m、3000m障害について、展望を述べていきます。関東インカレ2013のエントリーはこのようになっております。

 

1500mについて・・・1,2年時に1500mを連覇した駒澤の油布、去年の覇者である農大の戸田がやはり優勝候補ですねー。ともにスピード、ラストスパートに自信を持っております。持ちタイムは油布が3分42秒、戸田が3分46秒とユフが上ですが、ここ最近の調子だと、故障明けの油布に対し、5千m、1万mで13分台、28分台の自己ベストを出した戸田のほうが良さそうです。他に優勝争いをしそうな選手は正直いなさそうかなあ・・・流経大の梅木や帝京の熊崎が持ちタイムでいえば上位ですねー。熊崎といえば、箱根10区での早稲田とのラスト勝負、あのチラ見で話題になった選手です。元々短い距離に強く、ラストスパートの強さも箱根で見せてくれたので、楽しみです。

 

3000m障害について・・・先日、8分台を出した染谷、宮下、山内の3人がそのままエントリーしてきた駒澤、特に染谷は走力も年々アップしており、中央学院の潰滝、上武の佐藤がいないだけに優勝のチャンスもありそうです。その染谷に去年勝ったのが、前回2位となった農大の佐野です。8分台の持ちタイムを持ち、今年は優勝のチャンスもありそうです。もう一人優勝を争いそうなのが大東大の市田宏、元々高校時代から3障は強かったですが、そこから大幅に走力アップした今、実績はNo1でしょう。しかし、本音をいえば潰滝と佐藤の戦いが見たかったなあ。。。

 

1万mについて・・・やや精彩を欠いた走りをしているとはいえ、27分台を持つダンカン、28分10秒を持つ東国大のゲブラシラシェが優勝の有力候補ですかねー。そんな留学生に挑む一番手は先日28分5秒の好記録をGGNで叩きだした駒澤の中村かな?走力だけで考えればもちろん駒澤の窪田なのですが、同じくGGNでやっと怪我から復帰し、28分台で走るのがやっとの状態では厳しいかなあと。。。

 

その他、上位入賞候補としては、帝京のエースで前回5位の蛯名、もはや中央学院のエースと呼んでいい潰滝、これまた成長著しい上武の山岸あたりかなあ?2部とはいえ、各大学のエースクラスがそろい、28分台も20人近くいるんですよねー・・・本当に28分台ランナーが多くなりました。データ好きとしては、どんどん記録を更新してくれるのが嬉しいですねー。

 


PAGE TOP