2013年 新年度平均持ちタイム~1万m~

2014年3月21日

続いては、新年度の1万mの平均持ちタイムについてです~ハーフは先日の学生ハーフの際に触れたので今回は取り上げません~平均持ちタイムはこのようになっております。

 

1位は5000mに続き駒澤、4年生が抜けてもなお28分台を維持しているのはすごいです。油布、窪田、村山、中村の4人で稼いでいますが、5番手以降の底上げが必須ですね。

 

2位は東洋、惜しくも28分台とはいきませんでしたが、すぐに突破してくることでしょう。新3年生以下から平均PBを押し上げる選手がどんどん出てくると、再来年度以降も優勝争いするチームを維持していけそうです。

 

3位は明治、順番は違えど、5000mとトップ3は一緒ですね。持ちタイムだけで考えると、出雲・全日本はこの3校が有力ということになるのかな?明治は5000mの持ちタイムの割に1万mが悪い選手が多いため、上位3校では一番上昇の余地がありそうかな?

 

4位は帝京、4年卒業による影響が軽微なこともあり、ここまで順位が上がって来ました。ほんの2年前には、4年生卒業により29分台が1人しかいない、予選会も厳しいのでは?なんて言われた時もありましたが、もう走れば自己ベストという感じで当たり前のように平均持ちタイムを伸ばして来ました。その集大成ともいえる来年度、どこまでいけるか??

 

5位は日体大、3本柱が健在なこともあり、平均持ちタイムでは上位を維持しております。箱根王者としては、もう少し持ちタイムも上げていって欲しいとかなあ。今年の勢いが続くようであれば、まだまだ持ちタイムは上昇していきそうです。

 

6、7位は早稲田、中央、早稲田はやはり4年生卒業の影響が大きく、6位まで下げてしまいました。しかし、ハーフの持ちタイムからすれば、1万mはまだまだ記録を出せるはずという選手が多く、今年こぞって記録会に出てくるようですと、大幅なアップも見込めそうです。中央も8区幻の区間賞の永井が30分台などまだまだ上がる余地は大きいはず・・・まずは記録を出して自信をつけたいところかな?

 

8,9,10位は専修・日大・東農・・・いずれも予選会下位校 or 予選落ちという大学が上位にランキングされてきました。1万mの平均を見る限り、シード権を狙えてもおかしくないはずなのですが・・・専修は先日紹介したばかりなので省略します。日大は1万mの記録よりもハーフの記録があまりにも悪すぎるのが心配ですね。長い距離に対応していってほしい。東農は持ちタイムは悪くないだけに、後はいかにして予選会・本戦とピークを合わせられるかですね。もちろん、戦力の底上げも必須ですが。。。

 

11,12,13位は順天堂、中央学院、大東文化・・・順天堂は1万mだけはまずまずですが、5000m,ハーフが悪すぎます。特にハーフは4年生卒業の影響が大きすぎますからね。はこねを考えると1万mよりも長い距離への対応が大事かな…持ちタイムがいつもよくない中央学院としては、まずまずの順位かな?5000mは今後もやる気を出さないと思うので、1万m以上でコツコツ記録をのばしていってほしい。大東文化はどの距離でもこのくらいの順位な印象が・・・安定しているといえばしているのですが、シード権を狙うためには、もうワンランク上の安定した力が欲しいかな・・・

 

14、15,16位は山梨、青学、城西・・・山梨は比較的1万mは記録会に出ており、10番手も29分台なのですが、29分40以降が多すぎるんですよねー。ここらへんの選手の底上げが大事になりそう。青学は5000やハーフに比べて何故か1万mの記録会にあまり出ない珍しい大学、エースの久保田も記録を持っていないですし…分析好きの私としては、もちっと出て欲しいですねえ。城西は年々持ちタイムが下がってきてしまっている感じが。30分台の選手が複数人トップ10に入ってきていますし、やはり立て直しには中堅層の底上げが必須かな。

 

17,18,19位は國學院、東海、法政・・・國學院は記録会に力を入れていない大学の一つなので、あまり参考にならないですね。エース以外の選手ももっと出てきて欲しいのですが・・・東海は村澤、早川の2大エース卒業の影響がもろに・・・次のエースが誰になるのかも注目ですねー。エース候補は元村、中川あたりかな?法政は箱根の活躍以降、まだ1万m出場の機会も無いですし、しょうがないかな?箱根、ハーフの活躍を見る限り、トラックシーズンにどんどん記録を伸ばしていきそう。個人的には西池に高校ベストを更新して欲しいと思っております。

 

20,21位は上武、神奈川・・・上武は3部門とも下位に低迷していますね。データを見ればみるほど予選会が心配になってくるけれど、本当に大丈夫かな???神奈川は29分30以内がいないという寂しい結果に・・・全日本予選突破が本当にびっくりです。我那覇、西山を始め、伸びしろは非常にあるでしょうから、どんどん記録を伸ばしていってほしい。

 

1万mも力を入れる大学とそうではない大学が分かれますが、5000mよりはやはり駅伝と相関関係があるようですね。日体大記録会やホクレンなど好条件の記録会に参加している大学が上位にきやすいというもありますが・・・トラックシーズンでどれだけ持ちタイムが更新されるか、楽しみにしながらデータも更新してきます~

 

話は変わりますが、駅伝のゲームをいつか作りたいなあと思っております。まあ、自分がやってみたいだけなのですが・・・とはいっても、自分一人で遊んでもさすがにつまらないので、一応こんなのをイメージしてますよーというのが駅伝ゲーム(デモ)になります。まだまだ作り始めたばかりですが、なんとなくイメージは掴めるのではないかな?と。。。もしよろしければ、デモを触ってみての感想や要望・気になる点を掲示板 or コメントに返信していただけると嬉しいです。

 

 


PAGE TOP