89回箱根駅伝結果 法政大学

2014年3月9日

 続いては前回不出場、予選会8位通過の法政大学について・・・箱根結果はこのようになっております。正直、シード権からは最も遠いのがこの法政大学だと思っていたのですが、5区での好走、他の区間も粘りの走りで見事シード権獲得となりました。私の予想と最も順位差があったのがこの法政大学でした。ではレースを振り返ってみたいと思います。

 1区西池が区間3位といい出だしを見せましたが彼の力を考えればこれは想定通りかな。高校時代、世代トップだった男がようやく故障から戻ってきました。さらなる成長を期待したいです。2区篠原は区間17位…チームでは主力の一人ですが、やはり2区では厳しいですね。13人に抜かれてしまいました。。。3区を走った田井は区間13位とまずまずの走りでした。

 主力を3人投入して総合16位とやはり厳しいかな?と思ったのですが、ここから法政の巻き返しが始まります。4区黒山が監督もびっくりの区間3位で勢いをつけると、圧巻は5区を走った関口。ちょっと特徴的な走りではありましたが、あれよあれよと順位をあげ、区間2位の素晴らしい走りで13位⇒5位まで順位をあげました。往路5位を予想した人はほとんどいなかったのでは・・・?これでシード権に希望が見えてきました。

 6区品田が59分半の区間8位の好走で総合5位を維持します。この4~6区の好走が大きかったですね。ここからはただただ耐えるレースとなります。7区大森が区間14位で総合7位まで順位を落とすも、8区藤井は区間12位で何とか順位をキープ、9区松田は区間14位で総合9位まで順位を落としますがまだシード圏内。。。10区を走った高梨も区間16位ながら何とか順位をキープし、総合9位で見事シード権獲得となりました。

 優勝した日体大といい、シードを確保した法政といい、5区の重要さは柏原がいなくなった後も変わらないみたいですね。。。2区篠原、6区品田、7区大森が卒業しますが、エース西池、5区で好走した関口はまだ2年ですし、最近試合に出れていない主力の田子もいます。新入生で即戦力は期待出来なそうですが、来年も勝負出来そうか?今年がフロックではないことを証明したいところです。


PAGE TOP