89回箱根駅伝結果 日本体育大学

2014年3月9日

 続いては前回19位、予選1位の日体大について・・・日体大の箱根結果はこのようになっております。1区勝亦はスターターとして全日本、箱根ともにいい位置でつなぎました。他大の1区と比較するとやや力不足かと思いましたが、トップと35秒差、7位でまとめました。2区本田も他大のエースと比較し苦しいかと思いきや、上手く藤井や窪田を風よけにしながらレースを進め、最後はオムワンバを突き放して区間4位と素晴らしい走りでした。3区のルーキー山中も向かい風が激しい中、区間6位でまとめたのも大きかった。1,3区とルーキーが頑張りました。

 そして、最大の懸念事項では?と思われていた福士から当日変更で変わった木村が佐々木を突き放して区間5位、この走りが本当に大きかったです!非常にいい位置で服部につなぐことが出来た。そして圧巻の走りをしたのはMVPも獲得した5区服部、いいペースで走ってはいたものの、山本に追いつかれたときにはあれ?と思ったのですが、山本ともに定方を突き放した後は、山本も引き離し、その後は一人旅、下りに入ってからもしっかりと走り抜け、区間2位に2分近い大差をつけての往路優勝となりました。

 正直復路は東洋の方が強いのでは?と思っていたのですが、往路と同じくらいの差を復路でもつけてしまうのですから恐れ入りました。6区の鈴木は区間7位ながら東洋との差をほとんど詰めさせませんでした。ここで一気に差を縮めたかった東洋はこれで焦ったかな?7区高田は区間2位で走り、きっちり東洋との差を広げます。ここから最終区までずっと区間2位で走り続けるわけですから、追う方としてはどうしようもありません。

 8区高柳も区間2位、東洋の大津を一気に突き放してここで完全に勝負ありでした。9区に3大エースの矢野をおける選手層の厚さも見事です。きっちりと走る盤石のレース。最後は2年前に寺田の道間違いで8位となった谷永がしっかりと走り、優勝のゴールテープを切りました。3年生に比べてなかなか目立たなかった4年生が最後の最後できっちりと仕事をしてくれました。去年19位から見事な総合優勝でした。

 4年生は復路を走った高田、高柳、谷永に福士が抜けますが、往路全員と6,9区が残るわけですから依然として優勝候補の位置を守ることでしょう。新入生は正直他大の有力校と比べると物足りないのですが、この優勝でまた選手が入ってくるようになるのでは??来年も楽しみです。

 丸亀ハーフ、神奈川ハーフの結果を各選手の持ちタイムに反映しました。また、一部選手情報も追加しましたので、よろしければ見てみてください♪各大学の3年生以下(新入生含む)で持ちタイム上位10人は登録しておきたいと思います。そうすれば、各大学の戦力比較の参考にできますからねえ。。。新入生も入学次第、徐々に追加していきたいと思います。


PAGE TOP