89回箱根駅伝 城西大学 区間配置予想

2014年4月23日

 前回の箱根で過去最高位の6位となった城西大学について・・・16人エントリー過去6年はこのようになっております。前回は9区が悪かったものの、それ以外は1区5位を始め、順調にタスキをつなげていました。今年は前回以上の5位以内を目指すということですが、2,5,10区と23km区間を走った選手が3人卒業してしまったため、やや層の厚さに不安が残るところです。また、全日本では予選落ち、出雲も9位とやや不満の残る結果に…そんな状況の中、区間配置予想は以下のとおりです。

 山口(3)-村山(2)-中原(4)-松岡(4)-濱本(4)
 山本(1)-石橋(4)-松村(2)-平田(3)-吉元(3)

 1区はキャプテンの山口、1年の時は出雲・全日本と1区を経験していますし、28分台の持ちタイムと走力もあるので、とにかく出遅れは防ぎたいところです。2区は村山、もはや城西のエースと呼んでいいでしょう。5千の持ちタイムは兄を上回り、今年は去年よりもさらに成長しています。他大のエース相手にも十分と渡り合えるでしょう。

 3区は前回同様中原、前回はギリギリ箱根に合わせてきた形でしたので、今年は去年以上の走りを期待したいです。4区は松岡、2年前の全日本以降故障で駅伝出場はありませんでしたが、最後の箱根は走ってくるのではないかと、距離が短い区間でなら・・・と思いました。5区は本人も希望しているという濱本、過去3年、田村がしっかりと走っていたことが2度のシードにつながっていることは間違いありません。走力にはやや不安がありますが、前回は8区ですし上り適性があることを信じて・・・

 6区は前回区間4位の平田・・・といきたいところですが、前回より層が薄いチームにおいて、出雲でアンカーを任されている選手を6区に起用する余裕は今の城西には無いと思います。よって、1年の山本にしてみました。全日本予選・出雲はいずれも失速してしまいましたが、スピードはありますし、上尾ハーフでも何とかまとめてはいましたので、6区でそのスピードを生かしてもらえれば。7区は石橋、前回は区間12位でしたが、今年は前回の経験を活かし、区間一桁の走りは期待したいです。

 8区は松村、村山とともにスーパールーキーとして期待されていましたが、故障などもあってかまだ駅伝デビュー出来ていません。先日の記録会では復活した走りを見せていましたし、無難にデビューしてくれれば。9区に平田をおきました。シード争いにせよ、さらに上位争いをしている場合にせよ、ここに平田がいればチームとしても心強いのではないでしょうか?下り基調の区間というのも、6区で好走した平田を活かせる区間ではないかなと判断しました。10区は吉元、前回は9区で区間18位とやらかしてしまいました。同じ23km区間でやや不安はありますが、9区よりは重要度が下がりますし、去年の反省を糧にしっかりとゴールテープを切ってほしいです。

 走るであろう10人は大体予想がつきそうですが、区間配置は色々と悩んで難しいです。総合力という点でいえば、去年の方が上かな?という印象はありますが、村山を始め去年よりも大きく成長している選手もいるでしょうし、前回同様序盤をしっかりと上位につけてレースを進めることが出来れば、初の2年連続シード権も十分可能だと思います。ただ、5位以内となると前回5位以内+日体大のうち、2校を上回らなくてはいけないので、それはやや厳しいのではないかと思っています。

 たまたまですが、学年のバランスが上から4人、3人、2人、1人と理想的になっていますね。これが本当に理想なのかは分かりませんが、学年が上になるにつれて人数が増えるのはそれだけ育成が上手くいっているということですし、1年がいるということは即戦力も取れているということ・・・さらに、4年が5人以上だと翌年の戦力ダウンが大きい気がするので、個人的にはバランスのとれた人数だと思っています。シード校の常連に向けて、連続シードを是非とも取ってほしいです。

大学駅伝まったり検索←区間配置予想・総合順位予想やっています。皆さんの予想をどしどし登録しちゃってください。HPもよろしくお願いします。


PAGE TOP