89回箱根駅伝 城西の不安要素

2014年3月8日

 前回の箱根では見事6位でシード権獲得も、全日本予選ではブレーキもあり、予選落ちしてしまった城西大学について…

 城西大学の不安要素は5区、選手層の薄さです。5区はもともと城西はあまり得意ではない区間だったのですが、田村選手が走った3年間は6位⇒7位⇒7位ときっちりとまとめてくれていました。3年間で2度シードを獲得出来た大きな要因はこの5区だったと思います。しかし、その田村選手も卒業してしまい、次の5区を誰が走るのか?また5区を苦手な城西に戻ってしまうのか?それとも再び山要因を見つけられるのか?城西が連続シードを獲得できるかどうかは山にかかっていると言っても過言ではありません。

 もう一つの選手層についてですが、主力はある程度計算できます。村山は2年生にしてエースと呼んでいい存在になってきました。出雲ではやや物足りなかったですが、1万でベストを更新するなど、成長してきています。やはり、別の大学とはいえ、双子の兄切磋琢磨しているのだと思います。他にも中原、山口、吉元、平田あたりは箱根でもある程度計算が出来る選手だと思います。その後に来る選手層をどれだけ厚く出来るかが箱根では重要になってきます。

 ルーキーの山本は短い距離には強さを発揮していますが、全日本予選は予選落ちの原因となってしまいましたし、出雲でも区間12位とブレーキになってしまいました。10kmでさえ厳しいのに、距離がさらに伸びる箱根ではなかなか使いにくいと思います。むしろ、去年村山選手とともに期待のルーキーとして入ってきた松村が上積みになりそうかな?高島平では20kmに対応できることを見せ、1万の持ちタイムもあがってきましたからね。後に続く選手がもっと出て来てほしいところですがどうなるか…

 力を発揮出来れば、十分連続シードは狙えると思いますが、城西の場合、2年連続してシードを獲得したことが無いのが何気に心配です。11位は連続でとったことはありますが、棄権⇒6位⇒11位⇒6位ときて今年はどうなるか…また予選会に戻ってしまうのか、シード校として定着していくことが出来るのか、城西の真価が問われる大会になりそうです。


PAGE TOP