2018年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~帝京大学~

ようやく、最後までたどり着けました~平日に帰宅するのが遅すぎて、休日に書き溜めせざるを得ない(汗)ラストは帝京大学の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:横井 裕仁

3年:岩佐 壱誠、島貫 温太、平田 幸四郎、田村 丈哉

2年:谷村 龍生、星 岳、小野寺 悠

1年:遠藤 大地

 

4年生からは、直近で5千で14分ジャストをマーク、箱根6区4位、関東インカレハーフ3位、全日本予選で3組4位など安定した活躍を続ける横井が唯一のエントリー。

 

3年生からは、直近で5千で14分2秒をマーク、全日本、箱根では1区を任され、全日本予選でも2組トップで走っている岩佐、5千で14分6秒のベストを今年度マーク、全日本予選では最終組で16位で走っている島貫、箱根では1年時に9区8位、2年時には5区8位と主要区間で続けて結果を残している平田、箱根予選で46位、箱根では8区11位で走っている田村丈の4人。

 

2年生からは、直近で14分8秒のベストをマーク、1万mも29分34秒を持つ谷村、5千で14分9秒、1万mで29分12秒を今年度マーク、1年の全日本予選では3組15位で走っている星、1万mで29分24秒を今年度マーク、全日本予選でも2組8位と好走している小野寺の3人。

 

1年生からは、5千で13分59秒、1万mで29分32秒をマークし、全日本予選でも1組1位と破竹の勢いを続ける遠藤が唯一のエントリー。

 

4年生が1人だけというのがびっくりで…エース格の畔上、竹下といったエース格がいないのは痛すぎますね。。。一方で3年生以下は各学年の主力がきっちりと揃いました。個人的にはルーキーの遠藤が楽しみすぎる。そんな帝京の区間配置予想は以下のとおりです。

 

遠藤(1)-岩佐(3)-横井(4)-星(2)-谷村(2)-島貫(3

 

1区は思い切ってルーキーの遠藤、もう走るたびに自己ベストを更新し、勝負レースでも結果を残し続ける走り、さらに5千では13分台に突入したばかりと、期待は高まるばかり。全日本予選での切替の素晴らしさを見ても、いきなりの1区抜擢も面白いのでは??

 

2区は岩佐、全日本、箱根ともに1区を担っている主力なのですが、いずれも二桁順位で苦戦気味なのが気になる。ならば、1区遠藤をフォローする意味も込めて、2区もありかなあと。直近で5千でベストも更新しており、コンディションも良さそうですしね。

 

3区は唯一の4年生である横井、まだ主要区間は未経験ですが、ずっと外さない走りを見ていると、やはり大事な区間を任せたい選手。1人しかエントリーされなかった4年生の走りに期待。4区は星、2年生がそろそろ台頭してくるのではと楽しみにしているんですよね~となると、着実にタイムを伸ばしてきている星はまず見てみたい選手。つなぎ区間できっちりと走ってくれれば。

 

5区も同じく2年生の谷村にしてみました。先月、5千でベストを更新した5人をそのまま1~5区に並べていることになり…やはり、駅伝シーズンに入って好調な選手をそのまま出雲でも見てみたいかなあと。いずれも13分台~14分1桁のハイレベルなベストですしね。

 

6区は島貫、まだ主要区間は担ったことがありませんが、全日本予選で最終組を任されて16位で走る粘り強さ、タイムも年々伸ばしてきていますし、最長区間を任されてもおかしくない選手かなあと。

 

竹下、畔上らを欠いてもいい意味で迷えるのが帝京の層の厚さを物語っていますね。1区は他に経験豊富な岩佐に任せるという手もありますし、アンカーは長い距離で実績豊富な平田もありですし、2年生は他にも全日本予選で好走している小野寺が起用されてもおかしくない…選手が揃っています。

 

2年前に出場時の出雲は10位ということで、今回は最低限一桁順位で走ってくれればといったところかなあ。スピードのある選手も増えてきましたし、総合力も上がってきているので楽しみなんですけどね~箱根に比べて、出雲・全日本は比較的苦手にしているところからも、過度の期待は禁物かなあとも思ったり。戦力が充実の帝京、まずは出雲でどこまで走れるのか楽しみです!!

 

出雲駅伝の区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!また、出雲順位予想の受付も行っております。箱根予選順位予想と合わせ、沢山の投票をお待ちしております。

※1人1票でお願いします~

This content cannot be displayed in widgets.