2014年全日本シード校 昨年との戦力比較 ~明治大学~

続いては、出雲では例年通りずっこけてしまったものの、全日本では1区から大きなブレーキをすることなくレースを進め、最後はエース大六野がきっちりと締めて3位と3大駅伝で唯一3強以外で3位以内に入った明治大学について・・・2013年度の全日本結果エントリー13人はこのようになっております。

 

前回オーダー

文元 慧(3)-八木沢 元樹(3)-横手 健(2)-有村 優樹(3)

松井 智靖(3)-廣瀨 大貴(4)-木村 慎(2)-大六野 秀畝(3)

 

戦力ダウン要素

全日本に限っていえば、6区4位だった廣瀬が抜けただけで、そこまで影響は大きく無いですね。出雲・箱根を見ても走った卒業生は他に箱根で10区22位だった石間だけですし、卒業生の影響は少ない部類に入るでしょう。それ以上に今年度の明治が魅力的なのは、主力に故障者や不調者が見当たらないことですねー。他大のシード校は誰かしら今年度結果を残せていない or 怪我でレースに出てこれていない選手がいるのですが、明治は比較的順調であり、トラックシーズンでは最も活躍した大学と言っていいでしょう。

 

戦力アップ要素

全日本を走った選手を見ますと、横手の成長が大きいですねー。前回の箱根5区での悔しさ以降、外すこと無く非常に高いレベルで結果を残していますし、5000m、1万mでも自己ベストを更新と、期待出来そうです。大六野もエースとして関東インカレ5000mでは留学生に競り勝って2位に入るなど結果を残していますし、7区区間賞だった木村は1万m28分50秒で28分台に突入するなど、順調に伸びてきています。

 

ルーキーは渡邊が14分一桁を出すなどベストを伸ばしてはいますが、まだ持ちタイムでトップ10には入ってこれず、即戦力は今年度も厳しそうかな?その一方、3年生では牟田が28分43秒の好タイムをマークし、持ちタイムでは5000m,1万mともにチーム上位に入ってきています。昨年度は出雲のみの出場で凡走に終わっただけに、今年度にかける思いは強いでしょう。また、山田稜も5000mで14分8秒と大幅にベストを更新するなど好調を維持、初の3大駅伝出場に向けて着々と力をつけています。4年生では山田速が1万mでチームトップとなる28分35秒をたたき出しました。2年時に出雲・全日本の出場があるだけで箱根は未出場、最終学年の今年度は3大駅伝でフル回転したいところです。

 

 

オーダー予想(仮)

文元(4)-横手(3)-八木沢(4)-木村(3)-有村(4)-松井(4)-山田速(4)-大六野(4)

 

こんなオーダーにはしないかも・・・と思いつつも4年生を6人、3年生を2人という極端に上級生に偏ったオーダーにしてみました。9,10番手と思っているのも牟田、山田稜といった3年生であり、トップ8に1,2年生が食い込む余地は現時点では無いと思っています。1区文元はもう今年度も固定でいいでしょう。最も安定感のある選手であり、区間賞は未経験ながら、常に上位でタスキを持ってきてくれる安心感があります。2区は横手にしてみました。今年度の勢いを考えれば、主要区間でも十分に走ってくれそうです。3区は八木沢、スピードを活かすならやっぱりここかなあと・・・最短区間ながら前半に位置する3区は重要視される傾向がありますしねー。

 

 

4区は木村にしてみました。有村は昨年度は微妙でしたし、今年度もそこまで結果を残せていないだけに、2年前に経験があり、安定感のある木村のほうが良さそうかなあと・・・その分、有村は2年前に区間記録に1秒と迫った5区で快走してくれればいいかなあと。ちょっと贅沢な気もしますが、それだけの選手層が今の明治にはありますからねー。6区は松井、今年度も焼津ハーフで結果を残すなどロードでの強さは相変わらずですし、繫ぎ区間の中でもやや重要度の高い6区を任せたいなあと・・・前回も全日本は5区2位と好走していますしね。7区は山田速、1万mで28分35秒は衝撃的でしたし、全日本の経験もありますし、起用しない手はないかなあと思います。ただ、3大駅伝の実績は他の選手に比べるとやや不足しているだけに、7区で稼いでくれればと。8区は昨年同様大六野でいいかなあと。8区4位の好走でチームを3位に導きましたし、全日本優勝を狙うのであれば、アンカーにエースを起用したいですからね!

 

 

4年生あ6人と最上級生に偏り過ぎとは思いますが、正直明治が全日本優勝を狙うのであれば今年度がラストチャンスかと思います。また現4年生のような強力なスカウトが出来れば変わってきますが、1,2年生の現状を見る限り、来年度は一気に駒不足になりそうですから。となると、来年度以降のことを考えている余裕はなく、学年に関係なく強い選手8人を起用してくるのではないかと思います。ミス無く繋げば、十分に優勝を狙える戦力だと思います。出雲は苦手としており、箱根は5,6区要員に不安を抱える以上、3大駅伝で1つ勝つとすれば全日本だと思うんですよねー。穴の無いオーダーが組めそうですし、繫ぎ区間も13分台、28分台ランナーで組めるであろう選手層は他大にとって脅威です。集大成となる今年度は、是非とも全日本初優勝を勝ち取って欲しいです!!

 

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします