2017年度 4年生特集 ~早稲田大学~

本日は早稲田大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で6人となっています。1年時から活躍を続ける光延、藤原、安井といった高校時代から実績のある選手を中心に、箱根では3,4年時に3位、4年時には半分にあたる5人が出場するなど、チームの中心として活躍を続けた学年でした。

 

 

光延 誠・・・高校ベストは14分ジャスト、トップクラスの持ちタイム、実績を誇ります。1年時から日本インカレ5000mで7位入賞を果たすなどトラックでの活躍が目立ちましたね。13分54秒を既にマークしています。一方で駅伝では全日本に出場するも5区11位に終わり、ほろ苦いデビュー戦となりました。

 

2年時は1万mで29分3秒までタイムを縮め、ハーフも63分台をマーク、全日本予選でも2組11位で走っています。2年連続の全日本では5区4位と好走、一方で箱根では7区14位と苦しい走りとなりました。安定してきたのは3年時、関東インカレ1部5000mで8位入賞を果たすと、出雲では5区5位、箱根でも9区7位、4年時は出雲こそ2区7位でしたが、箱根では3区4位と快走し、チームの3位に貢献しました。

 

藤原 滋記・・・高校ベストは14分8秒、インターハイ、国体に入賞し、都大路でも1区一桁で走るなど実績はNo.1でしたね。しかし、1年目は1万mで29分24秒をマークしたものの、3大駅伝出場は果たせず…2年の全日本でデビュー、3区6位で走り、箱根でも10区6位と上々の走りを見せました。

 

3年時は1万mで29分3秒までベストを縮め、全日本でも6区3位で走っていますね。ただ、出雲、箱根はエントリー止まりで出場とはなりませんでした。4年時にはハーフで63分22秒まで伸ばし、出雲で5区5位、全日本では4区13位と苦しみましたが、箱根では初めて1区を任されて区間11位と粘りの走りを見せました

 

安井 雄一・・・高校ベストは14分9秒、国体で4位に入るなどトラックでの実績が豊富、1500mも強さを見せています。大学に入ると、長い距離での強さが目立ちましたね。1年時にハーフで62分55秒をマーク、箱根も8区7位とまずまずの走りを見せています。

 

元々上り適正があると言われていましたが、その後は箱根5区での活躍が素晴らしかったですね。2~4年時はいずれも5区を走り、5位→4位→2位と高いレベルで安定、チームの躍進を支え続けました。箱根を4年連続で走ったのは安井だけですね。

 

箱根以外では、2年時で1万mで29分7秒をマーク、全日本予選でも3組7位と安定した走りを見せています。3年の全日本では8区5位、4年の出雲で6区4位、全日本では2区8位で走り、7度の3大駅伝出場で全て一桁順位と頼りになる選手であり続けました。

 

石田 康幸・・・高校ベストは14分19秒、1年の出雲からエントリーされていますが、なかなか出場には至らず、3大駅伝デビューは3年の箱根まで待つことに。1~3年の全日本、2年の箱根もエントリーされていますので、6度目のエントリーで出場、6区12位という走りでした。

 

さらに伸びてきたのが4年時、5千で14分10秒、1万mで29分29秒、ハーフで63分28秒と4年時に大学ベストをマーク、関東インカレ1部ハーフでも5位入賞を果たしています。3大駅伝でも全日本では最長区間の8区で6位と上々の走り、箱根でも4区11位でまとめています。

 

河合 祐哉・・・高校ベストは14分47秒と他5人が14分20秒切りの中、一人タイムでは大きく劣っています。それでも、3年時に5千で14分26秒、ハーフで64分53秒をマーク、4年時に1万mで29分56秒までタイムを縮め、残念ながら出場とはなりませんでしたが、全日本、箱根にメンバー入りを果たすまでになりました。

 

谷口 耕一郎・・・高校ベストは14分14秒とチーム4番手ながら、なかなか長い距離で台頭してくることが出来ず…1万mのベストは4年時にマークした30分25秒に留まっています。それでも、4年時にハーフで64分9秒をマークすると、4年の全日本、箱根にエントリー、箱根では10区8位で粘りの走り、1つ順位を上げて3位でのフィニッシュとなりました。


PAGE TOP