2017年 駅伝シーズンに向けて ~城西大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は城西大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。今年度、3年ぶりに全日本予選突破、関東インカレでも入賞者を出すなど、前年度の箱根予選以降、着実に戦力アップはしているようです。

 

前年度の箱根予選では、ベストメンバーを組めずに12位、連続出場が途切れてしまいました。一方で全日本予選は9位とギリギリで突破を果たし、全日本出場を決めています。続いては、2年ぶりの箱根予選突破が目標となります。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・酒井、菅、山本

3年・・・中島金子服部、大石、峐下、鈴木

2年・・・西嶋、荻久保中原、宮澤

1年・・・梶川

 

箱根経験者は5人いますが、うち4人(青色)はエントリーされそうかなあ。怪我は考慮しないとは言いましたが、中舎はもう年単位でらしい走りが出来ていないので…今回も厳しいかなあと思い、外して予想しております。走ってくれに越したことは無いですが…前回の箱根予選以降では、金子がずっとエース級の走りをみせていますし、大きな貯金を期待。前回苦しい走りだった菅や過去3年間箱根予選に出場出来ていない酒井らも、今回こそチームを通過に導く走りを見せてくれれば。

 

箱根予選経験者(橙色)は多く、6人いますが、こちらはいずれもエントリーされそうかなあ。全日本予選にも多くの選手が走っていますしね。中でも、関東インカレ、全日本予選のいずれも好走した中島にはエース級の活躍を期待。前回は100位オーバーでしたが、長い距離でもそろそろ結果を残して欲しいですね。他にも全日本予選で好走した大石らこちらも計算できる選手が揃っています。

 

ここまでで10人、箱根未経験者ながら全日本予選に出場したのは1人(赤色)おり、こちらもエントリーは濃厚かなあ。中原はハーフも64分44秒で走っていますし、全日本予選も1組16位ですからね。勝負レースでの実績とハーフベストが良いというのは心強いですね。後は、前回の箱根予選にもエントリーされた3年の鈴木、ハーフで64分35秒のベストを持つ2年の宮澤、ルーキーからは全日本予選にエントリーされた梶川の3人と予想しました。

 

ルーキーでは、高校時代の実績豊富な菅原も見てみたいんですけどねえ。大学に入ってからは目立った走りを見せていないことを考えると、難しそうかなあ。。。他には2年の吉川も前回の箱根予選エントリーされた選手、4年の大久保は今年5千でベストを出し、ハーフも65分10秒とまずまず。ここら辺の選手もエントリーされてもおかしくないですよね。

 

前回の箱根予選は正直エントリーの時点で通過が厳しいと思ってしまいました。前回の二の舞いを避けるためにも、いかにベストメンバーを揃えられるかが大事になってきますね。エースの金子や中島を筆頭に稼げそうな選手も揃っていますからね。前回は8位以降がいずれも184位以下と崩れてしまったのが予選落ちにつながってしまいました。選手層も前回よりも厚くなってきたと思いますし、全日本予選同様に粘りの走りで2年ぶりの箱根復帰、果たして欲しいです!!


PAGE TOP