2017年 駅伝シーズンに向けて ~東京国際大学~

トラックシーズンの振り返りに続いては、駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析をしていきます。順番はランダムなので、トラックの振り返りと近かったり、遠かったりするかも…最初は東京国際大学を取り上げます~過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。

 

前回の箱根予選はタイタスの途中棄権もあって15位と大惨敗、全日本予選も1組から出遅れてしまって14位で予選落ちで確定しているのは箱根予選会のみ、2年ぶり2度目の箱根予選突破を目指します。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・スタンレイ、鈴木博、濱登荒井鈴木聖、上村

3年・・・河野

2年・・・タイタス、伊藤、佐藤鈴木正真船相沢

1年・・・佐伯

 

箱根経験者は2年前の出場のみということで3人(青色)、留学生は二人ともエントリーされるでしょうが、ここ最近の走りを見ていると、起用されるのはタイタスになりそうかな。濱登はあまり姿を見せていないのが気がかり…箱根予選経験者(橙色)は豊富に揃っていますね。前年度、箱根予選に出場した選手はみんなエントリーされそう。ただ、前回は最も良かった選手でも、鈴木博の93位…経験を活かして、前回と違う走りを期待。

 

箱根未経験者ながら今年度の全日本予選に出場した3人(赤色)というのも戦力として期待されることになるでしょう。特に3組24位で走ったルーキーの佐伯が楽しみですよねー。他のルーキーは今回は14人予想にはいれていませんが、30人も入っていますからね。他にも高橋や実業団経由の渡邉など楽しみな選手が多く、秋になって出てくる選手もいることでしょう。

 

ここまでで13人、最後の1人は全日本予選にエントリーされた4年の上村としましたが、そうすると、2,4年生が6人で1,3年生が1人という極端に偏ったエントリーになってしまいますね。2,4年生が中心になることは間違いないですが、特に3年生はもっと出てきて欲しいですね。1年の時に箱根予選を走った梅本あたりが候補になってくるかなあ。

 

箱根予選通過は、ボーダーラインにいる1校という位置づけかなあ。前々回のように10番手でも154位というような走りが出来るのか、それとも前回のように5番手で150位に沈んでしまうのか…前回と前々回の差が大きすぎて予想し辛い…戦力としては揃っていると思うのですが。。。

 

ずっと好走しているタイタス、鈴木博、伊藤あたりが貯金が期待される選手、特にタイタスはトップを争う選手の1人でしょう。タイタスだけで、前回よりも6分は上積みが期待出来そう…ハーフベストでは64分台の河野、真船あたりも上位にきてほしいですね。前回チーム4番手だった真船はともかく、河野は11番手に沈んでいますからね。上級生になり、結果を残していって欲しいところ。

 

一番の鍵を握るのは最上級生になるのかなあ。20kmの距離となると、やはり学年が上がるに連れて安定感が増してくる選手が多いですよね。鈴木聖、濱登、荒井あたりは前回いずれも200位オーバー…本来であれば2桁順位では走って欲しい選手たちですもんね。連続での箱根予選落ちは今後を見据えても避けたいところですし、しっかりと本番に合わせて欲しいですね!!


PAGE TOP