2017年 トラックシーズン振り返り ~日本体育大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、今日は、日本体育大学について見ていきます。ここ2年、自己ベスト連発&箱根シード獲得と元気な日体大でしたが、今年度は既に多くの選手が好タイムのベストを有していること、主力が勝負レースを複数人欠場などもあって、イマイチなトラックシーズンだったかなあ。通過が有力視されていた全日本予選もまさかの予選落ちでしたし…

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。

更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:2点(8位)

トップ10圏内だけではなく、私がDB登録している選手全員を含めても、ベストを更新したのは2年の山口だけでした。14分9秒でベストを8秒更新してきましたねー。2年生以下は中川が一人抜けた状態でしたが、そこに山口も加わってきましたね。トラックシーズン、日体大で最も目立った選手だったかなあ。

 

ベストは山口だけでしたが、セカンドベストとなると、14分4秒を出した城越を筆頭に14分7秒の宮崎、14分8秒の中川とセカンドベストを出した選手が3人おり、決して悪くは無いんですよね。やはり、前年度は13分台や14分1桁、28分台を連発しており、伸びしろが少ないというのが、今回の2点という結果に繋がっているのかなあ。

 

10000m:2点(8位)

5千に続いて、1万mもトップ10だけではなく、DB登録した選手全てを含めても、ベストを更新したのは山口だけ、そして順位も8位なんですよね。これは珍しい…29分12秒はベストを11秒更新する走り、そしてそれを叩き出したのは全日本予選の最終組ですからねえ。主力選手が複数出場出来ない危機的な状況の中、見事に大役を果たしてくれました。3大駅伝はまだエントリー止まりで未出場ですが、今年度の活躍を見ると、いきなり主要区間での初出場も有り得そうです。

 

セカンドベストを見ると、同じく全日本予選で29分26秒を出した中川、29分55秒を出した小縣の他、城越が29分27秒で走っています。主力が4年生にズラッと揃い、勝負の年であることを考えると、やはり予選落ちした全日本予選を含め、物足りないトラックシーズンだったことは否めません。

 

ただ、もう終わったことはしょうがないですし、次は駅伝シーズンに向けてですね。まずは、最低限ベストメンバーを揃えることが必須になるでしょう。28分台が何人も欠けるような状況では、さすがに厳しすぎますからね。ずば抜けたエースがいるというよりも、選手層の厚さが年々増してきた日体大からすると、勝負は人数が少ない出雲よりも、箱根ということになるかなあ。

 

過去2大会はいずれも7位でのシード獲得、2年連続区間新記録でチームを救ってくれた秋山はもういませんし、前回以上に往路での遅れは致命的になりかねません。最低限、前回以上の結果は期待したいですし、全日本に出場出来ない悔しさを箱根にぶつけて欲しいです!!


PAGE TOP