2016年度 高校生特集 ~吉田 圭太(ヨシダ ケイタ)~

今日は世羅の吉田 圭太について中学・高校時代の走りを振り返ってみます。中学時代から世代トップランナーの1人、高校に入ってからも着実に結果を残し、1,2年時は都大路の優勝に貢献しています。

 

~中学時代~

全中では予選を8分50秒で2位通過を果たすと、決勝では8分46秒で5位入賞を果たしています。ジュニアオリンピックでは予選を8分40秒でトップ通過、決勝では日向に0.3秒及ばなかったものの、8分31秒の好タイムで2位と表彰台に上がっています。都道府県対抗は3年時は欠場していますが、2年で6区5位と好走といずれも高いレベルで安定していました。

 

~高校1年生~

国体3000mでは8分22秒で6位入賞と高校に入っても入賞は外さないレースを披露、5000mのベストも1年にして14分11秒まで伸ばしていますからね。これは日向の13分台に続いて日本人2番目のタイムかな?トラックにおいて、勝負レースでも持ちタイムでもトップクラスの走りを見せています。

 

都大路では7区を任されると区間2位の走りで優勝のゴールテープを切りました。完璧なまでのピーキングで力を存分に見せつける都大路とは反対に世羅高の選手が苦戦することが多い都道府県対抗では4区21位と奮わず、吉田も力を発揮することは出来ず…

 

~高校2年生~

インターハイは1500mで出場し、3分52秒で4位と惜しくも予選落ちとなっています。5000mは予選にも出場出来ていないんですよね。都大路覇者で留学生もいる3枠は非常に狭き門です。国体も1学年上の新迫が出場して、吉田は出ていません。しかし、持ちタイムでは13分50秒67と高2歴代では西脇OBの北村、学法石川の日向についで歴代3位かな?素晴らしいタイムを叩き出しています。

 

優勝間違いなしと言われていた都大路では4区を任されて8位、神の領域と言われた仙台育英のタイムを上回る歴代最高タイムで優勝を果たしましたが、持ちタイムや他6人が区間賞4人を含む区間3位以内で走っていたことを考えるとやや物足りない走りとなってしまいました。一方で都道府県対抗では最長区間の5区で3位と結果を残しています。

 

~高校3年生~

兵庫リレカ1万mに出場し、29分33秒と好タイムをマークしています。1万mの距離も全く問題無いですね。初出場となったインターハイ5000mでは、予選を14分31秒で2位通過を果たしたものの、決勝では14分45秒かかってしまい14位と奮わない結果に終わっています。

 

しかし、国体5000mでは13分59秒と勝負レースで13分台を出して見事に2位に入っています。高校でのトラックにおけるベストレースですかね。3年時は複数回13分台をマークしていますが、2年のベストには後一歩届かず、13分50秒が高校ベストとなっています。

 

都大路ではエース区間の1区を任されましたが、ここでは区間19位ともう一歩という走りでしたね。。。ちょっと都大路えは力を発揮しきれなかったかなあ。しかし、都道府県対抗では1区を走って6位、たまに失敗レースもありますが、失敗が続かないのは吉田の強さかなあ。

 

卒業後は青山学院に進むこととなります。既に5000mのベストではチーム4番手となるタイムを持っていますが、タイム以上に強い選手がズラッと揃う青学ですからねえ。神林同様、即戦力として1年目から3大駅伝出場を果たせるかは微妙なところですかねえ。とは言え、その走力に疑いようが無いですし、大学でさらなる強さを身につけ、3大駅伝の優勝に貢献して欲しいです。


PAGE TOP