箱根駅伝2016 明治大学 区間配置予想 ~箱根の借りは箱根で返す~

続いては、明治大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では1,2区こそ横手、木村のダブルエースで好スタートを切ったものの、万全で無かった3区坂口、アクシデントのあった5区藪下がともに区間最下位に沈んでしまい、総合14位でまさかのシード権を逃す結果となってしまいました。

 

今年度は、久しぶりの箱根予選も安定した走りで2位通過と上々の走り、一方で全日本では1区で出遅れると、4区まで全て区間10位以下という苦しい走り、総合順位も11位で全日本の連続シード獲得も途切れてしまうことに…エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はHPをご覧ください。

 

4年:藪下 響大、吉田 楓、射場 雄太朗、江頭 賢太郎

3年:末次 慶太、磯口 晋平、皆浦 巧

2年:坂口 裕之、田中 龍太、東島 清純、竹山 直宏、角出 龍哉

1年:阿部 弘輝、三輪 軌道、中島 大就、斉藤 寛明

 

箱根予選を走った12人全員がエントリーされており、順当ですね。箱根予選を欠場した坂口、田中の2年生コンビも戻ってきました。全日本では一際、坂口欠場の影響が響いた結果となりましたからね…田中もハーフで好走していますし、箱根には何とかベストメンバーで臨めそうかなあ。そんな明治大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

中島1ー江頭4ー阿部1ー末次3ー藪下4

皆浦3ー田中2ー磯口3ー射場4ー坂口2

 

1区は中島、全日本で1区を任された阿部がいますが、続けての1区はさすがに不安・・・それならば、全日本で苦しい位置ながら好走した中島を抜擢するのもありかなあと。2区は江頭、箱根ではまだ主要区間を走っていないのは気になりますが、全日本でも2区を任されましたし、最上級生として堅実な走りを見せてくれれば。

 

3区は阿部、箱根予選の走りを見ても主要区間で走って欲しい選手ではありますし、1区で無ければ重要度の高く走りやすい3区かなあと。4区は末次、28分台ランナーとなり、全日本予選でも主要区間の4区を任され、チームに欠かせない選手に成長しました。箱根でも準エース区間を走ってほしいですね。

 

5区は藪下、前回はまさかの走りでしたが、その後は自己ベスト連発、勝負レースでも結果を残し続けました。再度任されれば、区間上位で走ってくれるのでは。6区は皆浦、監督も皆浦を候補に挙げていましたし、箱根予選でもしっかりと走っていましたからね。3大駅伝初出場ですが、心配無さそうかなあ。

 

7区は田中、今年度は故障の影響であまり姿を見せませんでしたが、ハーフで63分台、1万mで29分1桁とベスト連発で完全復活しましたからね。まずはつなぎ区間の7区あたりでデビューしてくれれば。8区は磯口、箱根予選で好走、1万mでもベストを更新と今年度台頭してきた3年生、全日本こそもう一歩でしたが、長い距離も問題無さそうですしね。

 

9区は射場、これまで故障に苦しんできましたが、今年度は走るたびにベスト連発、箱根予選、全日本でも好走と充実の1年間を送っています。同じく4年時に台頭し、9区4位と好走した齊田の再現を期待。10区は坂口、万全であれば1~3区を走ってほしいですが、不安があるのであれば往路起用は怖すぎますし、かつてエースの鎧坂が万全ではなく10区に回ったような起用もあるのかなあと。

 

他にも箱根予選を走った吉田や全日本に出場した三輪らがいますし、区間配置予想が難しかったです。。。選手は揃ってきましたよね―。しかし、やはりエース力ではここ数年と比べると劣るのは否めず、、、往路で出遅れると全日本のようにズルズルと区間順位が総合順位に近づいてしまう恐れも…

 

そのためにも、1~3区がとにかく大事になってきますね。ここ数年は大六野世代や横手世代が往路の主要区間を担い続けてくれましたから…逆に序盤を上手く凌ぐことが出来れば、復路は選手が揃っていますからね。シード権獲得はもちろん、さらなる上位も期待出来そうです。

 

全日本は奮いませんでしたが、その後は故障明けの選手が復活、直近で1万mのベストを更新する選手も多く、いい流れで来ています。前回の箱根の悔しさを払拭するような走り、見せて欲しいです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪


PAGE TOP