箱根駅伝2016 中央学院大学 区間配置予想 ~今年度の中央学院は強い・・・~

続いては、中央学院大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では1区から好スタート、5区では18位と苦しい走りになったものの、6区樋口の区間3位を筆頭に6~9区がいずれも区間7位という走りで総合9位、2年連続のシード権獲得となりました。

 

今年度は、全日本予選こそ予想外の7位通過だったものの、出雲では揃って安定した走り&アンカー高砂の爆走で総合4位と過去最高の走りを披露すると、全日本でも8区間全てで区間一桁という見事な走り、特に4区高砂、8区村上と主要区間での好走が目立ち総合5位、8年ぶりのシード格獲得となりました。エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はHPをご覧ください。

 

4年:海老澤 剛、村上 優輝、久保田 翼、海老澤 太、藤花 尚之

3年:大森 澪、細谷 恭平、新井 翔理、坂元 大介

2年:樋口 陸、福岡 海統、廣 佳樹、市山 翼

1年:高砂 大地、横川 巧、藤田 大智

 

出雲・全日本に出場した選手はきっちりとエントリー、全日本は下級生中心でしたが、箱根ではやはり上級生の走りが大事になってきますからね。海老澤剛、太、細谷ら箱根で好走経験のある上級生がエントリーされたのは大きいですね。そんな中央学院大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

高砂1ー大森3ー横川1ー新井3ー市山2

樋口2ー海老澤太4ー細谷3ー村上4ー海老澤剛4

 

故障明けの海老澤兄弟、細谷の状態には不安が残りますが…復路のつなぎ区間であれば走れる状態であるとして予想しました。1区は高砂、1~4区のどこを任されるか難しいのですが…2区をルーキーに任せることは基本無いだけに、絶対に遅れたくない1区としました。これほど安心してどの区間も任さられるルーキーはいないですよね。

 

2区は大森、前回も区間10位で走っていますし、高砂で無ければやはり2区は大森ですかねえ。今年度は勝負レースで結果を残し続けていますからね。前回以上の走りも期待出来そうです。3区は横川、ハーフで63分5秒をマーク、長い距離も問題は無さそうですが…1区だとまた飛び出す走りになりそうで…スピードを活かすには1区よりも3区の方が良いかなあと予想しました。

 

4区は新井、3大駅伝で安定した走りを披露、全日本は未出場ならが上尾ハーフで63分台で走ってますし、前回距離が短いながらも出場した4区を再度任せるのもありかなあと。5区は市山、元々候補だった細谷、剛が故障明けということで、短縮されたとはいえ、山登りを万全で無いのに任せるのはさすがにリスキー…区間中位で繋いでくれればという監督の言葉もあるので市山としました。

 

6区は樋口、中央学院が最も稼ぐことが期待される区間ですね。全日本を見る限りは箱根には万全の状態で臨めそうですし、区間賞を目指して欲しいところです。7区は太、2年連続で7区を走っている選手、コンディションが気になりますが、箱根において経験は大事だと思いますし3年連続で出場してくれれば。

 

8区は細谷、前回の箱根で区間3位の好走はびっくりしました。故障明けというのが気になりますが、5区はともかく8区ならばいけるのかという思いを込めて…7,8区は無理であれば廣、福岡といった全日本出場者が入ってくることになりそうかな?選手層が厚くなったのも中央学院の強みですね。

 

9区は村上、全日本8区での6位好走はびっくりしました。長い距離も安心して任せられそうですよね。となると、9区を任せても良いのでは…10区は海老澤剛、万全であれば2区or5区を走ってほしいということでしたが、やはり故障明けで主要区間は怖い…万全でないエースクラスが走ることも多い10区が良いのかなあと。

 

ここ最近では最も期待が高まる箱根ですよねー。出雲・全日本ともにベストメンバーとは言えない布陣で臨んであの好走、監督もびっくりするほどの走りを見せたのが凄い…前回、全日本でシードを獲得したときは、箱根でも5位に入っているんですよねー。その再現も十分に有り得そう。。。横川、高砂のスーパールーキーを筆頭に下級生の台頭が著しく、往路、復路ともに穴の無い布陣が組めそう。

 

唯一の懸念は前回も苦戦、候補者が故障明けとなっている5区を誰がどの順位で走るかですかね…ただ、逆に言えば前回は5区18位でもシード権は獲得しているわけで、総合力では前回にも劣らないだけに、ここを上手く凌げばさらなる上位も…出雲、全日本ともに上位戦線を賑わせてきた中央学院大、箱根でもその強さを存分に見せつけて欲しいです!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪


PAGE TOP