駒澤大学 出雲&全日本2016結果考察 ~新戦力の台頭という収穫はありつつも…~

続いては駒澤大学について、出雲、全日本の結果を振り返りつつ、箱根への展望も書いていきます。出雲・全日本結果はこのようになっております。出雲は5位と微妙な結果、全日本では4位ながら、大学駅伝初出場の2,3年生が4人が出場するなど、見どころがありましたね。

 

出雲ではエースの中谷がいない影響が大きく出てしまいましたね。1区西山が終盤までは先頭集団にいたのですが、ラストで一気に遅れてしまい区間9位、出雲での16秒差はちょっと痛かったか…続く高本も区間6位ながら、トップと56秒も引き離されてしまうのは、さすがにやられすぎですね。

 

3区工藤は万全では無いながらも区間4位で走るのはさすがですかね。やはり、力のある選手は悪いながらもまとめてきます。4区下が区間2位で走ったのが一番の収穫、今後主要区間も担っていってくれるのではと期待を抱かせる走りでした。5区浅石は区間8位とこちらも苦しい走り…出雲の距離ならば浅石もいけるかなあと思ったのですが…

 

6区大塚は区間4位という走りで悪くはないですが、中央学院の高砂に区間順位で負け、総合でも負けて5位というのはちょっと…それだけ高砂がすごかったですが。。。

 

全日本でも中谷を欠くことに…1区工藤は先頭を走る積極的な走りもなかなかペースは上がらず、そんな中ペースアップにもしっかりと対応したのは流石ですね。ただ、最後の弾馬のペースアップに付けずに3位だったのは、工藤の力からすればもう一歩だったか。

 

2区西山は前半無理に突っ込むことなく安定した走りで区間7位、これまた悪い走りでは無いですが、主要区間を任されるのであれば、やはりもっと上位で走ってほしいのが本音かなあ。3区紺野は区間12位、最初からペースが上がっていなかったですね。やはり、初出場という緊張もあったようで…総合でも6位とシードぎりぎりまで落ちてしまいました。

 

4区下は区間4位、主要区間デビューとしてはまずまずの走りでしょうか。出雲に続いて結果を残し、一気にチームの主力へと加わってきました。来年度に向けても、下の台頭は大きいですね。5~7区も3大駅伝初出場組、中西は総合順位は5→4位へ一つ上げたものの、区間8位は最低限の走りかなあ。今年ベスト連発で期待値はかなり上がっていましたからね。欠かせない選手になってくれれば。

 

6区片西、7区伊勢という2年生コンビはともに区間6位、片西は総合3位へと順位を上げました。まずまずの3大駅伝デビュー戦ですかねえ。2年生はまだ下しか3大駅伝を経験していませんでしたが、片西、伊勢というロードでの実績があり、ハーフにも既に対応出来ている二人が出てきたのは大きいかな。

 

最も見事な走りを見せたのは8区の大塚、前回も58分39秒で区間3位と良い走りでしたが、さらに36秒上回る58分3秒をマーク、追い風だったとは言え、このタイムは素晴らしいですね。とはいえ、さすがにニャイロ相手に逃げ切るのは難しく、1つ順位を落としての総合4位となりました。

 

箱根に向けては、今回主要区間である1,2,4,8区を走った選手+エースの中谷が主要区間を任せられることになりそうかなあ。ただ、箱根の往路はもはや全区間大事になりますが…繫ぎ区間はまさに今回全日本初出場のメンバーがそのまま争いに加わってくることでしょう。

 

さらに、前回の箱根経験者である高本、中村佳も万全であればメンバーに入ってきそうですね。1年生は今年5000mでベストをマークした選手がおらず、16人に入ってくる選手はいるかもしれませんが、実際に箱根を走るのは厳しそうかなあ。

 

駒澤はこの15年、3大駅伝全てで3位以内に入れなかったことはありませんでした。というか、3大駅伝で初優勝して以来無かったかなあ…?今年度は出雲5位、全日本4位と3位以内に入れていません。このまま箱根も3位以内を逃すようだと、常に優勝争いをしてきた時代は終わりかなあと感じさせられそう…箱根では、駒澤の意地に期待したいです!!


PAGE TOP