2016年 駅伝シーズンに向けて ~拓殖大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、拓殖大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、普段は記録会に積極的ではない拓殖ですが、全日本予選に出場出来るかどうかの瀬戸際だったこともあるのか、特に1万mに意欲的に出場、1万mで30分を新たに切る選手はいなかったものの、何とか予選出場を果たすと、そこで素晴らしい走りを披露しての4位通過、長い距離だけではないところを見せてくれました。

 

そんな拓殖大学の駅伝シーズン、全日本出場権を獲得し、次は箱根予選の突破を目指すこととなります。全日本予選突破の勢いそのままに、上位通過を目指していきたいところ。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・宇田、新井北川大中

3年・・・苅田土師西、山本

2年・・・デレセ、馬場、戸部

1年・・・赤﨑、楠本、松下

 

箱根経験者は8人(青色)は当然中心となっていって欲しいところ…なのですが、気になるのは前回の箱根に出場していない4年の新井と3年の西、新井は2年の箱根以降は3大駅伝・予選会にエントリーさえされていませんし、西も走ったのは1年の箱根のみ。ともに持ちタイムや実績を考慮するとメンバーに入ってきて欲しいところですが果たして?

 

箱根未経験者かつ箱根予選経験者(橙色)は苅田だけでしたねー。今年の全日本予選に出場していますし、箱根予選も走ってくれることでしょう。また、今年の全日本予選に出場した3人(赤色)はいずれも自己ベストをマークしているのが心強い限り。

 

ここまでで12人、残り2人ですがルーキーながら全日本予選にエントリーされた楠本、藤井の二人にしてみました。楠本は早速ベストを縮めていますし、藤井は既にハーフの距離を走っているのも頼もしいですよね。同じルーキーにはハーフで67分ジャストと赤﨑、藤井を同じレースで上回った松下も楽しみな存在です。

 

また、前回の箱根にエントリーされた今滝や横手らもおり、14人はしっかりと選べそうかなあ。全日本予選で、3、4組を走った馬場、戸部、デレセ、宇田はそのまま貯金を稼ぐ役割を担うことになるでしょうし、中堅どころも着実に持ちタイムを伸ばしてきてチームの状況も良さそう。箱根予選もきっちりと通過を果たし、シード返り咲きを狙って行きたいところですね。


PAGE TOP