2016年 駅伝シーズンに向けて ~中央学院大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、中央学院大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、大活躍だったのは大森、勝負レースでは関東インカレ2部1万mで6位入賞、ハーフでは2位という大活躍、持ちタイムを見ても5000m,1万mでともに自己ベストを更新するなど充実なシーズンを送りました。

 

そして忘れていけないのはルーキー、5000mで13分52秒とチームトップタイムを叩きだした横川、5000mで14分3秒、1万mで29分31秒をマークした高砂の二人が大活躍でした。一方で全日本予選だけはまさかの7位と下位通過となってしまったのが残念でした。

 

そんな中央学院の駅伝シーズン、2年連続の3大駅伝フル出場を確定しています。出雲、全日本から楽しみなチームではありますが、箱根シード校は箱根にエントリーされる16人候補を予想しておりますので、、、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・剛、村上、久保田、太藤花、清水

3年・・・大森、細谷、新井、坂本、水野

2年・・・森田、樋口、光武

1年・・・高砂、横川

 

前回の箱根に出場したのは6人、うち5人が区間10位以内と好走しているのは心強いですね。さらに、前々回は村上、久保田が走っており8人(青色)の箱根経験者がいますし、メンバーに入ってくることでしょう。

 

箱根予選経験者(橙色)では藤花、清水の4年生、ともに1万m29分40秒台、ハーフも64分台のタイムを持ち、最上級生はやはりメンバーいりする選手が多そうです。今年度、全日本予選に出場した2人(赤色)は期待のルーキーたち、長い距離はまだ未知数の部分もありますが、あの走力を見ればメンバーにも十分入ってきそう。

 

3大駅伝経験者では2年の森田がおり、故障などであまり姿を見せていないのが気になりますが…万全ならば10人に入ってきてもおかしくないです。残り3人ですが…やはりハーフの持ちタイムは大事かなあということで、ハーフ64分台である水野、坂元、光武にしてみました。

 

特に坂元は今年自己ベスト連発で勢いがあり、全日本予選もメンバー入しているほどですからね。他にもハーフ64分台の鎌田、ともに今年5000mでベストを更新、1万mの持ちタイムも良い市山、福岡らもいて16人のメンバー争いは激しくなりそうです。

 

過去2大会の成績では出雲が6位、7位と最も良いんですよねー。潰滝、塩谷らは卒業しましたが今年も粒ぞろいでスピードのある選手も多く楽しみです。全日本は全日本予選に出場した選手がそのまま出てもおかしくない陣容でしたが、やはり予選で苦戦したのが気になるところ…本戦にはしっかりと立てなおして欲しいですね。

 

そして迎える箱根、2年連続で箱根シードを獲得しているものの、順位は8位、9位と下位でのシード獲得となっています。箱根経験者も多いですし、前回は5区が奮わなかったなかでのシードでしたからね。3年連続でシードを獲得してシード常連校となり、1つでも上の順位を目指して欲しいところです。それだけの選手は揃っていますからね!!


PAGE TOP