2015年度 4年生特集 ~法政大学~

本日は法政大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で7人いますね。チームのエースと呼ばれるようなずば抜けた選手はいなかったかもしれませんが、箱根には5人が出場し、箱根予選を複数回走った選手も同じく5人いるなど、安定してチームに貢献してくれた学年でした。

 

 

 

 

中村 涼・・・高校ベストは14分25秒で1年の全日本予選、箱根予選から出場を果たしていますが、それぞれ1組35位、191位と苦しい走りとなりました。2年になると、5000mで14分17秒、1万mで29分22秒とともに大学ベストとなるタイムをマーク、3大駅伝でも全日本で7区9位とまずまず、そして箱根では4区6位と好走しました。飛躍の1年となりましたね。3年生になると、全日本予選で3組10位と結果を残し、箱根予選でもチーム2位では知りましたが83位に留まり、箱根出場は果たせませんでした。ハーフの大学ベストとなる64分7秒も3年時にマークしています。

 

4年生では、全日本予選で3組15位と2年連続で結果を残したものの、箱根予選は111位と前回よりも順位を下げてしまうことに・・・箱根では主要区間である3区を任されましたが、2区間連続最下位という厳しすぎる状況だったこともあり、3区18位に終わっています。2年以降は安定してチームに貢献してくれた選手でしたね。

 

 

藤井 翔太・・・高校ベストは14分25秒で大学では残念ながらベストは更新出来ず・・・一方で1万mでは29分31秒を2年時にマークしています。3大駅伝・予選会では、3年の箱根予選で145位、4年の箱根予選ではチーム6番手となる92位、ハーフ換算で64分37秒というタイムをマークしていますが、残念ながら箱根に出場することは叶いませんでした。力のある選手ではありましたが、3大駅伝にはちょっと縁がなかったようです・・・

 

 

佐藤 和仁・・・高校ベストは14分20秒、これまた大学でのベスト更新はなりませんでした。。。2年時にハーフで64分10秒と大学ベストをマーク、箱根にも出場し、8区7位と好走を見せました。ただ、3年以降は苦戦・・・全日本予選で1組25位、箱根予選では144位に沈んでしまいました。主将を任された4年時、1万mで29分34秒と大学ベストをマークするも、箱根予選では223位、チーム最下位に沈んでしまうことに・・・その影響もあってか、箱根では16人のメンバーにも入ることが出来ませんでした。。。

 

 

藤井 孝之・・・高校ベストは14分24秒、14分30秒切りの選手が多かったんですね。1年の箱根予選から出場を果たし、チーム9番手、116位とまずまずの走りを見せました。箱根でも8区12位と結果を残し、チームのシード獲得に貢献しました。2年では1万mで29分46秒と大学ベストとなるタイムをマーク、出雲でも13位でしたが最長区間の6区を任されています。ハーフでも64分18秒の大学ベストをマークしています。ただ、3年以降はちょっと奮わず・・・箱根予選ではチーム10番手、156位という苦しい走りでした。4年では、5000mこそ14分17秒とベストを縮めてきたものの、予選会、箱根ともに出場は叶いませんでした。

 

 

有井 渉・・・高校ベストは14分39秒、他のメンバーに比べると持ちタイムが劣っていたこともあり、予選会に出場したのが3年の箱根予選、チーム6番手の111位とまずまずの走りを見せています。1万mでも29分47秒の大学ベストをマークするなど伸びてきました。さらに飛躍を遂げたのが4年時、5000mで14分32秒ながら大学ベストをマーク、全日本予選で1組14位とまずまずの走りを見せると、箱根予選ではチーム2番手となる37位と見事な走りを披露、箱根予選突破に大きく貢献しました。ハーフ換算でも63分53秒とタイムも良かったですね。そんな走りを見せたこともあり、箱根ではエース区間の2区に抜擢されました。しかし、1区で単独最下位という位置でのタスキリレーだったこともあり、力を発揮することは出来ずに最下位に終わってしまいました。。。

 

 

田中 優大・・・高校ベストは14分45秒、4年時まではなかなか3大駅伝・予選会への出場は叶わず・・・ハーフでは2年時の学生ハーフに65分39秒をマーク、1万mで3年にマークした30分18秒がベストとなっています。持ちタイムはちょっと苦しかったですね。。。4年時の箱根予選ではチーム10番手の134位で走ると、そのまま箱根にも出場し、6区17位で走りました。4年生で予選会初出場となったのは田中だけでしたね。最後に戦力となってくれました。

 

 

樋上 滝太郎・・・高校ベストはなんと14分1秒なんですよねー。世代トップクラスのタイムを誇っている選手、当然ながらエース候補として期待されていましたが、高校ベストを更新するどころか、それに近いタイムで走ることも叶わず。。。そもそも記録会にもほとんど姿を見せなかった印象ですね。。。故障の影響もあったと思いますが・・・10000m,ハーフも私の知るかぎりは走っておらず、苦しすぎる4年間となってしまいました。

 

 

持ちタイムから見ると、スカウトは決して悪くはなかったですよねー。1学年上が西池・関口世代だったこともあってちょっとインパクトに欠ける部分はありましたが・・・1万mの持ちタイムも世代5番手で29分47秒までタイムを伸ばしてきています。最後の箱根でも3人出場していますし、縁の下の力持ちといった印象の学年だったかなあ。3大駅伝の結果をチームで見てみると、1年時に箱根予選を8位通過ながら箱根では9位でシード獲得、2年時には3大駅伝フル出場を果たしますが、3年以降に出場出来たのは4年の箱根のみ、それもブービーと上級生になってからはチームも世代も苦しむことが多くなってしまいました。

 


PAGE TOP