2015年 出雲&全日本結果考察 ~山梨学院大学~

続いては山梨学院大学について、出雲、全日本の結果を振り返りつつ、箱根への展望も書いていきます。出雲・全日本結果はこのようになっております。出雲と全日本は対象的な結果になってしまいました。ブレーキ無くタスキを繋ぎ、アンカーの快走で2位になった出雲、1区から出遅れてしまい、立て直せずに7位と3年ぶりにシード権を逃してしまった全日本ということに。。。

 

 

出雲では、1区を任された市谷が早い段階から遅れてしまったものの、無理にハイペースに付いて行かなかっただけで落ちてきた選手を拾っていき7位、いいスタートだったと思います。その後、1万mで28分台を出すなど、エース格の一人として成長を遂げてきました。2区は3大駅伝初出場となる秦が区間8位、13分台連発の勢いからするとちょっと残念だったかなあ。3区を任された佐藤が区間3位の好走、今まで3大駅伝では3度走っていずれも二桁順位ではありましたが、素晴らしい走りを見せてくれました。これで一気にチームが勢いづきましたね。

 

 

4区は3大駅伝初出場の上田、市谷がルーキーから活躍して悔しい思いもあったでしょう、区間2位と繫ぎ区間ですが市谷に負けない快走を見せました。その後ハーフでも63分35秒をマークし、箱根も楽しみデスね!!やはり、2年生世代はチームの中心として活躍してもらわないと困りますし、上田はエースになってほしいところです~5区は同じく2年の河村、区間7位はちょっと物足りなかったかなあ。しかし、その後は1万mで29分13秒、ハーフでも63分台をマークするなど着実にタイムを伸ばしており、市谷、上田とともに箱根デビューとなりそうです。アンカーはニャイロ、既にトラックシーズンからその力を存分に発揮しているとはいえ、初の3大駅伝ではどうだろう?と思っていましたが、28分台での区間賞はさすがですねー。留学生ルーキーの中では歴代でもトップクラスと言えるのでは?最後には総合2位まで順位を上げてきました。出場した6人全員が3年生以下、来年度は優勝も期待されますね。

 

 

全日本では、1区市谷が区間20位と大きく出遅れてしまいました。出雲と違い、落ちてしまってから粘れなかったかなあ。。。2区佐藤も区間12位に沈み、出雲2位の立役者二人が揃って苦戦してしまいました。そんな中でも、3区田代が区間4位だったのは収穫ですねー。復活を果たしただけでなく、過去3度走った3大駅伝はいずれも区間14位以下と力を発揮出なかっただけに、箱根に向けても弾みのつく走りとなりました。4区で初の主要区間となった上田は区間7位とまずまずの走り、故障で苦しんだ昨年度とは違い、今年度は欠かせない戦力となっています。5区を任された古賀が区間18位だったのはちょっと誤算でした。。。その後はハーフで64分6秒、1万mで29分15秒とベスト連発なだけに、残念でした・・・それでも、昨年度は故障でほぼ姿を見せなかった中、2年時からきっちりと戦力になってくれたのは大きいです。

 

 

6区を任された前田拓は区間9位、こちらももう一歩だったかなあ・・・今年度は5000mでベストを更新、箱根では2年連続の5区が濃厚でしょうか?7区の河村は区間4位とまずまずの走り、箱根では復路での起用が濃厚かなあ?長い距離は高校時代から苦にしないですしね。アンカーは出雲に続いてのニャイロ、3分差離れたシードラインを必死に追っていき、最後まで盛り上げてくれました。ラストこそ後一歩届かなかったものの、1年にして56分台は驚異的ですね。。。末恐ろしい選手です。

 

 

箱根に向けての戦力も見えてきましたかね―。往路は市谷、佐藤、上田あたりにオムワンバ or ニャイロ + 5区前田拓といった布陣が無難かなあ?オムワンバが万全であればもちろん走って欲しいですが、少しでも不安があればニャイロでも十分に期待出来そうですね。どちらが起用されるとしても2区となりそう。4区や復路候補も、上村、田代といった13分台ランナーに古賀、河村といった2年生も楽しみ。選手は揃っていますね。後心配なのは前回好走した桃沢が抜けた6区、そして主将の谷原が今シーズンずっと奮わないことですね・・・前回の箱根では8区4位と快走しており、本来であれば9区も任せたい選手なのですが。。。前回はまさかの2区終了時で20位からのシード獲得という離れ業を成し遂げましたが、今回は出遅れること無く各選手が力を発揮してシード獲得はもちろん、さらに上を目指して欲しいです。

 


PAGE TOP