2015年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~早稲田大学~

全大学のエントリーが公式サイトで発表されています~。今日は早稲田大学の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:柳 利幸中村 信一郎

3年:井戸 浩貴武田 凜太郎平 和真佐藤 淳

2年:光延 誠安井 雄一藤原 滋記

1年:永山 博基

 

 

エースの髙田がいないというのがまず大きな痛手ですよね。ちなみに、前回も出雲出場予定ではありませんでしたし、なかなかこの時期に合わせられていない気がします。ただ、他の選手は順当にエントリーされていると思います。全日本予選で1組を走った三井も外れていますが、どちらかと言えば長い距離が得意なタイプですから、出雲は元々微妙なところだと思っていましたし。

 

 

4年生からは、トラックでの実績はチームNo.1、昨年度からはロードでも結果を残してきている柳、箱根1区で好走、今年度は13分台、28分台をマークしている中村信の2人。

 

3年生からは、全日本予選で4組8位と好走、ロードや長い距離だけではなく、短い距離でも結果残すようになってきた井戸、度重なる故障に苦しみながらも、箱根は2年連続の出場、今年度は記録会への出場自体少なめの武田、同じく怪我に苦しむことが多いものの、チームトップとなる5000mのタイムを誇り、3大駅伝も全て経験している平、1年時から好タイムをマークし、ハーフは62分台、全日本にも出場している佐藤の4人。

 

2年生からは、1万mで29分3秒をマーク、トラックでの実績が豊富ながら、ハーフも63分台をマークするなど着実に長い距離にも対応してきている光延、元々1500mのスピードがありながらハーフも62分台をマーク、1万mも29分7秒とタイムを伸ばしてきている安井、同級生にやや差をつけられているものの、高校時代の実績は抜群、1万mも29分24秒を持つ藤原の3人。

 

1年生からは、走るたびに自己ベストを更新、5000mで13分台、1万mでも29分18秒を記録するなど最も勢いのあるルーキーの1人である永山が唯一のエントリー。

 

 

そんな早稲田の区間配置予想は以下のとおりです。

 

柳(4)-平(3)-中村信(4)-光延(2)-安井(2)-井戸(3)

 

 

昨年度、箱根で主要区間を任された柳、中村信、井戸が主要区間に配置されるのではとまず予想しました。1区は早稲田にとって近年鬼門となっている区間で、誰を起用するか迷うところでしょうが、前々回も前回も1区だった柳が3年連続任されるのではないか?と予想しました。最長区間の6区に安定感抜群の井戸、距離延長された3区には今年度好調の中村信と予想しました。全日本予選はちょっと心配でしたが、全カレでは自己ベストで入賞と好走していますし、中村信には主要区間を走ってもらいたいところです。

 

 

残る繫ぎ区間ですが、永山は1週間前の早稲田記録会をエントリーメンバーで唯一走っていたということで外しています。それが無ければ、2区か4区あたりの起用を予想したのですが・・・4区は前回も走る予定だった光延で良いかなあと。昨年度の全日本、今年度の全日本予選とちょっと苦戦が続いているだけに、負担の少ない区間でまずは好走を期待したいところ。5区は過去6回中5回下級生が起用されているということもあり、2年生の安井にしてみました。全日本予選でも3組で好走していますし、主要区間に起用されてもおかしくない選手ですね。

 

 

残る2区は日本選手権にも出場した平にしました。武田はまだ今年度まだ好走経験が無いですし、無理をして出雲から走る必要はないかなあと・・・平は13分台をマークしていますし、最短区間でそのスピードを活かして欲しいかなあと。

 

 

優勝候補と言われる大学と比べると、やはり主要区間でのインパクトに欠けますかね・・・1万mの持ちタイムも28分48秒~29分24秒の間に10人揃うレベルの高さですが、逆に28分30秒を切るような選手やエース区間で区間賞を獲得しているような選手はおらず、優勝争いとなると厳しそうかなあ・・・全日本予選での大苦戦もちょっと印象が悪いですよねえ。5位以内というのが現実的な目標になりそうかなあ。不完全燃焼なレースがここ最近は続いているだけに、早稲田の強さを見せるような走りを見たいものです。

 

 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!箱根予選順位予想もお待ちしております~

 


PAGE TOP