2015年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~東京農業大学~

本日は、東京農業大学について、トラックシーズンの振り返りと駅伝シーズンの展望を述べていきます。昨年度は全日本予選で14位はともかく、箱根予選ではまさかの11位で予選落ちという結果になってしまいました。浅岡の4位を筆頭に上位陣が稼いだ一方、主力の欠場などもあって8~10位がいずれも150位以下に沈むなど粘りきれませんでしたね。ラスト5kmで創価大に逆転を許す悔しい結果となりました。。

 

 

今年度は全日本予選で前回と同じ14位、2組で実質終戦というところまで同じ展開となってしまいました。。。30位台が4人出てしまった一方、組1桁が一人もいなかったというのは厳しいですよね。全日本予選の結果が箱根予選に直結するわけではもちろんありませんが、不安を残す結果となりました。選手一覧はこのようになっております。また、持ちタイム3部門のベスト更新をポイント化すると、以下の通りとなります。

 

※2015年に更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1ptとして計算

 

 

5000m・・・19pt(1位、3位~6位)

 1万m・・・4pt(4位)

ハーフ・・・21pt(1~3位、5位、7位、9位、10位)

 

 

(参考 2014年の得点)

5000m・・・6pt(5位、6位)

 1万m・・・0pt(無し)

ハーフ・・・1pt(9位)

 

 

1万mこそ4ptにとどまっていますが、5000mとハーフはいずれも20pt前後のポイントを獲得しており、3部門で7ptしか獲得出来なかった前回と比べ、段違いのポイントとなっています。持ちタイムが直接勝負レースの結果に影響を及ぼすことは無いとはいえ、ベストを出すのに越したことはありませんからね。昨年度とは一味違うトラックシーズンだったと言えるでしょう。5000mでは何といっても戸田の13分36秒が光りますよねー。日本人大学生トップとなるタイムを叩き出しています!関東インカレ2部5000mでも2位に入っていますし、タイム・勝負レースともに申し分ない結果を残しています。さらに、チームの中心となって欲しい佐野、折居がそれぞれ14分10秒台のベストをマークし、期待のルーキーである小山が14分3秒の好タイムをマーク、滋野も14分18秒でチーム6番手につけるなど、主力とルーキーがベストをマークした5000mとなりました。

 

 

10000mでも小山が29分36秒でチーム4番手となるタイムをマーク、小山は既にハーフも経験しており、65分35秒で走っているんですよね。タイムだけではなく、関東インカレ2部5000mでも5位入賞を果たしていますし、トラックシーズンにて最も活躍したルーキーの一人となりました。唯一の失敗レースは全日本予選で3組36位だったことくらいでしょうか。。。即戦力ルーキーどころかもう戸田とともにチームを引っ張って欲しい存在です。

 

 

ハーフでは7人もベストを更新しています。エース戸田が62分14秒とダントツトップとなるタイムをマーク、1500mでの強さが光る戸田ですが、年々長い距離でも結果を残してきています。さらに折居が63分42秒で2番手、畠山が64分8秒、西村が64分23秒でそれぞれ2位、3位、5位につけています。スカウトが良くなかったと言われる3年生世代が揃って持ちタイム上位に来るのが感慨深いものが・・・ただ、64分切りが2人しかいないというのは箱根予選突破に向けてはちょっとさびしいデータですね。他にも高橋が64分32秒、大澤が65分7秒、茂木が65分13秒でともにトップ10に入ってきています。

 

 

ハーフの平均持ちタイムは16位と数値上は箱根予選通過圏内にまで入ってきました。箱根予選突破が最大の目標となりますが、エース力という面では昨年度より正直劣るかなと思います。浅岡、竹内といった実績のある選手が抜けてしまいましたからね。全日本予選で3,4組を走った小山、折居、戸田、佐野あたりにまずは稼ぐ役割を期待したいところです。特に戸田は1桁順位も期待出来る選手ですしね~主力が稼ぐ以上に大事になってくるのが、8~10番手の順位ですね。いくらエースが稼いでも10番手の選手が大きく遅れてしまっては意味が無いですし、前回は10位、11位がともに1年生で1年に命運を託すことになるのは、チーム状況としても良いとは言えないですしね。

 

 

エースでは見劣りしても、10番手を争う選手は昨年度よりもレベルが高くなってきているのかなとも思います。ハーフの持ちタイムを伸ばしてきている選手が多いのは好材料ですね。後は箱根予選という勝負レースでどれだけ自分の力を発揮出来るかということになるかなあ。前回はラスト5kmで大きく失速してしまっただけに、ペース配分も大事になってくるでしょう。戦力的には箱根予選突破も十分に狙えると思いますし、前回の反省を活かし、今回は2年ぶりの箱根復帰を決めて欲しいものです!!

 

 

箱根予選の順位予想はまだですが、出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けています。本日、中央学院の区間配置予想も募集開始しましたので、投票お待ちしております♪

 


PAGE TOP