2015年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~創価大学~

本日は、創価大学について、トラックシーズンの振り返りと駅伝シーズンの展望を述べていきます。昨年度は駅伝シーズンに入って自己ベストを叩き出す選手が続出し、箱根予選でも10位に入り、見事に創価大史上初の箱根駅伝出場を果たしました。箱根こそ最下位に終わりましたが、大きな一歩を踏み出しました。今年度は昨年度の主力も多く残り、当然2年連続の箱根路を目指したいところですが、昨年度のような勢いが感じられず、全日本予選も19位でブービーに終わるなど、箱根予選に無受けて課題の残るトラックシーズンとなりました。選手一覧はこのようになっております。また、持ちタイム3部門のベスト更新をポイント化すると、以下の通りとなります。

 

※2015年に更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1ptとして計算

 

 

5000m・・・10pt(3位、5位、6位)

 1万m・・・8pt(2位、8位、10位)

ハーフ・・・1pt(9位)

 

 

(参考 2014年の得点)

データ無

 

 

昨年度は創価大の持ちタイムを把握していなかったので、データはありません。箱根予選の通過予想でも選択肢にいれずに失礼しました。今年度は創価はもちろん、東京国際大も選択肢に追加する予定です。箱根予選エントリー14人が判明した段階でまた投票を受け付ける予定なので、奮って参加していただければと思います。ポイントに戻りますと、最高でも10ptとやはり印象どおりに獲得ポイントが少なめなことが伺えます。特にハーフは大川が66分34秒で9位に入ってきただけかなあ。他9人は全員が前回の箱根予選20kmをハーフ換算したものがベストタイムとなっており、いかに箱根予選がいい走りだったかが伺えます。ただ、そもそも創価大はハーフ大会への出場自体が一部主力を除いて殆ど無いんですよねー。素人目にはもう少し出場しても良い気がするのですが。。。

 

 

5000m,10000mそろって結果を出したのはエース格の後沢、5000mで14分4秒はチーム3番手、10000mの28分51秒は2位とともに見事なタイムをマークしています。エースの山口がちょっとここまで奮わないレースが多いだけに、その充実ぶりが目立ちますね。全日本予選でも3組10位と結果を残しています。箱根予選では前回マークして49位を上回る順位が期待されます。5000mでは他にセルナルド、蟹澤といった主力達が14分8秒、14分11秒と好タイムをマーク、セルナルドは全日本予選でも3組14位、関東インカレ2部ハーフでも8位入賞を果たすなど後沢とともに好調を維持している主力の1人です。蟹澤は全日本予選で2組25位と最低限の走りはしてくれた感じですかね~。ココらへんの主力には前回以上の走りが箱根予選で求められることとなりそうです。

 

 

決してスカウトが良かったとはいえない今年度の創価において、見せ場を作っているのが古場、二宗の二人です。古場は5000mで14分29秒のベストをマークし、全日本予選にも出場を果たしています。結果は残念ながら2組最下位に終わっていますが、期待の大きさが伺えます。二宗は10000mで30分10秒とチーム8番手となるタイムをマークして注目を集めました。5000mはまだ14分54秒ではありますが、1年にして早くも戦力となってくるかもしれませんね。

 

 

2年連続の箱根予選突破に向けては、もちろん期待も大きいですが、不安も多々ありますね。前回は本当に完璧な走りと言っていい結果でしたし、前回箱根出場校が何校も失敗レースをしたというのも正直ありました。前回以上の走りを各選手に求めるのは、一部の主力を除いては正直厳しいでしょう。前回の予選突破という結果を上手く今回に活かせるといいのですが・・・エースの山口が奮わないのも気にはなりますが、予選会にはしっかりと合わせてきてくれる選手だと思います。後は、8~10番手を争う選手がどれだけレベルアップしているかですかねー。山口、後沢が4年時の今年度はやはり勝負の年だと思いますし、稼げる選手がいるというのは箱根予選において非常に大事になってきますからね。前回同様に10枠となった箱根への切符を是非とも2年連続で掴み取って欲しいものです!

 


PAGE TOP