2015年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~帝京大学~

本日は、帝京大学について、トラックシーズンの振り返りと駅伝シーズンの展望を述べていきます。昨年度は全日本予選で8位とまさかの予選落ち、箱根でも11位でシード落ちと散々な一年になってしまいました。復活を期す今年度、全日本予選では経験の浅いメンバーも起用されてどうかなあ?と思いましたが、しっかりと5位での通過を果たしました。力のある世代が抜けても新戦力がどんどん出てくるのが帝京の魅力ですよねー。選手一覧はこのようになっております。また、持ちタイム3部門のベスト更新をポイント化すると、以下の通りとなります。

 

※2015年に更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1ptとして計算

 

 

5000m・・・17pt(1~3位、8位、9位)

 1万m・・・16pt(1位、2位、5位、6位)

ハーフ・・・18pt(1~3位、6位、10位)

 

 

(参考 2014年の得点)

5000m・・・19pt(1位、2位、4位、5位、8位)

 1万m・・・10pt(3位、5位、7位、9位)

ハーフ・・・8pt(1位、6位)

 

 

3部門ともに似たようなポイントを獲得していますね~。その多くのポイントを獲得しているのが、全日本予選で3,4組を任され、主力として活躍が期待される4年の高橋裕、堤、3年の内田、加藤です。特に高橋裕は5000mで14分6秒、10000mで29分9秒、ハーフで62分13秒と3部門全てでチームトップタイムを叩き出しています。さらに、ハーフではユニバにも出場して活躍、全日本予選で最終組6位とまさにエースと呼ぶに相応しいタイム、実績をマークしています。続くのは内田でしょう。5000mで14分18秒はチーム3番手、1万mで29分22秒でチーム5番手、ハーフで62分20秒はチーム2番手とこれまた3部門全てでベストを更新、全日本予選も最終組で11位とますます頼られる存在になってきました。

 

 

加藤も3部門全てでベストを更新している選手、5000mで14分14秒は2位、10000mで29分23秒は6位、ハーフで63分57秒は6位とタイムを伸ばしてきました。まだまだ、実績は全日本予選3組24位しかありませんが、好タイムを連発していれば、自ずと実績もついてくることでしょう。堤は5000mこそベストはありませんでしたが、1万mでチーム2番手となる29分12秒、ハーフでも62分37秒はチーム3番手、全日本予選でも3組6位とこれまた記録会でも勝負レースでも結果を残しています。はこねでも10区4位で走っていますしね~

 

 

この4人以外でトップ10でベストを更新したのは、5000mで島口、ルーキーの畔上がいますが、タイムはいずれも14分25秒とちょっと物足りないですし、ハーフも64分38秒をマークした山崎だけです。エース格を支える中堅層がベストを更新出来ず、かといって新たにトップ10に入ってくるような選手もいなかったのが、ちょっと残念なトラックシーズンでしたかねえ。ベストをマークした選手は他に何人もいましたが、今シーズンの駅伝で戦力となるには、やはり3部門のいずれかではチーム10番手以内には入ってきたいところですしねー。

 

 

怪我人も多く、なかなかベストメンバーが組めなかった昨年度と比べると、エースたちが順調にきていることは良い状況です。となると、全日本も期待したいところですが、出場した過去5大会はいずれも10位以下とシード権争いどころか一桁順位にさえ入れていないんですよねー。13位→10位→11位→11位→13位といった状況です。特に過去3大会は1区で16位以下と鬼門と言われる帝京の1区においても、全日本の1区はさらに苦手としていますからね。1区を安心して任せられる選手の台頭というのがやはり帝京には求められることとなりそうです。1区さえ上手くしのげれば、2区以降も面白い戦いができるだけの戦力はあると思うんですけどね。また、10000mのトップ10のうち8人が、ハーフのうち7人が4年生を占めるというチーム状況を考えると、来年度に向けて箱根シード権は何が何でも獲得しておきたいところですね。昨年度の悔しい結果をバネに、昨年度以上の結果を期待したいです!!

 


PAGE TOP