91回箱根駅伝を振り返る ~3位:東洋大学~

本日は東洋大学の箱根路を振り返ってみます。大学別結果選手別結果はこんな感じです。6大会連続で2位以内、うち4度の優勝と箱根において圧倒的な強さを誇っていた東洋ですが、久しぶりに2位以内を逃してしまいました。全日本も4位でしたし、ここ数年に比べるとやや物足りない駅伝シーズンとなりました。3位や4位で物足りないと言われるのも、東洋ならではですが。。。

 

 

1区田口は最後まで先頭集団に付いてき、ラストこそ遅れたもののトップと12秒差の4位でタスキを繫ぎました。前回よりもトップとのタイム差は縮めていますし、途中引っ張ってハイペースを維持していまし、前回以上の走りを見せてくれました。2区の勇馬は村山兄弟、一色、大六野、高田ら有力選手が揃う中で区間賞の走り、素晴らしかったですねー。前半からハイペースで入って一時謙太に置いて行かれても再度追いつき、追い抜いてトップでのタスキリレーですからね。勇馬の強さを感じました。

 

 

ここまでは計算通りの走りだったでしょう。3区を任されたのは前回9区で好走した上村、しかし今年度は好走と呼べる走りが無くてちょっと心配していましたが、区間6位、総合順位も1→4位に下げてしまいました。決して悪い走りでは無かったと思いますが、駒澤の中谷や明治の有村といった実績の豊富な選手相手ではやはり分が悪かったかなあ。。。4区の櫻岡も区間4位の走りでまずまずの走りだったと思いますが、ここの1~3位が青学、駒澤、明治と優勝を争うライバルだったことが痛かったです。3区、4区と徐々に差をつけられてしまいました。

 

 

最初で最後の3大駅伝が箱根5区という五郎谷は区間11位・・・東洋は5区を苦手としているチームかなと思っていますが、柏原や啓太といった大学を代表するエース級以外では距離延長後、特に苦戦していますねー。最も差のつきやすい区間ですし、やはりエース級を投入するしか無いのかなー。。。青学が爆走したことで優勝は絶望的な状況となり、現実的には2位狙いということになりました。

 

 

復路こそ選手層の厚さを見せつけたいところでしたが、区間二桁の順位こそ無かったものの、区間3位以内が7区弾馬の1人だけと近年の東洋の強さが凄まじかっただけに、物足りない結果となってしまいました。6区高橋が区間8位で駒澤に追いつかれ、7区弾馬、8区今井はともに駒澤と競り合う展開でしたが、ともに終盤に突き放されるというらしくない走りだったかなあ。。。9区寺内は区間9位の走りで明治にも抜かれ、早稲田にも差を詰められるという結果に・・・アンカー淀川は明治を再度逆転し、早稲田を突き放して3位を確保しました。

 

 

設楽世代が抜けても3位に入ったのは素晴らしかったですし、東洋の強さも感じることが出来ました。3大駅伝初出場の選手でも結果を残すのはさすが東洋だと思います。ただ、全日本の時も感じたのですが、走る選手が区間3位以内で走るのが当たり前のようになっていたのが、今回3位以内は服部兄弟だけですし、区間6位以下も半分の5区間出ているんですよね。昨年度までの圧倒的な安定感が今年度は見られなかったのがちょっと気がかりでもあります。主力の1人である高久を起用出来なかったのも痛かったですねー。

 

 

来年度は、1区田口、5区五郎谷、8区今井、10区淀川と4人が抜けることになります。さらに、今回走らなかった高久も卒業ということで、その穴は決して小さくは無いですね。来年度は既に発表になっていた中畑以外に小笹、山本と14分10秒台が3人入りますね。いずれも記録会以外での実績も豊富ですし、面白そうな選手ではないでしょうか?来年度、また順位を下げるようですとそのままズルズルと下がっていってしまう恐れもありますし、来年度は強い東洋を見せつけて欲しいです!!

 


PAGE TOP