91回箱根駅伝 日本体育大学の優位/不安要素

続いては前回の箱根では3強の一角に数えられながら、万全では無かった選手もいて苦戦しましたが、9区矢野の区間歴代2位の走りもあり、総合3位、全日本の推薦出場も獲得した日本体育大学の優位/不安な点を考察していきます。・・・過去5年の箱根成績はこのようになっております。服部世代が卒業し、大幅な戦力ダウンが予想されましたが、それでも大学を代表する選手である山中がおり、山への適性は服部以上ということで箱根ではある程度戦えるのではないか?と思っていましたが、肝心要の山中の故障が長引き、箱根への出場も難しいという状況です。

 

 

山中が目処が立たないことで、絶対的なエースが不在というのが今の日体大の大きな不安要素ですね。全日本でも1区で出遅れると、それを立て直せる選手がいないことでずっと苦しい走りになってしまいましたからね。キャプテンの加藤が今シーズンは好調ですが、トラックに比べると駅伝ではそれまで結果を残せておらず、全日本でも1区で出遅れてしまいました。エース格の1人である勝亦もいい時はハーフ62分台で走るなど好走を見せますが、悪い時は65分台になったりしてしまいますからね。。。安定感の無さが気になるところです。ルーキーや3年生にも力のある選手が揃っていますが、流れを変える程の選手はおらず・・・箱根ではブレーキが出たり、往路で出遅れると下位に沈んでしまいそうなリスクもありますね。

 

 

一方、ルーキーの勢いというのは優位な点だと思います。全日本を見てもなかなかずば抜けた選手が出てきてこない状況で、1年生の充実ぶりというのは、神奈川大と並んでトップクラスだと思います。他の大学はせいぜい2,3人しかルーキーが出てこないのが、日体大、神奈川大は5人以上は好タイムを出してきていますからねー。監督も箱根では4人位ルーキーが走るかもしれないという話をしていますし、そんなルーキーに負けないようにと先輩たちも目の色を変えるようになり、結果としてチームとしても良い方向に進んでいくのでは?これだけ選手が出てきていて、まだ高校駅伝で活躍した辻野が出てきていないというのが恐ろしいです。。。

 

 

山も心配ですねー。前回ともに好走した服部、鈴木は卒業してしまい、何といっても山中を5区に起用出来なそうなのが痛いです。前回の順天堂も5区西郷を起用出来なかったことが響いて大きく崩れてしまい、シードを逃してしまいましたからねー。それとちょっと似たような状況の気もしてしまいまして。。。小町が5区候補として予定されているということで、出雲3区、全日本では2区を任されるなど期待の選手です。しかし、全日本では1区で出遅れていたということもありますが、区間16位に沈んでいますし、ちょっと未知数な部分が多いですね。6区は本人が希望していた小泉が走るのであれば心配はいらなそうかなあ?焼津ハーフでの好走は見事でしたし、今年度は3部門全てで自己ベストを更新するなど好調ですからね!

 

 

後は、経験不足というのも不安要素の一つかなあ。ルーキーが何人も起用されそうということは、逆に言えば経験者が少ないということですからね。前回の箱根経験者は5人残っていますが、山中の他、坂本も今シーズンは故障なのか余り姿を見せず、ちょっと箱根は厳しそう。。。となると、最悪前回の経験者が3人しかいないことに。。。主要区間を走っている選手も3区17位の勝亦だけですからね。今年度は育成の年になるのは間違いないでしょうが、最低限シード権を獲得して来年度に繋げたいところですよねー。

 

 

箱根エントリー16人予想

 

4年:加藤、木村、冨田

3年:勝亦、奥野、小泉、周防

2年:小野木、秋山、小松、山本

1年:小町、吉田、冨安、城越、柿本

 

 

全大学中恐らく唯一であろう、1年生が最も多く、4年生が最も少ない予想となってしまいました。4年生は今シーズン大活躍の加藤にハーフで63分8秒を出した木村、同じく上尾ハーフで64分18秒を出した冨田の3人、3年は全日本で8区を走った勝亦に上尾ハーフで62分56秒を叩きだした奥野、ハーフ63分26秒を持つ小泉、全日本で6区9位の走りを見せた周防の4人、2年からはハーフ64分19秒を出した小野木、64分12秒を出した小松、出雲5区で出場予定だった秋山、全日本で7区7位、前回の箱根で7区13位の山本の4人、1年生からは全日本で2区を任されるなど1年にしてエースの期待高まる小町、高校駅伝で活躍し、1万mで29分19秒を持つ吉田、上尾ハーフで64分5秒をマーク、全日本でも5区10位で走りチームを立て直した冨安、上尾ハーフで64分20秒を出した柿本、64分23秒を出した城越の5人です。

 

 

高島平20kmや上尾ハーフを見る限り、下級生は早くも箱根の距離に対応しており、上級生もベストが続出とチームとしてはいい流れできているようですね。ハーフの平均も持ちタイムも7位まで順位を上げてきました。数値上はシード圏内にまで入ってきましたね。下級生中心のチームとなりそうですし、思い切った走りを見せて欲しいですねー。選手層も1年生の台頭でだいぶ厚くなりましたし、序盤さえ上手く凌げれば、十分にシードは狙えると思います。前回3位というプライドをもって、来年度以降にもつながる走りを見せて欲しいです!!

 


PAGE TOP