2014年 全日本駅伝戦力分析&区間配置予想 ~山梨学院大学~

続いては、山梨学院大学における全日本駅伝の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。前回の全日本では2区井上の区間賞や4区兼子が3大駅伝デビュー戦で好走、余裕をもってアンカーのオムワンバにタスキを繫ぎ、5位で見事にシード権獲得しました。今年度は井上、阿部、兼子といった主力が4年生となり、有力ルーキーの加入しましたので、2位が10度ありながらどうしても勝てない全日本での初優勝を狙いたいところです。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:井上 大仁阿部 竜巳兼子 侑大桃澤 大祐

3年:E・オムワンバ前田 拓哉谷原 先嘉前田 直人礒野 裕矢

2年:佐藤 孝哉上村 純也伊藤 淑記

1年:市谷 龍太郎

 

 

 

箱根予選エントリーメンバーからは小山、山本が外れ、市谷がエントリーされました。ようやく、期待のルーキーから1人入ってきましたね。先月の記録会でも14分1桁で走っていますし、ほぼ万全の状態で臨めそうかな?そんな山梨学院大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

佐藤(2)-井上(4)-市谷(1)-阿部(4)-上村(2)-兼子(4)-谷原(3)-オムワンバ(3)

 

 

箱根予選会出場校の場合、箱根予選での走りが非常に参考になるかと思います。箱根予選の2週間後に全日本が行われるわけですから、そこで悪い走りをした選手が全日本を走る可能性は低いでしょう。。。ということで、箱根予選会に出場した上位7人+ルーキーの市谷の8人で予想してみました。主要区間については、1,2,8区を前回と同じ佐藤、井上、オムワンバ、4区は箱根予選で好走した阿部にしましたが、前回同様に兼子でも問題無いでしょう。佐藤は前回11位と出遅れてしまいましたが、今年度はトラック・ロードともに安定感のある走りを見せていますし、箱根予選でも25位で走っていますからね。前回以上の走りは十分に期待出来そう。井上は2区か8区か迷うところですが、前回区間賞を獲得している選手をわざわざ動かす必要も無いかなと・・・安定感に加えて爆発力まで出て来た今の井上ならば、2年連続の区間賞も十分射程圏内ですね。

 

 

アンカーのオムワンバは箱根予選はやや物足りない走りでしたが、やはり最長区間のアンカーにオムワンバが控えているというのは他大に対して大きなプレッシャーとなります。2区を安心して任せられる井上がいる以上、アンカーオムワンバで大きく稼いでもらえる戦略が有効だと思います。4区の阿部は1万m28分台、ハーフ62分台の持ちタイムに加えて、前回の箱根で9区5位相当で走っているのが心強いですね。故障が多い選手で不安でしたが、箱根予選で21位の快走を見ると、何も心配することなく主要区間を任せられそうです。繫ぎ区間は、まずルーキーの市谷を3区にしてみました。最短区間ということだけではなく、山梨学院の3区は過去8大会連続で二桁順位という最も苦手としている区間なのです。そこに箱根予選を走っていないため、全日本に向けて調整しやすく、スピードのある市谷に任せるのはどうかな?と思いました。

 

 

5区に上村、前回の全日本は3区13位と苦しい走りでしたが、今年度は箱根予選会も87位でまとめましたし、昨年度以上の走りを期待したいかなあと。6区は兼子、繫ぎ区間と言われる5~7区において、最長区間で真ん中に位置する6区は他2区間よりも重要度が高いと思います。6区に信頼出来る選手を置ければ、少なくともチーム内で力の劣る選手を2区間連続して起用しなくて済みますからね。今年度のトラックシーズンは奮わずに心配しましたが、箱根予選では37位としっかりと合わせてきてくれました。前回の全日本での4区5位の好走も記憶に新しく、6区ならばさらに上位の順位で走ってくれそうです。7区に谷原、箱根予選での38位という好走を見せられると、起用しないわけにはいかないでしょう。先月の1万mのベスト更新、そして今回の好走と下級生の頃から期待されていた選手ですが、ようやく結果も伴ってきましたね。今後も貴重な戦力となっていって欲しいです。

 

 

持ちタイムでいえば、前田拓には是非ともメンバーに入ってきて欲しいのですが、前回、今回の箱根予選でともにチーム内10位という結果ではちょっと起用しにくいですよね。。。力のある選手であることは間違いないのですが、勝負レースで力を発揮出来ていないのが残念です。主要区間は優勝を狙う大学にも劣らないメンバーが組めると思います。特に井上、オムワンバのダブルエースは非常に強力で全大学でもトップクラスです。となると、鍵を握るのは繫ぎ区間ということになりますよねー。井上、オムワンバ、佐藤、阿部、兼子までは実績を見ても十分に信頼を置けそうなので、残り3人の走り次第では優勝争いに絡んでくると思います。最初にも書きましたが、全日本は2位が10回もあるのに、どうしても優勝には手が届いていません。その2位にも、もうここ10年は届いていないですし、優勝を狙うのであれば戦力が充実している今年が勝負なんですよね!是非とも、悲願の初優勝を達成してほしいものです。

 

 

全日本区間配置予想順位予想の投票も受付けていますので、こちらもよろしくお願いします!

 

本日、「箱根駅伝 勝利の名言」という本が発売されたみたいです。生島 淳さんの本は、私も「箱根駅伝 勝利の方程式」ですとか「箱根駅伝 新ブランド校の時代」など、箱根駅伝関連の本は大体読んでいます。確かに、内容はなるほどと思わせるものなのですが、熱心な駅伝ファンからしてみれば当たり前のことしか書いていないような気もする。。。普段から感じていることがまとめられているというか・・・まあ、何だかんだ言いつつ、きっとまた読んじゃうとは思いますが(笑)

 


PAGE TOP