2014年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~青山学院大学~

続いては青山学院大学についての上半期振り返りと、現時点での出雲駅伝のオーダーを予想してみたいと思います。前年度は出雲5位、全日本は6位で初のシード権を獲得、箱根も5位でのシード獲得となりました。トラックシーズンは主力だけではなく、ルーキーから中堅どころからどんどんタイムを出す選手が出て来ました。主力がベスト続発だと明治や駒澤が目立ちましたが、チーム全体で結果を残したという意味では青学が一番だったのでは?2部ではありますが関東インカレでも、長距離での獲得ポイントは駒澤をも上回り、充実したトラックシーズンを送ったのではないでしょうか。いよいよ駅伝シーズンに向け、久保田や藤川といった胡椒で遅れていた選手が復帰し、一色、神野といったエース格が結果を残し続けている状況、3大駅伝でも活躍が大いに期待されます。・・・選手一覧はこのようになっております。

 

 

青山学院大学における2014年の持ちタイムトップ10の更新情報をポイント化すると、以下のようになります。

(1,2位更新・・・5pt、、、9,10位・・・1pt)

 

 

5000m・・・7pt(6~8位)

 1万m・・・19pt(1位、2位、5~7位、10位)

ハーフ・・・17pt(1位、3位、6~8位、10位)

 

 

あらっ、ポイント化すると、1万m、ハーフこそ高得点でしたが、5000mは7ptに留まり、そこまで目立つ結果では無いですねー。5000mでは、渡邉心が新たに13分台ランナーとなり、秋山も13分台目前となった他、大越、田村、貞永が14分1桁でのベスト更新と1年生の活躍、そして三木、佐藤といった4年生も14分1桁で走るなど、トップ10以外の選手の活躍が目立ったんですねー。実際、私がデータ管理している23人中11人と約半数がベストを更新しています。箱根を見据えていく上で、選手層の厚さというのは大事になってきいますし、底上げができていることの証明かと思います。

 

1万mでは、28分半を切った一色、小椋の充実ぶりが目立ちますね。特に一色の活躍は目覚ましく、今年度はエースとしてチームを引っ張っていく存在でしょう。他にも、28分台で走った川崎、秋山も楽しみな選手です。しかし、二人とも昨年度は3大駅伝を走れていないんですよねー。そういった選手が28分台で好走するのを見ても、やはり今年度の青学は一味違うと感じます。どんどん新戦力が出て来ているという印象ですね。1~3年生の充実ぶりを他大との比較をすると、むしろ来年度が勝負の年となるかもしれません。他、渡邉心が29分9秒をマーク、ハーフ63分台も合わせて3部門でベストを更新しています。昨年度は怪我の影響もあって目立った成績を残せませんでしたが、今年度は3大駅伝デビューが濃厚ですね。

 

 

ハーフでは、エースの神野が62分42秒でチームトップタイム、一色も63分1秒ときっちりと結果を残しました。関東インカレハーフでも1,2フィニッシュを果たしているように、長い距離でも強さを発揮するだけではなく、勝負レースでも結果を残せる二人です。他にも、藤川、山村、村井が63分台を出し、63分台は20km換算も含めて、脅威の15人を誇ります。わずか1分20秒ほどの間に15人がひしめき合うという状況ですね。5000mや1万mに比べると、ずば抜けたタイムを持つ選手がいないのがしいて言えば欠点かもしれませんが、この勢いならばロードシーズンにはまた好記録連発ということも十分に有り得そうです。

 

 

出雲駅伝オーダー予想(仮)

小椋(3)-藤川(4)-神野(3)-山村(3)-秋山(2)-一色(2)

 

 

主要区間である1,3,6区は前回と同じでもいいかなあと思ったのですが、アンカーで勝負するなら一色の方が良いかなあ?と思い、1区は2年連続で好走している小椋、3区に神野、6区に一色としてみました。順当ならばこの3人が主要区間を任せられることになるのではないでしょうか?2区はやはり3年連続で走っている藤川かなあ?7月にはもう記録会である程度結果を残せるまでに回復しているわけですし、出雲は万全の状態で迎えられると信じて・・・・4区には山村、昨年度は全日本、箱根で結果を残していますし、今シーズンも関東インカレの3000m障害で優勝し、5000mでベストを更新していますからね。きっちりと走ってくれるのでは・・・5区に秋山、5000m,1万mともにベストを更新し、高いレベルで安定している秋山は出雲から見てみたい選手です。

 

選手が揃っているだけに、誰が選ばれるのか予想しづらいところがありますねえ。一応、勢いがあるとはいえ、まだ焦って起用するほどではないと判断して1年生は予想から外してあります。久保田もさすがに走れない期間が長過ぎたので、そこまでスピードが戻っていないかなと・・・ある程度勝負出来る陣容だとは思いますが、優勝となるとちょっと物足りない気もしますかねえ・・・前々回の出雲優勝は正直他大学や展開に助けられた部分も大きかったですし。とはいえ、優勝を経験しているというのは大きいですし、是非とも前々回の優勝の再現を狙って欲しいです!

 


PAGE TOP