2014年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~山梨学院大学~

続いては山梨学院大学の上半期振り返りと、現時点での箱根予選出走者について予想してみたいと思います。前年度は全日本を5位でシード獲得、箱根も上位進出が期待されましたが、まさかの2区途中棄権という結果に終わってしまいました。全日本でも2年連続シードはもちろん、優勝争いに加われる戦力だと思いますし、箱根予選もトップ通過の最有力かと思います。各学年に有力選手が集まり、特に4年生に主力が揃っていますからね。是非とも、昨年度の箱根の借りを返してほしいものです。選手一覧はこのようになっております。

 

 

山梨学院大学における、2014年の持ちタイムトップ10の更新情報をポイント化すると、以下のようになります。(1,2位更新・・・5pt、、、9,10位・・・1pt)

 

 

5000m・・・11pt(2位、5位、6位)

 1万m・・・13pt(1位、2位、5位)

ハーフ・・・17pt(2~5位、9位)

 

 

3部門でいずれもベストを更新し、チーム2番手のタイムを持つ井上の成長が著しいですね。持ちタイムを見ても、5000m13分42秒、1万m28分23秒、ハーフで61分39秒といずれも山梨学院大学の日本人記録となるタイムをマークしている一方、関東インカレで1万m2位、ハーフで優勝と持ちタイム、実績共に申し分ありません。大学トップクラスランナーへと成長を遂げた井上が駅伝シーズンで見せる走りが今から楽しみです♪また、5000mでは2年生の佐藤、伊藤がともに14分1桁でのベストを更新、昨年度は3大駅伝にルーキーながら出場した二人が、1年経ってどこまで成長しているのか、遠くに佐藤は関東インカレでも入賞するなど結果を残しているだけに楽しみです。

 

1万mではオムワンバが28分00秒までタイムを伸ばし、27分台目前に迫りました。関東インカレでは1500m,5000mで優勝、今年度も昨年度と変わらずかそれ以上の活躍が期待出来そうです。まずは箱根予選で2年連続トップとなる走りを見せて欲しいところです。阿部も1万mで28分台、ハーフで62分台でのベスト更新は見事だったのですが、その後は姿を見せず・・・駅伝シーズンには元気な姿を見せて欲しいです。上級生が元気な一方、期待の1年生でベストを更新したのは、入学前の河村がハーフで好タイムをマークしただけですからねえ。ちょっと物足りない印象は否めません。

 

 

箱根予選出場12人予想(仮)

4年:井上、阿部、兼子

3年:オムワンバ、田代、前田拓

2年:佐藤、上村、伊藤

1年:上田、市谷、河村

 

 

各学年3人ずつと予想してみました。1年生は上田、市谷、河村の3人が走ってもおかしくないかと・・・希望も込みなので、実際には2人くらいに落ち着きそうな気もしますが。。。2年生は5000mで14分1桁トリオの佐藤、上村、伊藤にしてみました。いずれもハーフの持ちタイムは64分台ですが、特に佐藤は持ちタイム以上の力はあるでしょうし、稼ぐ役割を期待したいところですね。3年生はオムワンバは当然として、あまり姿を見せない田代と前田拓も入れてみました。二人とも持ちタイムを見ても、過去の走りを見ても活躍して欲しい選手ですからねー。二人が出場できないようであると、いくら山梨学院といえど、不安が残るところです。

 

4年生は井上、阿部、兼子の3人はまず間違いないでしょう。井上は日本人トップどころか、全体トップにも挑んで欲しいですけどねー。今シーズンの勢いを見ても、日本人トップを争うのは井上と城西の村山紘太ということになりそうかな。昨年度の日本人トップ2もこの二人ですしね。さらに、レベルアップした二人のハイレベルな争いが楽しみです。阿部と兼子も頼りになりますし、やはり予選会校の中では頭ひとつ抜けているという感じですかね。

 

他にも、前回の箱根予選経験者では有泉、前田直、山本、磯野がいるんですよねー。3大駅伝で実績のある選手と勢いのある選手を予想してみましたが、こうした箱根予選経験者というのも、頼りになる選手たちですよねー。磯野あたりは走る気もしますが、果たして・・・予選突破はほぼ確実といえる戦力ですし、昨年度は惜しくも2位通過だっただけに、是非ともトップ通過を目指してほしいものです!!

 


PAGE TOP