早稲田大学 ~2014年度戦力分析~

続いては、早稲田大学の2~4年生について見ていきます。2013年度は主力の卒業を下級生の台頭で埋め、3大駅伝全てで4位という結果となりました。特にハーフの大会では好記録を連発し、すでに平均持ちタイムは62分台で駒澤に次ぐ2位となっています。しかし、ハーフに比べると5000m,1万mのタイムは物足りないため、トラックにも力を入れていきたいところです。そんな早稲田大学の持ちタイムは以下のようになっています。

 

順位 名前 学年 5千ベスト 1万ベスト ハーフ換算 出雲 全日本 箱根
1位 早稲田大学 山本 修平 4年 13:42.17 28:14.49 01:02:14 3回 3回 2回
2位 早稲田大学 田口 大貴 4年 14:01.24 29:14.42 01:02:30 1回 0回 2回
3位 早稲田大学 臼田 稔宏 4年 14:13.26 29:42.00 01:03:55 0回 0回 0回
4位 早稲田大学 岡田 健志 4年 14:34.24 29:57.31 0回 0回 0回
5位 早稲田大学 高橋 広夢 4年 14:28.11 30:15.07 01:04:09 0回 0回 1回
6位 早稲田大学 山田 侑矢 4年 14:34.60 30:33.04 01:04:23 0回 0回 0回
7位 早稲田大学 柳 利幸 3年 14:02.13 28:59.12 01:03:04 1回 2回 2回
8位 早稲田大学 高田 康暉 3年 14:18.28 29:04.45 01:02:38 2回 2回 1回
9位 早稲田大学 三浦 雅裕 3年 14:11.94 29:42.50 01:02:52 0回 0回 1回
10位 早稲田大学 中村 信一郎 3年 14:27.29 29:55.75 01:03:07 1回 0回 1回
11位 早稲田大学 三井 泰樹 3年 14:17.70 29:58.72 01:04:45 0回 0回 0回
12位 早稲田大学 武田 凜太郎 2年 13:58.83 29:04.20 01:03:28 1回 1回 1回
13位 早稲田大学 平 和真 2年 13:55.64 29:11.26 01:03:12 0回 1回 1回
14位 早稲田大学 井戸 浩貴 2年 14:16.20 29:29.48 01:02:33 0回 1回 1回
15位 早稲田大学 佐藤 淳 2年 14:19.00 29:37.08 01:04:13 0回 0回 0回
16位 早稲田大学 浅川 倖生 2年 14:13.58 29:47.25 0回 0回 0回
17位 早稲田大学 臼田 康一郎 2年 14:16.16 31:05.30 0回 0回 0回
18位 早稲田大学 光延 誠 1年 14:00.61 0回 0回 0回
19位 早稲田大学 藤原 滋記 1年 14:08.36 0回 0回 0回
20位 早稲田大学 安井 雄一 1年 14:09.39 0回 0回 0回

 

4年生・・・箱根こそ故障で出場出来ませんでしたが、大迫卒業後、エースの座を次ぐのは山本ということになるでしょう。持ちタイムは3部門全てでチームトップを誇り、3大駅伝での実績もずば抜けています。怪我のないシーズンを送れれば、必ずや活躍してくれることでしょう。続くのは田口、ハーフ62分30秒はチーム2番手、学生ハーフでも2位に入っています。短い距離でもタイムを伸ばしてきましたし、3大駅伝フル出場で活躍して欲しいところ。二人に続くのは、急遽箱根の5区を任された高橋、ハーフ63分台に入った臼田といったところでしょうか。ただ、下級生の成長が著しく、新入生も有力選手が複数加入するだけに、駅伝メンバー争いは熾烈を極めると思います。最上級生の維持を見せてほしいものです。

 

 

3年生・・・やはり箱根2区区間賞の高田が中心となるでしょう。ただ、それ以外はそこまで目立った実績が無いだけに、トラックシーズンでも存在感を見せることが出来るか、3大駅伝で箱根2区のような活躍が出来るのか、真価の問われるシーズンとなりそうです。箱根に出場した柳、三浦、中村信が次ぐ選手となるかな。柳はようやく3大駅伝で結果を残し、三浦は6区で区間2位の素晴らしい走りを見せ、中村もアンカー勝負で敗れたものの10区10位で走っています。ただ、5000m13分台は1人もいませんし、1万mも柳が28分59秒でギリギリ28分台なだけ、三浦、中村は29分40秒オーバーとハーフに比べると1万以下の持ちタイムは物足りません。トラックでも他大と争えるようになっていって欲しいです。

 

 

2年生・・・3大駅伝フル出場を果たした武田、全日本、箱根を走り、学生ハーフでは3位に入った井戸、箱根4区2位と好走した平の3人が中心となることでしょう。武田は3大駅伝でいずれも区間5位以内と安定した走りを見せ、5000m13分台、1万m29分1桁と実績、持ちタイムともに優秀です。怪我が長引いたというのが心配ではありますが、今年度はチームを引っ張っていって欲しい選手ですね。井戸は一般入試でありながら、どんどん成長を遂げていってますね。高校時代もロードで強さは見せていましたが、まさかここまで伸びてくるとは・・・ただ、箱根8区は9位とやや悔しい走りとなっただけに、その悔しさをバネにさらなる成長を期待したいところ。平は高3の終盤~大1の序盤は精細を欠いていましたが、1万m29分11秒、ハーフも63分12秒まで伸ばしてきましたし、安定感も出てきました。武田、平とともに切磋琢磨していって欲しいです。また、個人的に注目しているのは一般の佐藤、上尾ハーフで故障をしてしまいましたが、学生ハーフでは64分13秒で走っており、5000m,1万mともに大幅にタイムを伸ばしているのが魅力的です。他3人とはまだ実力差があるとは思いますが、やはり成長著しい選手だけに今シーズンどこまで伸びるか楽しみです。

 

 

3大駅伝全て4位というのは当然不本意な成績でしょうし、今シーズンは選手層が厚くなってきたこともあり、3冠を達成して以来の3大駅伝制覇を狙って行きたいところでしょう。やはり、鍵になるのは主要区間かなあと思います。出雲でいえば、1,3,6区、全日本で言えば1,2,4,8区といった区間でどれだけ優勝候補と言われる他大のエース級と勝負出来るか・・・主力のさらなる成長が大事になってきますね。今の選手層とハーフの持ちタイムを見ると、箱根優勝が実は一番現実的なのかもしれません。2区、5区、6区とエース区間・山区間に高田、山本、三浦といずれも区間3位以内で走った経験のある選手がいるのは大きいですよね。3大駅伝ではなかなか優勝争いにも絡めていないだけに、まずは優勝争いに絡むようなレースを見せてほしいと思います。

 

 


PAGE TOP