2013年度福岡クロカン結果雑感

2014年3月8日

先日、福岡クロカンが行われましたので、その結果について簡単に振り返ってみたいと思います。結果はこちらに記載されています。まずは、ジュニアから振り返ってみたいと思います。

 

日本人トップとなったのは、1年生の羽生、都大路3区の走りを見ても、この福岡クロカンでの強さを見ても、1年生だけではなく今高校生で最も強いランナーと言ってもいいかもしれませんね。来年以降も順当に伸びていってほしい選手です。各大学の新入生で見ると、川端、春日の二人がともに入賞した東海が良さそうですねえ。スカウトはこれで3年連続成功ということに・・・二人共主要大会ではずっと結果を残していますし、強い先輩たちに割っていってほしいと思います。また、順大に進む花澤が日本人2位とさすがの走りを見せ、即戦力となることはほぼ間違い無さそうです。更に、3年生はずっと苦しんでいた城西が全体でも25位に入ったのは収穫では?持ちタイム14分10秒台の城西が戦力になってくれるようですと、順大としても大きいですね。

 

安定した強さを見せたのは早稲田の新入生トリオ、安井、藤原、光延がそれぞれ全体で10位、13位、24位という結果となり、今シーズンの活躍を見ても3人ともに即戦力となりうる力を持っていると思います。ただ、早稲田は来シーズンも駅伝経験者が多く残りますし、まだまだ安定感という面では不安もありますので、強い選手になっていってくれればと思います。山梨学院大の新入生は上田が11位、河村が22位とちょっと物足りなかったかなあ。西山に至っては163位と大撃沈してますしね。。。最強ルーキーたち、順調に成長してほしいところです。

 

東洋は高森が18位はまずまずですが、ずっと結果を出していた堀が21位はちょっと悪かったかな?しっかりと即戦力として育てて欲しいですね。また、専修大学の風岡が12位と都道府県対抗につづいての好走で、他のルーキーの持ちタイムが良くないだけに、ますますかかる期待は大きくなりそうですね。駒澤のルーキーは西崎が36位、藤木が38位と微妙な結果に。。。藤木は後一歩という結果が続いていて、即戦力とはいかなそうですね。じっくりと力をつけて行って欲しいです。やはり、比較的安定している選手は何人もいるものの、最後までずば抜けた選手というのはいなかったですね。この戦力関係が大学に入ってどう変わっていくのか楽しみです♪

 

続いては大学生・社会人について・・・主に大学生について見ていきます。日本人トップはダントツで大塚製薬の松岡が凄かったですね。あそこまで外国人選手についていくとは・・・タイムも29分20秒と非常に優秀です。大学生で活躍したのはまずは青学勢でしょう。一色が日本人2位、神野が日本人3位とともに成長が止まらないという感じですね。特に神野は昨年度は3大駅伝に全く出場出来ていないのですが、今シーズンの成長は目を見張るものがあり、完全にエースと呼んでいい結果を出しています。一色も今シーズンのルーキーで最も活躍した選手と言っていいでしょう。並み居る先輩たちを抑えての日本人2位と力のあるところを見せてくれました。他にも藤川が日本人10位に入るなど大学別団体戦で優勝を果たしております。秋山も30分台で復調してきました。ただ、来シーズンも活躍が期待される高橋、山村、川崎、小椋といった中堅どころはちょっと微妙な結果だったかなあ?

 

青学についで結果を残したのは駒澤、出場したのは中谷、馬場の二人だけですが、中谷が学生3位、馬場が4位と青学の一色、神野に次ぐ結果を残しました。ともに箱根4区、5区で好走した二人ですが、着実に力をつけているようですね。来年度も3大駅伝で活躍してくれそうです。全体で20位台と学生でも上位に入ったのは、大東大の市田兄弟、東洋の田口、神奈川の柿原、東農大の浅岡といった各大学のエース級がそろって入りました。どんな大会でもきっちりと結果を出してくるのはさすがですね。

 

他には、城西大のルーキー高橋が久しぶりのレースで復帰、全体35位とまずまずで走ってくれました。城西の復活には高橋の力が必要だと思いますし、2年生以降に期待したいです。他には、設楽悠太が45位、東農大の主力である竹内、戸田が44位、47位、明治の八木沢が63位と苦しい走りに・・・特に東農大はココらへんの選手には頑張ってもらわないと困りますよねえ。また、帝京大も早川、柳原、熊崎と来年を引っ張る3年生3人が51位、65位、70位とそろって撃沈してしまいました。層が厚くなるに連れ、帝京の選手の安定感が無くなってしまっている気がするのが気がかりです。。。

 


PAGE TOP