2013年全日本大学駅伝結果考察 ~3位:明治大学~

2014年3月8日

続いては、出雲の7位惨敗から、全日本3位としっかりと立て直してきた明治大学について・・・大会結果はこのようになっております。オーダーを見た時点では、4区有村、8区大六野が鍵になるかなあと思っていました。有村は故障明け、大六野は出雲3区で12位と大ブレーキ、この二人が主要区間に起用されたことで、どこまで調子が上がっているのか、それによって順位も大きく変動しそうかなという感じでした。出雲悪くても全日本は立て直してくるのが明治なので、シードは取るかなあと思っていましたが、3位は想像される順位で一番良かったです。力のある選手が揃っていますからね。では、1区から振り返ってみたいと思います。

 

1区は文元、もう文元が卒業するまでは文元1区でいいのではないでしょうか?そう思わせるほど1区の文元は安定していますし、他の選手は1区で力を発揮出来ていません。中村、悠太、カリウキの創りだすハイペースに途中までついていったため、後半苦しいのかな?と思いましたが、一時はカリウキを抜いて3位に浮上するなど最後まで崩れること無く、4位でタスキリレーを果たしました。トップと51秒差は本人も不満だったようですが、中村が相手ではしょうがない気もしますねえ。個人的には出雲の悪夢を振り払ういい走りだったと思います。

 

2区は八木沢、出雲2区区間賞、5000m13分28秒の持ちタイムから否が応でも期待が高まってしまいますが、まさかの区間11位、トップと1分39秒差は痛かったですね。文元の作ったいい流れをここでぶった切ってしまった感じです。初の主要区間ということで期待していたんですけどねえ。。。箱根はまた4区とかになりそうかなあ?

 

3区は横手、出雲を5区3位で走っており、この最短区間に横手を持ってこれる層の厚さが明治の強さかなと思っていましたが、区間6位とこれまた微妙な走りに。。。トップと56秒差はちょっとつけられすぎですよね。いくら相手が4年連続区間賞の油布といっても。。。箱根5区候補の1人という話も出ていますが、ちょっと不安の残る結果となりました。

 

4区は故障明けの有村、いきなり主要区間でどうなることかと思いましたが、有村の力を考えれば微妙でしょうが、故障明けを考えればまずまずといったところでしょうか。ただ、一時は離した早稲田の山本に再度追いつかれ、山学の兼子にはいいペースメーカーにされて、その後は両者に置いて行かれたのがちょっと印象が悪いかなあ?ここで総合順位も8位になってしまいましたしねえ。シード権に黄色信号が灯る走りとなってしまいました。

 

5区は松井、昨年も6区4位と好走しているだけあり、5区2位と悪い流れを立て直してきました。総合順位も8位→5位とシード圏内にここで戻せたのは大きかったですね。箱根では9区18位と非常に悔しい思いをしているだけに、箱根でもその仮を返して欲しいですね。安定して走れる選手だと思います。

 

6区は廣瀬、出雲1区では12位・・・出雲1区負の連鎖から抜け出すことは出来ませんでしたが、全日本は区間4位とまずまずの走りでした。箱根6区以外ではなかなか結果を出せていませんでしたが、箱根に向けていい流れが出来たかな?箱根はもちろん6区が濃厚でしょうし、区間賞候補、区間新候補でもある選手です。6区が計算できるのが明治の強みの一つだと思うので、期待したいですね!

 

7区は木村、昨年は出雲・全日本とルーキーながらまずまずの走りをしたにも関わらず、箱根は出場できずに悔しい思いをしたでしょう。今年も出雲は外れてしまいましたが、全日本で7区区間賞、2位に29秒差をつける素晴らしい走りでした。これで一気にしーど安泰というところまで持ってきましたし、結果として3位という好成績につながりました。元々、7区を走るようなレベルの選手ではないですよねー。明治の選手層が厚いだけで・・・箱根では主要区間での登場もあり得ますし、繫ぎ区間であれば再度区間賞も期待したいですね。

 

8区は大六野、全日本の惨敗から心配されましたが、見事に区間4位、東洋の啓太を上回る素晴らしい走りでした。58分35秒というタイムも評価出来ると思います。前年度はエース区間でいずれも凡走と呼んで良いレベルでなかなかエースになりきれていない印象ですが、今日の走りはまさにエースそのものでした。箱根では2年連続で2区の可能性が高いかと思いますが、チームのエースとしての走りを見たいですね。

 

3位というのは個人的にあり得るかなと思った順位の中で最もいい順位でした。4区終了時ではシード落ちもあり得るのでは?と心配になりましたが、後半区間で見事に立てなおしてくれましたね。1区文元も見事でした。箱根に向けていい流れが出来たと思います。4年生で走ったのはわずかに廣瀬一人のみ、来年は駒澤とともに優勝候補にあげられるでしょうか?最後にして最大のチャンスとなることは間違いありません。今の3年生が4年になった時こそ・・・というのは明治ファン共通の思いでしょうからね。全日本を走らなかった3年生以下にも、13分台を持つ山田速、牟田、13分台、28分台を持つ前野などがいるわけですからね。そろそろ初の栄冠を勝ち取って欲しいですね。次の箱根も3強に次ぐ戦力だと思いますし、まずは4位、そこから一つでも上を目指して欲しいです。

 


PAGE TOP