2013年全日本駅伝エントリー発表&雑感

2014年3月8日

全日本大学駅伝のエントリーが発表されましたね。公式はこちらになります。私もエントリー13人の選手一覧、エントリー上位8人の平均持ちタイムを登録しましたので、よろしければ確認してみてください。また、出雲に続いて全日本大学駅伝でも区間配置予想総合順位予想の投票も受け付けました。是非とも、投票していただければと思います。お名前に自分の名前を入れて「投票一覧表示」ボタンを押下していただくと、自分が投票した履歴だけを確認することも出来ます。それでは、各大学ごとにエントリーを簡単に振り返ってみたいと思います。

 

昨年度王者の駒沢大学:15年ぶりに制覇した出雲にエントリーされた10人+湯地、小山、馬場の13人という盤石の布陣です。2年生の小山、馬場が入ったことで、学年ごとの人数も4年生から3-4-3-3とバランスよくなりました。苦手とし、15年ぶりにようやく優勝した出雲と違い、全日本は15年の間に10度の優勝を誇るなど圧倒的に得意としている駒澤、今年も優勝候補の筆頭に上げられそうです。2冠&全日本3連覇達成なるか、注目です!!

 

昨年度2位の東洋大学:昨年度の出雲から4大会連続で2位が続いている東洋大学、エントリーは出雲に続いて昨年度5区3位の高久、7区区間賞の佐久間がエントリー漏れ、出雲エントリー10人からは1年の口町が漏れてしまいました。昨年度から卒業したのは6区2位の市川だけということで、今年は盤石かと思っていたのですが、5~7区が揃ってエントリーにさえ入らなかったのは誤算だったのでは?悲願の初優勝を狙う東洋、駒澤との一騎打ちが予想されますが、ちょっと気になるエントリーとなりました。

 

昨年度3位の早稲田大学:出雲では大迫の快走で4位もなかなか優勝争いが出来ていない早稲田、エントリーは出雲に続いて志方、田口が漏れてしまいました。その結果、学年ごとの人数も上から2-2-5-4と下級生中心の布陣となりました。さすがにこのエントリーは苦しいですね。駅伝経験者も7人しかいませんし・・・良くて4位、悪ければシード落ちもあり得るのかな?と思ってしまいます。

 

昨年度4位の日本体育大学:出雲では本田抜きで3位でしたが、全日本も本田がエントリー漏れしてしまいました。。。これは痛いです!!1,2,4,8と主要区間が4つある全日本では、4本柱のいるチームが有利であり、日体大もその1チームと思ったのですが・・・ベストメンバーなら優勝争いもするかと思いますが、本田抜きですと、駒澤・東洋には及ばずの3位がいいところかなあ・・・

 

昨年度5位の明治大学:出雲エントリー漏れしていた有村が戻ってきて、13分台11人全員がエントリーされています。目立ったエントリー漏れはないですね。しかし、出雲は御存知の通り1区から出遅れるといういつものパターンで7位・・・全日本はまずはシードをしっかりと確保しつつ、さらに上位を目指したいですね。やはり目標は3位になりそうかなあ?

 

昨年度6位の日本大学:箱根予選会にエントリーしているメンバーから河根が外れただけかな?エントリー自体は問題無さそうです。後は、箱根予選会の疲れがどのくらいあるかですね。。。アンカーには恐らくキトニーが来るでしょうから、2,3分の差ならばシード権も狙えると思いますが、日本人も強さをみたいですね。1,2年生が合わせて3人はやはり寂しいです。。。

 

予選1位の山梨学院大学:箱根予選会にエントリー漏れしていた選手のうち、阿部、上村が復帰しましたね。エースオムワンバ、日本人エース井上は強力ですし、オムワンバが8区に回るのであれば、日大同様にアンカーでの大逆転シード獲得もありそうです。またしても4年生が森井1人なのが寂しいですが、予選会からの大学で最もシードを獲得する可能性が高いのが、この山梨学院だと思います。箱根予選会の疲れが心配ですが、シードとなるでしょうか?

 

予選会2位の法政大学:箱根5区2位、エースの関口、箱根4区3位の黒山がエントリーされてきましたね。出雲は両者ともにエントリー漏れでしたが、もう万全なのかな?ベストメンバーを組めば、シードも狙えると思いますが果たして・・・?関口、西池、田井、田子と4人主力が揃っているのは大きいです!

 

予選会3位の青山学院大学:なんと、出雲を走った藤川拓、竹内、鈴木が揃ってエントリー漏れというびっくりするようなメンバーを組んできました。5000m13分台を持つ川崎、1万m29分2秒の遠藤なども漏れており、ちょっとベストメンバーとは言い難いのかな?原監督も試したい選手がいるという話をしていましたし、箱根に向けてという意味合いもあるのでしょうか?ベストメンバーであればシードを狙えるかなと思っていましたが、ちょっと厳しそうです。1,2年が9人もエントリーされており、怪我で出遅れていたものの、高校時代実績のあるルーキーの内田・茂木に個人的には注目しています。

 

予選会4位の中央学院大学:うーん、山田がエントリーから外れてしまいましたが、主力どころはしっかりとエントリーされています。出雲では4区まで健闘しましたが、全日本も主力を前半に固めてくるかな?いい勝負にはなりそうですが、シードまでと考えると少し厳しそうですねえ。1年生がどんどん新しい選手がエントリーされるのがびっくりです。すでにデータベースには8人の1年生が登録されており、東海の7人を上回る全大学中最多です。ちなみに、大谷未来は青学で活躍した大谷の弟だそうですね。

 

予選会5位の帝京大学:出雲エントリー漏れの蛯名がエントリーされましたね。出雲は関東以外にも敗れる12位という散々な成績でしたから、蛯名の復帰は大きいですね。田中、猪狩は引き続きエントリーされませんでしたが・・・先日の国士舘記録会など、1ヶ月以内に5000mのベストを更新した選手がなんと13人中9人もいます。箱根に向けて、全日本でどこまで修正してこれるかに注目です。

 

予選会6位の大東大、箱根予選会にエントリーされていた大崎がメンバーから漏れてしまいました。チーム4番手の選手だと思っていますので、何かアクシデントがあったのでしょうか・・・しつこいですが、4本柱が重要な全日本で4番手の離脱は痛いですね。ちょっと4年生に元気がない感じかな?とはいえ、市田兄弟の全日本デビューが楽しみです!

 

予選会7位の順大、的野が出雲に続いてエントリー漏れしてしまいました。本当に怪我が多い選手ですね。。。残念です。その他の選手は順当にエントリーされているかな。昨年度からの戦力ダウンが大きく、経験の浅い順大なだけに、出雲、全日本とどんどん新戦力を試して経験を積ませたいところかな?シードは元々厳しそうではありますが、箱根に繋げたいところです。

 

エントリーを見ても、過去2大会で1,2位を独占している駒澤、東洋の一騎討との可能性がやはり高そうです。シード権を前回のシード校4校+山梨学院、法政、青学あたりで争うことになりそうかな?今年も熱い戦いが期待されますね!

 


PAGE TOP