2013年出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~早稲田大学~

2014年3月8日

早稲田大学も出雲のエントリーが発表されましたので、戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。自己ベストで比較しますと、1万mでは持ちタイム3位の志方、6位の田口が抜けていますね。また、5000mでも田口が5位、志方が7位にランクインしております。志方は最近レースでも好走しているところを見れていなかったですし、合宿もAチームではこなせなかったという話でしたのでエントリー漏れしてしまうのもしょうがないかなと思いましたが、Aチームで練習をこなし、今年5000m、1万mともにベストを更新している田口が外れてしまったのは想定外ですねえ。故障が濃厚だと思います。。。ただでさえ、層の薄い早稲田にとって、この二人の離脱は痛いですねえ。。。

 

とはいえ、エントリーされているメンバーで戦うしか無いのも事実。いない選手を悔やんでもしょうがありません。1万mの学生記録保持者であり、世界陸上にも出場した大迫、1年時から箱根5区で活躍し、大迫に次ぐ実力者の山本、陸上歴は浅いながらも、今年に入って28分台ランナーになるなど成長を続ける柳、高校では都道府県対抗で5区区間賞、大学に入ってからも最も活躍しているルーキーの一人である武田、昨年度は箱根こそエントリーされなかったものの、出雲、全日本をルーキーながら走っている高田、昨年度は箱根9区を任され、最終学年としてチームを引っ張っている田中、高校時にはインターハイで日本人トップ、高校秋以降はやや苦しんでいる印象のある平、まだ3大駅伝出場は無いものの、最近はハーフなどで堅実に結果を残している臼田(稔)、持ちタイムをどんどん更新して勢いのある中村、一般入試ながら、監督・選手からの評価が高く、一気に出雲エントリーまで果たした佐藤の10人になります。

 

エントリーを見ますと、中村、佐藤が入っているのがちょっと意外だったかなあ?特に佐藤は本当に期待されているんですねー!!今年の1年で即戦力となりそうなのは、武田、平だけかと思いましたが、まだまだ楽しみな1年がいるようで、今後に期待が持てそうです。そんな早稲田の区間配置予想は以下の通りです。

 

柳-武田-山本-高田-平-大迫

 

ちなみに、出雲の過去10年間の区間別平均順位は以下の通りです。

 

1区 2区 3区 4区 5区 6区
8.3 6.7 2.8 4.2 7.2 5.7

 

1区が極端に悪いのは、大ブレーキがあった影響で、実際には矢澤や大迫が区間上位で走ったりと、まずまず無難にこなしている印象があります。そして、3区の2.8位はすごいですね。常に3番以内に入っているようなイメージです。竹澤、山本などがしっかりと走っている区間でもありますからねえ。。。

 

1区は去年大迫で出遅れ、難しいところですが、まだ駅伝では好走していない柳をあえて持ってきてみました。全カレ1万mで自己ベストかつ28分台を出した勢い&成長に期待したいと思います。全日本1区、箱根8区でともに区間2ケタと苦しい走りとなりましたが、経験も積みましたし、今年は安定感も出てきているように思えるので、上位でつないで欲しいところ。

 

2区はルーキーを使うことが多い早稲田なので、武田にしてみました。いきなり主要区間を任せてもいい選手かなとも思いますが、大迫も出雲デビューは2区でしたし、最短区間とはいえ、1区の流れを引き継ぐ大事な区間ですからね。力のあるルーキーを置いておけば安心だと思います。

 

3区は大迫か山本か迷いましたが、過去に2度走って区間2位、3位と好走している山本に3年連続で託すことにしました。今年はやや不調が続いていたようですが、全カレの5000m、1万mのダブル入賞を見る限り、完全復活と言ってよさそうです。力のある卒業生がいなくなって、今年はどうしても山本にかかる負担も大きくなると思いますが、主要区間をきっちりと任せたい選手ですね。

 

4区は高田、夏合宿も本人はしっかりとこなせたといっていますし、元々ルーキーからレギュラーとなっている選手ですしね。強力なルーキーが入ってきましたが、先輩としての強さを見せてほしいです。無難には走ってくれる印象ですが、爆走したなあというのも無い気がするので・・・そんな走りにも期待したいところです。

 

5区は平、3年前のルーキーである大迫2区、志方5区に合わせて5区にもルーキーを配置してみました。どうしても3年インターハイの印象が強すぎて、それ以降の成績はやや物足りなく感じてしまいますが、初の1万mでも29分30秒前後を出すなど、ポテンシャルの高さは見せていますし、最近は同学年の武田の後塵を拝して悔しい思いもしているでしょうから、武田と切磋琢磨してさらにレベルアップしていって欲しいです。

 

6区は大迫、3大駅伝では主要区間では使わないなんて監督の談話もありますが、やはりエースは6区を走ってほしいですし、6区を走るのが最もチームに貢献できると思います。最終区に大学を代表するエースが控えているというのは、同じチームであれば安心感につながりますし、他大からすれば6区までに差をつけなくてはいけないというプレッシャーにもつながりますからね。最後の出雲、去年のリベンジを果たすような素晴らしい走りを期待したいです。

 

こうして見てみると、上位にはきそうですが優勝争いは難しそうな印象かなあ?まあ、出雲は本当に何が起きるか分からないですし、3冠以降勝てていない早稲田ですので、そろそろ優勝返り咲きを狙いたいところですねー。


PAGE TOP