2013年トラックシーズン終わってのルーキー雑感~ その2

2014年3月8日

引き続き、ルーキーの活躍を軽く振り返ってみたいと思います。新入生持ちタイムはこのようになっております。

 

専修大学:やはり、即戦力となる選手は今のところ見当たらないですねえ。。。5000mの持ちタイムでチームトップ10に入る選手はいるものの、1万mの持ちタイムがいい選手が専修は多いですしね。元々、育成中心のチームではありますが、1人でも箱根予選、箱根と出てくる選手が登場することに期待したいです。

 

拓殖大学:これまた、全くもって即戦力となりそうな選手は見当たりません。。。5000mでチームトップ10に入る選手さえいないですからね・・・うーん、スカウトは苦戦が続いております。やはり、育成で何とかするしかないですねー。専修同様、1年目は1人出てきてくれればいいかなあ?

 

大東文化大学:持ちタイムはそれほどでもなかったですが、高校時代、駅伝でまずまずの走りをしていた北村が、1万mでも29分台を出し、全日本予選で1組で18位とまずまずの結果を残しました。5000mは14分36秒なのですが、いきなり戦力になってくるのは見事ですねー。持ちタイムに関わらず、高校時代、主要大会や駅伝で結果を残している選手というのはやはり大学でも期待度は高いですよねー。

 

中央大学:まずは町澤、関東インカレの5000mにいきなり出場し、自己ベストと力のあるところを見せました。勝負のレースで自己ベストを出せるのは強くないと出来ないですね。それだけに、全日本予選を走れなかったのは残念です。逆にびっくりだったのが3組を走った市田、初の1万mで29分台を出し、18位と結果を残しました。チーム状況はなかなか上向きませんが、ルーキーは楽しみな結果を残しています。

 

中央学院大学:5000mの持ちタイムで4人がいきなりトップ10に入ってきた中央学院大学、最も結果を残したのは持ちタイムトップの村上ですねー。1万mで29分36秒までタイムを伸ばし、全日本予選では2組19位という結果でした。3大駅伝も早速出てきそうですねえ♪次に結果を残したのは雲類鷲、高校時代の持ちタイムから20秒以上更新し、1万mも29分台直前まできました。他のルーキーも1万mを30分30秒前後で走っていますし、今年のルーキーも活躍しそうですねえ。

 

帝京大学:育成では結果を残しているのに、何故かスカウトが良くならない帝京大学・・・今年も持ちタイムトップ10に入る選手がいませんでしたが、今の帝京の層の厚さを考えるとしょうがないかなあ。即戦力が求められるチーム状況ではないだけに、来年以降出てきてくれればいいかなあ?といいつつ、なんだかんだで秋には戦力になりそうな選手が出てくるのが帝京ですが、今年はどうでしょうか?

 

東海大学:最もルーキーが活躍している大学の一つが東海でしょう。まずは廣田が5000mで自己ベストを2度更新し、全日本予選でも2組で2位と素晴らしい結果を残しました。この強さは本物でしょう。ルーキーから主力となってくれそうです。廣田に負けない活躍をしているのが石橋、持ちタイムも14分7秒まで伸ばし、3000m障害では関東インカレで入賞、全日本予選では3組を任され13位という結果を出しました。この二人が1年生を引っ張っていってくれそうです。他にも、ハーフで64分10秒という高校記録を持ち、全日本予選で2組を13位で走った土屋、1組28位だった桐原、1組32位だった荒井と全日本8人中5人が1年ですからねえ。上級生が頼りないとも言えますが、1年生にかかる期待は全大学中No.1でしょうねえ。。。

 


PAGE TOP